FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

街角をバッハで満たせ “Bach in the Subways” 日本初開催(3月21日)

2015/03/11(水) 17:50:20

ニューヨークの地下鉄のホームで、チェロ奏者、デール・ヘンダーソンはバッハ:無伴奏チェロ組曲第1番を弾いた。

J.S.バッハの誕生日である2010年3月21日のことだ。

雑踏の中でも、美しいバッハの音楽は、忙しく行き交う人々の心を静かにとらえた。

チップを受け取るかわりに、彼は1枚のポストカードを配ったという。

「偉大なる音楽の父 J.S.バッハの誕生日を祝い、今日は一日中バッハの音楽を奏でます。音楽に対する愛と敬意を、街ゆく人々と分かち合い、クラシック音楽を次世代につないでいくために—」

彼の行動は大きな反響を呼び、メディアでも取り上げられた。これを契機に志を同じくする世界中の音楽家と共に、彼は “Bach in the Subways” の活動を始めた。

そして2015年3月21日(土・祝)。

バッハ生誕330年にあたる日に、このイベントが初めて日本でも開催されることになった。

ホール、公共スペース、デパート、書店、カフェなど様々な場所で、できるだけ多くの人に生のクラシック音楽を届け、感動を味わってほしい。

そんな願いを込めて、プロ・アマを問わず多くの音楽家が、この日1日、バッハの音楽を奏でる。

“Bach in the Subways Day in Tokyo” 公式サイト


関連記事



リサイタル・演奏会情報

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.