FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

「自分の中にある音、自分がどのようにその音楽に対して反応するかが大切だと思います」(五嶋みどり NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」)

2014/11/04(火) 11:03:35

その流儀から、学習者が学ぶべきことは数限りなくある。

・他と比べてどうか、ではない。ただ、ひたすら、“自分と向き合う” ことが大切だ。聴く人の心を揺さぶる音とは、外から持ってくる音ではなく、そのように自分と向きあい、自分の中から生み出されてきた音に他ならない。

・かつて何千回演奏したことのある楽曲でも、初めて挑むかのように、決して練習を怠ることはない。曲は生きていて、演奏は時々刻々変化していくものだから。

・音は、弾いている人の心境や経験を映し出す鏡。音には自分が丸ごと出てしまう。だから、欲はできるだけ切り離して、シンプルに素直に演奏していきたいと思う。

・演奏家であると同時に、教育者でもあり、社会貢献活動家でもあること。心をオープンにすれば、多くのことが学べる。ただ楽譜を研究し楽譜に沿って演奏すれば良いのではない。楽器の演奏以外に、あるいはそれ以上のものが、プロの音楽家には求められている。

プロフェッショナルの道具へのこだわりとして、使用楽器(グァルネリ・デル・ジェスとドミニク・ペカット)にもスポットがあてられる。

再放送は、NHK総合 11月7日(金)0:40〜1:28(木曜深夜)

プロフェッショナル 仕事の流儀 「楽しみも苦しみも、すべて音になる ヴァイオリニスト・五嶋みどり」


(関連記事)

南カリフォルニア大学 五嶋みどり弦楽学部長のレッスンには「歌」がある(2013/11/23)

「タングルウッドの奇跡」 その時一体何が起こったのか?(「ヴァイオリニア」)

関連記事



おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://vivaoke.com/tb.php/4215-40e2752d

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.