FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

【母と暮せば】メニューインのメンコンと坂本龍一のレクイエム

2016/02/11(木) 20:58:01

長崎の原爆で亡くなった医学生の息子が、母の前に亡霊となって現れる。

夢と現実が交錯する母と息子の物語。

その愛おしく哀切極まりない映画のシーンで何度も流れるのが、メニューイン演奏のメンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調。

メニューインのメンコンと言えば、フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルと共演した名盤(1952年)を思い出すが、映画に登場するSP盤は、戦前の1938年、エネスコ指揮コンセール・コロンヌとの共演盤と思われる。(参照

メンコンを好んで聴いた医学生の主人公と同じ位の年代、メニューイン22歳の時の演奏だ。

映画音楽は坂本龍一氏が担当。ピアノ、フルオケと多彩な響きが、懐旧の感趣を際立たせる。

ラスト、詩人原民喜の詩に曲をつけた合唱曲「鎮魂歌」の撮影には、のべ800名の長崎市民が参加したという。

映画「母と暮せば」公式サイト


(メニューイン 関連記事)

【メニューイン初来日】 悪魔のトリルに震え涙した日(「ヴァイオリニア」)

関連記事



気になる話題・ニュースより

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.