FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/09 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

「第63回全日本学生音楽コンクール」-東京大会・中学校の部の感想

2009/09/29(火) 11:50:54

他のコンクール結果の速報記事が続いたため、こちらの方は暫くアップできないままとなっていた。

小学校の部に続いて、中学校の部の結果についても、感想や意見があるに違いない。早くアップして欲しいと、ご要望の向きもあるだろう。

イグラーユのもとに寄せられた情報は残念ながらごくわずかだが、その一つを以下に紹介しておくことにしよう。

東京大会の予選結果は、過去の(小学校の部当時を含む)入選・入賞実績組の強さが際立つものとなったが、一方で、14名合格という高いハードルは、他のコンクールなどでの入賞実績がある実力者でさえ、当日の演奏の出来次第では予選通過が叶わないという、厳しい現実を浮き彫りにした。

3分程度のたった1曲による審査に比して、無伴奏2曲という課題は、審査に複眼的な判断材料を提供したのかもしれないが、やはりコンテスタントは、こなし切れるかどうかの難しさに直面したようだ。

「パガニーニが明暗を分けたように思われました。パガニーニは何とかなっても、バッハのサラバンドは中学生には厳しいかなと思っていたのですが、実際にはパガニーニでコントロール不能状態となり、残念な結果となってしまわれた方があったように思いました。

バッハはすばらしかったけれど、パガニーニは「何とか止まらなくて良かった」という感じでは、この狭い通過枠に入るのは難しかったかもしれません。予選を通過された方は、そこが音楽的にできていた方だと思われました。

それにしても、この枠の狭さ、あまりにも厳しいです。」

関連記事



第63回(2009)学生音コンTB:0CM:1
コメント
狭き門
やはり同じ感想をお持ちの方がいられた、と思い書き込みさせていただきました。
私は2日目の10人程の演奏を聴かせていただきましたが、やはり、パガニーニで差が現れたように思います。審査結果を見ると、私が聴かせて頂いた10名中、本選に進まれた方は1名だけ。本当に狭き門だと思いました。
東京大会は特に本選に進むのが難しいように感じますが、そんなことはないのでしょうか…
silver #6WGsYMSc|2009/09/29(火) 18:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://vivaoke.com/tb.php/1724-8c222f83

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.