FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/06 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

「第73回全日本学生音楽コンクール」バイオリン部門【東京大会予選】-参加者数は小・中・高すべて低迷、小・中は2日目の審査なし

2019/08/16(金) 14:25:49

8月8日、「毎日新聞」東京朝刊に「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会予選に関する社告が掲載され、今年の参加者数が明らかになった。

バイオリン部門小学校の部は78名で、昨年(90名)より12名減少。

2日間予定されていた予選の審査は1日だけ(8月24日)と、2016年・2017年と同様の事態となった。

近年の参加者数低迷は、構造的問題(少子化、専門を目指すおけいこ二スト層の減少)に加え、学コンに内在する諸問題(課題曲の難易度、審査の硬直性、旧態然の権威主義的運営方法等)によるものかもしれない。

ちなみに、ビバおけのテンション減退による盛り上げ気力の低下、そこから転じての学コンへのディスりにも一因があるとの見方があるかどうかは定かではない。

小学校の部のここ13年間の参加者数推移は、104名→104名→93名→96名→86名→91名→65名→84名→93名→64名→76名→90名→78名(今年)。

さらに中学校の部は66名と、「歴史的レベルでの減少」と言われた昨年(67名)をも下回り、2年連続で60名台に低迷。こちらも2日間予定されていた予選の審査は1日だけ(8月27日)となった。

「予選を競う数が増えようが減ろうが、しかるべき実力者に賞を授与するコンクールの機能に揺るぎはない」と見る向きもあるが、運営・告知・審査方式・入賞メリット等の改革で参加者数を増やす多くの国際コンの現状を見るにつけ、「学コンって受験みたい。古くて窮屈でダサいよね」との空気が醸成され、参加に積極的になれない層が増えている感じがする。

中学校の部の13年間の推移は、105名→85名→91名→84名→82名→92名→80名→83名→82名→77名→82名→67名→66名(今年)。

高校の部は78名で、昨年(88名)より10名減少。こちらはかろうじて例年通り2日間(9月5日・6日)の日程で予選が行われる。

高校の部の13年間の推移は、61名→88名→91名→84名→72名→90名→87名→67名→81名→56名→81名→88名→78名(今年)。


関連記事



第73回(2019)学生音コン

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.