FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

何のことを言っているのか、わかる人のほうが多いと思うので、それを前提に書きます。

2018/09/20(木) 18:53:21

人生のいまだ初期段階とはいえ、賭けるものがある人に向かっての、ウェブ上の発信には、相応の覚悟が必要である。

多くの人が、正負両方の関心度の高さから、必ずサイトを訪れる。

周辺で細々などはあり得ない。

発信は、即、炎上のリスクがあることを観念すべきである。

情報の大海から、掬い取りがたいものにアクセスし、それを掴んできた人が読者の多数である。

良い先生に付きたい。その情報が欲しい。どうしたら人脈を作れるのか。隠されれば隠されるほど、人知れずのものであればあるほど、そこにセンシティブに感応し、希少価値を認め、つかみ取ろうとする人が多数である。真剣で、大げさでなく、人生がかかっているのであれば、当然だ。

だから、勝敗が伴うコンクールの結果についてコメントすれば、必ず、賛否の反応を喚起するのは必定である。

13年発信し続けたブログとして、つくづく、そんな感想を持つ。

コメント欄やメアドを閉ざしても尚、炎上への恐れは、決してなくならない。

得たい情報を無償で提供しているのに、「何を人のコンクールの結果に首を突っ込んで。けしからん輩だ」と蔑まれる。

ブログやフェイスブックを必ず見るのに、自らの足跡は知られまいと必死な人も多い。何もそんなこと、こちらはチェックするつもりなど全くないのだが。

最も厄介なのは、必ず見て、情報を得て、それでいながらビバおけなど今すぐになくなってしまえというスタンスの人たちだ。

せめて、「必要なら読んで下さい。気に入らなければ読まないで下さい。以上。」で終わりたいと心の底から思うのだが、今もなお、「ビバおけ=コンクール詮索好きの悪の象徴」と位置付け、隙あらば攻撃しようとするような人が後を絶たない状況だ。

発信するなら、まずは3か月、何があっても我慢して発信し続けることだろう。

3か月以上続けば、「ビバおけ」のリンク対象にして、ある日突然、リンクする手はずではあった。(迷惑なことだとは思うが、これはビバおけのミッションである)

その前段として、ある記事で謎の引用をしたのは、わかる人にはわかったであろう。

賛否両論を呼び、一部の嫌がらせがあったとしても、コンクール結果の評価をウェブ上で勇気を持って発信するのは、とても貴重な試みであった。

その試みが短期間で潰えたのは、とても残念である。


関連記事



日々のザ・痛感・毒吐く

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.