FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

【学生音コン】ガヴォットとジーグ

2015/08/25(火) 02:04:01

東京大会は中学校の部に続き8月24日から小学校の部が始まった。

リサイタルホールの親密で安らぎに満ちた空間が、小学生の弾く無伴奏をたおやかに響かせる。

東京大会の予選はもともと客席から温かい拍手が起こるが、それも後押しとなり、コンテスタントが余計なプレッシャー感じないですむホスピタリティが巧まずして創りだされていた。

課題曲はバッハの無伴奏パルティータ第3番の第3楽章ガヴォットと終楽章のジーグ。

従来はガヴォットの時は1曲単独だったが、今回は2曲、それもバッハで2曲は手元のデータでは初めてのことだ。

ガヴォットの上げ弓マルテラートは小学生には確かに難しい。

響きがクリアーな分、瑕疵も露わとなりやすいが、ロンド形式のテーマの反復の流れの中に時々現れるロマンチックな感趣を上手く捉えた演奏には感心した。

ジーグは終楽章。各所でほとばしるかに思える旋律の奔流が、一気にフィナーレへと結集する。

添え物でない形で、ガヴォットからジーグにシフトチェンジするには、弾き出す前のブレスも肝要となる。

客席に聞こえてくるほどのブレスに、最近は小学校の部でも出会えるようになった。

ステージは客席平土間より数十センチ高く、舞台袖からは階段を登る。

ロングドレスの場合は裾を少し気をつけたほうがいいかもしれない

最近、NHKで見たギル・シャハムの装飾を凝らした小粋で楽しいガヴォット。

それとはまた異なるが、全身で音楽を感じ、「この曲大好き!」という思いが伝わってくるガヴォット。

コンクールであることを暫し忘れさせてくれる、そんな素敵な瞬間にも出会えることができた。

関連記事



第69回(2015)学生音コン

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.