FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

ベリオ「バレエの情景」-ソリスト・ピースとしての魅力

2005/10/10(月) 00:18:57

シャルル・オーギュスト・ド・ベリオは、ベルギー生まれのヴァイオリン奏者にして作曲家。ヴィオッテイやバイヨーに師事し、ヴュータンやダンクラ、ソーレなどを育てました。

この曲は、ベリオ「ヴァイオリン協奏曲9番」と並んで、コンクールや発表会で採りあげられることの多い曲です。

「ボレロ」と「ワルツ」の旋律が印象的で、随所に程よいテクニック面での聞かせ所も配しています。

「幻想曲」という副題がついているのは、バレエ音楽ではなく、あくまで、バレエの様々な場面を幻視している。情景をイメージした曲であるということでしょうか。

最近では、小学校低学年でも、当たり前のようにバリバリ弾ける曲として認識されているようですが、2005年に「毎コン」の本選課題曲となったことは、この曲の案外忘れられがちな以下のような面が、再認識されるきっかけになるはずです。

「《バレエの情景》はメンデルスゾーンの有名なヴァイオリン協奏曲に入る少し前ぐらいの学習者に対して、教師から課題として与えられることがしばしばある作品である。しかし、大家的な要素もふんだんに盛り込まれており、この曲はソリスティックなものを有したすぐれたヴァイオリニストによって奏されたとき、はじめて傑作としての光を放つようである。」
(「新編世界音楽全集 器楽編26 ヴァイオリン名曲集1」(音楽之友社) P240 長谷川武久氏の解説文より引用。)
関連記事



この曲のCDあります?TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://vivaoke.com/tb.php/30-3e46c503

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.