FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

【フィンランド・ヘルシンキ郊外の湖畔】 リスト音楽院ヴァイオリン科主任教授によるマスタークラス

2017/01/08(日) 01:31:06

リスト音楽院ヴァイオリン科主任教授ヴィルモシュ・サバディ氏が毎年開催しているフィンランド・ヘルシンキ郊外での初夏のマスタークラス。

30回目の開催となる今年度の日程と募集要項が発表された。

■期間:
2017年6月7日(水)〜6月13日(火)

会場は、フィンランドのヘルシンキ西方約50キロに位置する湖畔の町ロホヤ。ヘルシンキ空港から送迎車で約50分の距離にある。

講師は、ハンガリー・ブダペストのリスト音楽院で33年に渡り教鞭を執り、現在、ヴァイオリン科の主任教授を務めるヴィルモシュ・サバディ氏。

参加費用は、590ユーロ。1月6日時点の為替レートで約7万6千円。

参加費用に含まれるのは、45分の個人レッスン6回以上(全参加者)、受講生コンサートへの出演(選抜者のみ)、ピアノ伴奏、全宿泊(バス付き二人部屋)、毎日3食、湖畔に立つ施設でのサウナとジムの利用、空港への往復送迎。

ヘルシンキへの往復航空券のみ参加費用には含まれていない。

ちなみにヘルシンキは、ヨーロッパの中でも特に日本との距離が近く、飛行機の所要時間は約10時間半。JALとフィンエアー(フィンランド航空)がヘルシンキまでの直行便を運行している。

毎年、日本からも多くの参加があり、受講の満足度は高い。費用も極めてリーズナブルで、リピーターも増加しているという。

申込締切は4月15日だが、定員に達し次第締め切りとなる。例年は2つの期間が設定されるが、今年度は講師の都合で1つのみとなるので、主催者側は早目の検討を勧めている。

「ビルモシュ・サバディ先生によるヘルシンキ郊外での初夏のマスタークラス」(「ムジカテミス」公式サイト)


■ヴィルモシュ・サバディ教授

リスト音楽院でフェレンツ・ハラス、その後、シャーンドル・ヴェーグ、ルッジェーロ・リッチ、ロラン・フェニベシュの各氏に師事。リスト音楽院卒業の翌年(1984年)、25歳で同音楽院史上最年少で講師として採用。以来、同音楽院で教鞭を執り、現在はヴァイオリン科主任教授。

「1985年シベリウス国際」第3位(同年の第1位はレオニダス・カヴァコス(ギリシャ)とイリヤ・カーラー(ソ連))。


関連記事



公開レッスン・マスタークラス情報

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.