FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

【学コン東京大会】ホール審査か映像審査かは決定保留 『ともかく動画提出してね」ってこと?

2020/06/30(火) 11:11:30

なにやら面倒な事になってきた。

学コン東京大会の今のところの結論は、「ホール審査か映像審査か、直前まで決められないから、とにかく映像審査用の動画を提出してね」ということらしい。

6月29日、学コン公式サイトに、東京大会に関する告知が出た。

内容をまとめてみる。

・参加申込受付終了後の7月下旬に、ホール審査か映像審査かを決定し、参加者に通知する。

・ホール審査と決定した場合も、急遽映像審査に切り替える場合がある。

・なので、映像審査用の動画を審査日の7日前までに提出しなさい。

・動画の提出方法は決まり次第アップする。

・本選とチェロ部門地区大会はホール審査を前提とするが、急遽映像審査に切り替える場合がある。

・なので、こちらも動画を提出しなさい。

ホール審査をあきらめ切れない中、東京都の新規感染者数が再び増加傾向にあることが大きく影響して、ホールか、映像か、ぎりぎりまで決定を先延ばしする方針を取ろうとしているようだ。

それならそれで、動画提出方法の詳細くらい同時にきちんと示すべきだが、それもまだ詰め切れていないようだ。

感染状況に左右され、迷走している様子がうかがえる。

この感じだと、映像審査になっても参加料の減額はありそうもない。(そんなことは考えてもいない)

参加者は、動画撮影の労力を払った上に、ホールのステージで演奏できないのに、ホール審査と同じ参加料を負担させられることになる。

感染状況がどうあれ、決定は前もって主催者が下さなければならない。

そして決定が直前になればなるほど、リスクは低減できそうにも見えるが、状況は不透明であり、その確証はない。

学コン東京大会予選の主たるリスクとして、23日間で7連続を含む18セッションをひとつのホールで開催する日程の「密」がある。

ホール審査を実施するなら、無観客開催と共に、学校の夏休み短縮も考慮しつつ、この密な日程の分散を早めに検討しておくべきだった。

現状を鑑みれば、もはやホール審査へのこだわりは捨て、映像審査を早急に決定し、その方法の洗練にこそ時間を費やすべき時ではないだろうか。

▶︎ 学コン公式サイト

▶︎ 6月30日付「毎日新聞社告」


【書籍】音楽を作る、絵を描く、ストーリーを作る 自分の得意を伸ばしながら、プログラミング的思考力が身につく本



▶︎ 小学校6年生までに必要なプログラミング的思考力が1冊でしっかり身につく本

【書籍】「3日間でクラス全員が原稿用紙を埋められるようになる」と話題の作文授業、初の書籍化



▶︎ 小学校6年生までに必要な作文力が1冊でしっかり身につく本





第74回(2020)学生音コン

「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」-受賞結果

2020/06/28(日) 20:34:37

6月28日、Hakuju Hall で「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」の本選が行われ、受賞者が決まった。


【カテゴリー1】
(小学1、2年生部門)

第1位
出口 結唯 さん

第2位
伊藤 勇星 さん

第3位
加附 愛梨 さん

入賞
吉村 愛里 さん

入賞
三井 愛子 さん

入賞
深見 亮太 さん


【カテゴリー2】
(小学3、4年生部門)

第1位
徳野 有理 さん

第2位
廣川 心海 さん

第3位
秦 彩乃 さん

入賞
伊藤 華帆 さん

入賞
池上 綾音 さん

入賞
江尻 ゆい さん

入賞
松尾 唯加 さん


▶︎ 公式サイト




2020年国内コンクール

遠藤周作の母は、東京音楽学校ヴァイオリン科卒

2020/06/27(土) 21:19:40

「私の記憶している母は非常な勉強家で、一日に四、‪五時‬間は絶えずヴァイオリンの練習をし、冬の寒い時などヴァイオリンの糸で指が破れ、ビッピッと血がとび散ったのを見たことがある。」(遠藤周作著『私は私、これでよし』)

▶︎ ヴァイオリニア




気になる話題・ニュースより

「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」-本選進出13名

2020/06/27(土) 20:08:33

6月27日、白寿生科学研究所 本社ビル1階ロビーで「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」の予選が行われ、 カテゴリー1(小学1、2年生部)は6名、カテゴリー2(小学3、4年生部門 )は7名が、28日の本選への進出を決めた。

▶︎ 公式サイト




2020年国内コンクール

「学生音コン」「日本音コン」が「映像審査」への変更を示唆

2020/06/27(土) 13:27:00

動向が注目されていた2つのコンクールが、長い沈黙の後、ようやく口を開いた。

6月26日、毎日新聞朝刊に、「第74回全日本学生音楽コンクール」(学コン)と「第89回日本音楽コンクール」(日コン)に関する社告が掲載された。

内容は、両コンクールとも、7月7日から予定通り申込受付は開始するが、新型コロナウイルスの今後の感染拡大状況によっては、映像審査に切り替える可能性があり、また、日コン本選会のオーケストラ共演はピアノ伴奏に変更する可能性があるというものだ。

この社告に加えて、学コンの公式サイトは、「詳細は応募受け付け開始までに、地区大会ごとに毎日新聞紙面および当ホームページで告知します」としているが、映像審査への切り替えがそれまでに決定され、その詳細が告知されるかどうかは不明だ。

一方、日コンの公式サイトは、「映像審査に切り替える場合は、7月21日の受け付け終了前後に当ホームページで告知し、参加者の皆様に直接ご連絡します」としている。

課題曲発表以降、参加者の疑問と不安をよそに、何のアナウンスもないまま、2ヶ月間半が過ぎた。

そして、申込受付開始10日前になって、ようやく示された開催方針が、映像審査とオケ共演のピアノ伴奏への「変更の可能性」である。

ウイズ・コロナの日常におけるコンクール開催のあり方が問われる中、日本を代表する両コンクールの対応は、残念ながら、いまだに後手後手に回っていると言わざるを得ない。

緊急事態宣言が解除され、県境をまたぐ移動自粛も解除され、従来通りの実演審査で行けると思っていたら、東京都の新規感染者数がにわかに増加し、第2波の到来が懸念される状況になる中 、やはり映像審査の選択肢も考慮しなければならなくなった。

あるいは、映像審査の方針は決定しているが、実施詳細を決めきれていない。

いずれかの要因が想像できる。

映像審査になった場合、参加料の減額があるのかどうかも気にかかるところだ。

未曾有の事態が進行する中で、難しい決定を迫られている事情はよく理解できる。

しかし、従来方式の踏襲と対応の先送りでは、もはや問題を解決できないことは明白だ。

かねてより何度も繰り返してきたことだが、改めて今こそ、参加者本位の細やかな対応を心から切に望みたいと思う。

▶︎ 6月26日付「毎日新聞社告」

【関連記事】

「ミスなく弾けたのになぜ予選通過できなかったのか?」
学生音コンに常につきまとう審査の問題。そのリアルに迫る記事を集めた。

▶︎ 【特集】学生音コン 審査のリアル(ヴァイオリニア)




第74回(2020)学生音コン

「第12回(2019)国際ジュニア音楽コンクール」-入賞者の演奏動画集

2020/06/25(木) 20:00:25

2019年8月20日・21日に行われた「第12回(2019)国際ジュニア音楽コンクール」(ビバおけ後援)の入賞者による演奏動画集。

ザイツ、ベリオ、バッハ、ヘンデル、リーディング…
▶︎ A部門(未就学児)

バルトーク、バッハ、クライスラー、メンデルスゾーン、ヴュータン…
▶︎ B部門(小1・2)

クライスラー、ヴィエニャフスキ、カバレフスキー、ダンクラ、ブルッフ…
▶︎ C部門(小3・4)

バッハ、モーツァルト、ブルッフ、ヴュータン…
▶︎ D部門(小5・6)

バッハ、パガニーニ、サン=サーンス、ヴィエニャフスキ、メンデルスゾーン…
▶︎ E部門(中学生)

パガニーニ、サン=サーンス、ブルッフ…
▶︎ F部門(高校生)


「第13回国際ジュニア音楽コンクール」-【会場審査】と【動画審査】を実施




2019年国内コンクール

「第13回国際ジュニア音楽コンクール」-【会場審査】と【動画審査】を実施

2020/06/22(月) 17:46:25

新型コロナウイルスの新規感染者数は収束しつつあるようで、いまだ一進一退を繰り返す感もあり、やや不安な状況が続いている。

そのような中、6月19日には県境をまたぐ移動自粛や一部業種で継続してきた休業要請が解除され、ホールでのコンサート等も徐々に再開されつつある。

コンクールも中止や延期ではなく、開催の方向で検討する新たな段階に入ったと言える中、「第13回国際ジュニア音楽コンクール」が、コロナの時代の新たなコンクール様式の実践に乗り出した。

予選と本選の審査を「会場」と「動画」の両建てで行う、いわばハイブリッド型の新たな実施形態を導入した。

ヴァイオリン部門の【会場審査の部】の予選は、演奏動画または録音で審査し、本選は‪8月18日‬・19日に五反田文化センター 音楽ホールで実演審査を行う。

一方、【動画審査の部】の予選は、演奏動画または録音で審査し、本選は演奏動画で審査する。

【会場審査の部】の予選の申込締切は‪7月1日‬。※動画または録音の提出は事務局に連絡すれば7月15日まで延長が可能。

【動画審査の部】の予選の申込締切は‪8月20日‬。

参加資格は従来通り、未就学児から高校生までで、課題曲は自由。※予選・本選同一曲でも可

参加費(予選+本選)は【会場審査の部】が2万2千円、【動画審査の部】が1万6千円となっている。

▶︎ 公式サイト







2019年国内コンクール

「2020ジョルジュ・エネスコ国際コンクール」ヴァイオリン部門-出場予定80名、日本は最多の13名

2020/06/18(木) 22:48:01

3ヶ月後、出入国や海外渡航の制限措置はどうなっているだろうか。

ほとんどの国際コンが中止や延期を発表する中、収束への希望を保持して、本年9月開催のこのコンクールが動き出した。

9月8日〜17日に、ルーマニア・ブカレストで開催される「2018 ジョルジュ・エネスコ国際コンクール」ヴァイオリン部門の出場予定80名が発表された。

80名の国別内訳は、日本が最多の13名、韓国11名、アメリカ10名、ルーマニア9名、等。

今回、同コンクールは4つの部門(ヴァイオリン・ピアノ・チェロ・作曲)に世界42ヶ国から292名が応募。

チェロ部門は本審査進出上限の85名を20名上回る105名が応募したために事前審査が行われたが、ヴァイオリン部門(応募80名)、ピアノ部門(応募86名)、作曲部門(応募21名)では事前審査なしで本審査への出場者が決まった。

▶︎ 公式サイト

▶︎ 「新型コロナウイルス感染のルーマニアにおける現状等について(2020/6/17)」(在ルーマニア日本国大使館公式サイト)




2020年国際コンクール

「第16回アラム・ハチャトゥリアン国際コンクール」ヴァイオリン部門-受賞結果

2020/06/18(木) 15:18:32

6月6日〜15日、アルメニア・エレバンでフルオンライン審査で行われた「第16回アラム・ハチャトゥリアン国際コンクール」ヴァイオリン部門の受賞結果が発表された。


1st Prize $10,000
Diana Adamyan(Armenia)

2nd Prize $5,000
Michael Germer(Denmark)

3rd Prize $3,000
Lorenz Karls(Sweden)

3rd Prize $3,000
Belle Ting(Taiwan)


第1位のディアナ・アダムヤン(Diana Adamyan)さんは、「第9回(2015)若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門第2位、「2018メニューイン国際コンクール」シニア部門(17〜21歳)第1位。

2015年からエドゥアルド・タデヴォシアン氏、2018年からアナ・チュマチェンコ氏に師事している。

▶︎ 公式サイト

▶︎ 自宅でオーケストラと共演 オンライン国際コンクール開催(ヴァイオリニア)




2020年国際コンクール

【2022年春に延期】「第12回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」

2020/06/14(日) 01:54:15

6月12日、「第12回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」の延期が発表された。

本年11月22日〜12月3日にフィンランド・ヘルシンキで開催予定だったが、COVID-19の影響で世界的に移動や集会が制限される可能性があることから、2022年5月18日〜29日に延期される。

これに合わせて参加者の年齢制限は緩和される。

同コンクールは5年に1度の開催だが、この延期によっても従来のサイクルに変更はなく、次回の第13回は2025年11月〜12月に開催される。

▶︎ 公式サイト







2020年国際コンクール

「第39回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」-予選でオンライン動画審査を実施

2020/06/13(土) 17:52:46

6月10日、「第39回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」が作曲を除くすべての部門の予選で、会場審査に加えて、オンライン動画審査も実施すると発表した。

参加可能な本選会場を4つのグループに分け、それぞれ申込締切日を設定する。

提出できる動画は今回新規に録画したものに限られる。

伴奏は電子ピアノや事前に録音した音源でも可とし、録画場所については指定しない。

▶︎ 公式サイト

同コンクールは、6〜8月に全国各地の会場で予選を行う方針だったが、施設側の事情や要請によって、栃木予選(6/6)は中止、神奈川予選(7/20)と本選(8/4・5)は会場を変更、千葉予選(6/21)は催行人数に達しないこともあって中止とした。

感染状況はまだ完全には収束しておらず、全国各地で会場審査を予定通り実施できるかどうかはまだ不透明な状況であることから、オンライン動画審査予選を設ける必要に迫られたと見られる。







2020年国内コンクール

【Hakuju Hall】コロナの時代の「新しいコンサート様式」の試み

2020/06/08(月) 16:13:28

6月に入り、いくつかのホールで、コンサートの段階的な再開に向けた取り組みが始まっている。

Hakuju Hall が6月14日に開催するのは、その名も「コンサートの再開方法を教えてください!リサイタル」

定員は限定70名、ピアノ・チェロ・声楽のアンサンブルで90分(換気のため1回休憩)のプログラム。

客席配置(1席置き・最前列不可)や観客のマスク着用等の感染予防対策と共に、出演アーティストは5月15日から検温を行い、当日は出演者間で距離を保ち、飛沫を避ける方策を取る。

歌手は、ステージ中央より後方で歌唱を行い、最前列の席まで2メートル以上の距離を確保する。

これらの対策は医療関係者による監修のもと行われる。

また、入場者の個人情報はこのコンサートのコロナ対策のみに限定して収集され、厳重に管理される。

企画から実施までの期間を大幅に短縮した、With コロナ下のクラシックコンサートのあり方を模索する試みでもあるという。

▶︎ Hakuju Hall 公式サイト




気になる話題・ニュースより

「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」-予定通り6月27日・28日に開催へ

2020/06/07(日) 17:22:33

「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」が、5月29日に録音審査結果を参加者に告知し、6月27日の予選(日本ヴァイオリン アートサロン )に向けての当日のスケジュールと感染症防止のための取り組みとお願い等を送付、予定通りコンクールを開催する方針を明確にした。

Hakuju Hall は6月3日、同ホールでの公演の再開に向けて、感染防止対策で実績のある湘南鎌倉総合病院院⾧代行 医学博士 小林修三氏の監修による「Hakuju モデル」を作成し、公表している。

▶︎ Hakuju Hall 公式サイト






2020年国内コンクール

【東京藝大】令和2(2020)年度 入学者選抜試験の結果データ(飛び入学含む)

2020/06/04(木) 22:23:58

東京藝大入試情報サイトに、令和2(2020)年度の入学者選抜試験の受験者数・合格者数・入学者数などのデータが公表されている。※2020年4月1日現在

音楽学部器楽科は、定員98名に対して、志願者455名、受験者450名、合格者101名、入学者101名だった。

また、上記の数に含まれる音楽学部SSP(Special Soloist Program)「飛び入学」は、志願者3名、受験者3名、合格者1名、入学者1名だった。

「飛び入学」は、2016年に制度が始まって以降、2人目の入学者となる。

【飛び入学】

2020年度:
受験者3名、合格者1名

2019年度:
志願者なし

2018年度:
受験者2名、合格者なし

2017年度:
受験者2名、合格者1名

2016年度:
受験者4名、合格者なし

▶︎ 東京藝大入試情報サイト




▶︎ 著者は作曲家の川崎絵都夫氏(東京藝大作曲科卒)らで「藝大和声」をベースにしている
▶︎ 教科書やレッスンではわかりにくかった和声の「なぜ?」を先生と生徒の対話形式でやさしく解説

対話式! 「なぜ?」が分かるとおもしろい和声学〈基礎編〉/川崎絵都夫・石井栄治 共著(CK1)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報

「第16回アラム・ハチャトゥリアン国際コンクール」ヴァイオリン部門-事前審査通過19名(日本1名)

2020/06/02(火) 18:34:18

アルメニア・エレバンでオンライン開催される「第16回アラム・ハチャトゥリアン国際コンクール」ヴァイオリン部門の事前審査結果が発表され、19名(日本1名)が6月6日の第1ラウンドへの進出を決めた。

▶︎ 公式サイト

▶︎ 自宅でオーケストラと共演 オンライン国際コンクール開催(ヴァイオリニア)







2020年国際コンクール

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.