FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

「子どもの音楽の習い事、楽器別特徴とメリット・デメリット」という記事について

2020/02/25(火) 16:54:01

こんな記事がヤフーニュースに掲載された。

「子どもの音楽の習い事、楽器別特徴とメリット・デメリット」(2月25日付)

バイオリンのメリット・デメリットも書いてある。

専門をめざす人向けのブログがいちいち取り上げる無粋は承知の上で、「不都合な真実」も踏まえつつ、少々辛めに突っ込んでおこう。

「(分数楽器もあるので)バイオリンはお子さまの頃から楽しめる楽器のひとつです」
▶「いちおう楽しめる」ようになるまでには辛く苦しい思いを何度も経験しなければならない。バイオリンに限らず、習い事というものはすべからくそんなものだ。

「バイオリンが弾けるということはひとつの「特技」になります」
▶「弾けるようになるまで」が大変で、特別の資質がない限り、たくさんの努力を重ねないと、「特技」と認められるような域には到達できない。

「バイオリンは、正確な音程で音楽を思い通りに奏でられるようになるまでに、比較的時間のかかる楽器です」
▶ 適性に拠る部分があり、正確な音程がいつまでたってもに身につかない場合もあリ得る。つまりピアノと違い「何とか音楽になる」地点にまで時間をかけても行き着けないことがある。

「教材もクラシック音楽が多くお子さまがなじみにくい部分もあるかもしれません」
▶ 導入教材はオーソドックスなものでもなじみやすい楽曲で構成されている。

【関連記事】
これを読んでもまだあなたはお子さんにヴァイオリンを習わせたいと思うでしょうか? 
ヴァイオリン「鬼親」伝説-わが子のおけいこに全てを捧げた家族の肖像(「ヴァイオリニア」)


【ネイティブにも選ばれている 早期英語教育オンラインメソッド】




▶ 対象は3~8歳
▶ 自宅のPC、スマホ、タブレットで好きな時に、好きなだけ学習できる
▶ 「クラスルーム」でインターナショナルスクールの疑似体験もできる
▶ 初回1ヶ月間の無料体験OK


【母が明かす ハーバード大とジュリアード音楽院をダブル合格&首席卒業した娘の英語学習法】



▶ 著者は、ハーバードとジュリアードにダブル合格&首席卒業した廣津留すみれさんの母、廣津留真理さん。
▶ 「1日たった5分のらくらく単語暗記法」で、小2で英検準2級に合格。
▶ 文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 画期的な12歳以下向け英語4技能(読む・聞く・話す・書く)学習法を初公開。
▶ マル秘ノウハウが1分、3分、10分のすきま時間で身につく短い「無料動画」付き。

英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法




関連記事



気になる話題・ニュースより

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.