FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/10 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

ウィーン国立歌劇場管 / ウィーン・フィルが、第2ヴァイオリン奏者とオーケストラアカデミー生を募集

2020/09/30(水) 20:22:38

ウィーン国立歌劇場管弦楽団 / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、第2ヴァイオリン奏者のオーディションを実施する。

オーディションの予選は12月15日、本選は12月16日。

いずれもウィーン国立歌劇場(Wiener Staastoper)で行われる。

告知文には今回も「ウィーン国立歌劇場は女性の割合を増やすことを目標にしており、特に才能ある女性の応募を求めています」との一節が見られる。

オーディション参加に伴う旅費・宿泊費は応募者の自己負担。

応募締切は10月23日。

▶︎ オーディション募集概要

▶︎ 【初公開】 ウィーン・フィルのオーディション風景(ヴァイオリニア)

▶︎ 【ウィーン・フィル】女性ヴァイオリン奏者7名のプロフィール(ヴァイオリニア)

また、ウィーン・フィルは、第2期(2021〜2023年)のオーケストラアカデミー生を募集している。

アカデミー生は、各パートの団員による個人レッスン、ウィーン・フィルのリハーサル・公演・ツアーでのオーケストラ実習の他、室内楽の指導や楽友協会での演奏会など、様々な育成プログラムを無償で受けられる。

応募締切は10月31日。

▶︎ ウィーン・フィル公式サイト

▶︎ ウィーン・フィルがアカデミーを創設 第1期生は12名(ヴァイオリニア)




気になる話題・ニュースより

「第1回アルベルト・リジィ国際ヴァイオリンコンクール」-受賞結果

2020/09/30(水) 18:25:00

今年創設されたコンクールだが、こちらも通常の実演審査を行った模様だ。

入賞者はいずれも国際コン実績がある。

2020年9月25日~27日、スイス・ベルン州のグシュタードで「第1回アルベルト・リジィ国際ヴァイオリンコンクール」が開催され、受賞者が決まった。


1st Prize
Maxim Tzekov(Austria)

1st Prize
Chaofan Wang(China)

2nd Prize
Maya Wichert(Germany)

2nd Prize
Lorenz Chen(Germany)


第1位のオーストリアの Maxim Tzekov さんは、「第18回(2019)クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」第3エイジグループ(18〜20歳)第1位。

第1位の中国の Chaofan Wang さんは、「第38回(2019)ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」第3位。

第2位のドイツの Maya Wichert さんは、「2016イル・ピッコロ・ヴィオリーノ・マジコ国際コンクール」第1位、「第9回(2019)若いヴァイオリニストのためのルイ・シュポア国際コンクール」カテゴリー1(14歳以下)第1位。

第2位のドイツの Lorenz Chen さんは、「第35回(2016)ロドルフォ・リビツァー国際ヴァイオリンコンクール」第2位、「第6回(2017)アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」第1位、「2018アリス&エレノー・シェーンフェルド国際弦楽コンクール」ヴァイオリン部門第1位。

▶︎ 公式サイト

▶︎ 公式フェイスブック




2020年国際コンクール

「第6回タデウシュ・ヴロンスキ国際ソロヴァイオリンコンクール」-栗原壱成さんが第1位、芝内もゆるさんが奨励賞

2020/09/30(水) 01:15:36

9月28日・29日、ポーランド・ワルシャワで「第6回タデウシュ・ヴロンスキ国際ソロヴァイオリンコンクール」のファイナルが行われ、日本の栗原壱成さんが第1位、芝内もゆるさんが奨励賞第3位を獲得した。

第1ステージ出場28名(日本5名)、セミファイナル進出20名(日本5名)、ファイナル進出12名(日本2名)。

同コンクールの審査員には、日本から大谷玲子、田辺良子、清水高師の各氏が名を連ねている。

▶︎ 公式サイト

▶︎ 公式フェイスブック

栗原壱成さんは、「第64回(2010)全日本学生音楽コンクール」中学校の部・東京大会第3位、「第37回(2018)ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」第5位、「第2回(2018)ウラジーミル・スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクール」第3位、「第38回(2019)ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」第2位(最高位)。

芝内もゆるさんは、「第67回(2013)全日本学生音楽コンクール」高校の部・大阪大会1位。

尚、現在、日本とポーランド間の往来については、以下の状況となっている。

◯日本政府はポーランドを新型コロナウイルスに関する感染症危険情報レベル3に指定しており、渡航中止勧告を行っている。

◯ポーランドから帰国した日本人は、帰国後14日間、自宅等を指定場所として待機し、また、自宅等には、公共交通機関を使わず、自家用車などで向かう必要がある。また、入国(帰国)時にはPCR検査を受ける必要がある。

◯ポーランド政府は、7月3日より、日本からポーランドへの渡航者については、渡航目的に関わらず(無査証の短期滞在も含め)入国を許可しており、到着後の14日間の自宅待機も免除している。

▶︎ 【コロナ】日本からの入国制限 欧州各国の状況(9/24時点)(ヴァイオリニア)





2020年国際コンクール

コンクールの結果をどう受け止めるのか?

2020/09/29(火) 14:25:39

※この記事は2010/9/14・15に投稿したものを編集しています。

入選・入賞者数をはるかに上回る数の人が涙を呑む。

それがコンクールだと言えばそれまでだが、どうしても審査結果に納得できない人もいるに違いない。

本選進出や入賞の人数枠は決められている。

仮にいかに客観的基準が設定されていようと、主観を有する審査員の評価にはバラツキが生じ得る

毎年、新聞紙上で発表される「日本音コン」の採点結果。実力伯仲と思われる国内最高レベルの戦いでも、「いくらなんでもその点数はないでしょ」と思うことが時にある。

2009年の「エリザベート国際」の予選やセミファイナルの審査結果は、どうにも首を傾げざるを得ないものだった。

かつてマルタ・アルゲリッチは、他の審査員の評価に激怒し、ショパンコンクールの審査を途中で降りてしまったことがあった。

結局、コンクールの審査では万人が納得できる結果は望みようがないのかもしれない。

それでも尚、最大多数が納得できる公正性の確保と、その場での演奏の評価とは別に働く何らかの意図の排除に向けて、努力が払われねばならない。

コンテスタントにとってみれば、出てしまった結果はどうすることもできない。

ひとつのコンクールに優勝者はたいてい一人しかいない。

とすると、その他の参加者は並べて程度の差こそあれ、自分が選ばれなかった現実を受け止めなければならない。

辛く悲しい現実だ。

そして、コンクールで勝ち続けることがほぼ不可能であることもまた、真実である。

勝者もやがて敗者となり得る。

自分ではどうしようもない審査結果をどう受け止めるべきなのか?

『演奏者勝利学』に、「2008年日本音コン」ピアノ部門第1位、入江一雄さんのインタビューでの言葉がある。

辻(著者)「人が評価するコンクールというものを、今はどうとらえているの?」

入江「人の評価は気にしないようにしています。そういうことだと割り切っているので。人の否の意見を聞いて参考にすることは当然ですけど、すべてがそうだとは思わないので、自分がそうだと思うところだけを聞いています。そう、切り替えました。」
※18ページより引用

入江さんのように、人の評価を気にしないよう気持ちを切り替えることは、人に聴いもらってこその存在である演奏者にとっては、とても難しいことだ。

人の評価は大切だが、それが全てではない。

挫折や失敗を含むコンクール経験を経ることによってはじめて、そんな評価に「とらわれない」メンタリティが形成されていく。

コンクールでの入賞以上に重要なのは、実はそのような演奏者に不可欠なポジティブな心の状態を獲得することではないだろうか。

そのためにこそ、コンクールを通してたゆまぬ心のレッスンを積み重ねていく必要がある。




演奏者のためのメンタル・トレーニング 演奏者 勝利学




ベストパフォーマンスを引き出す ~演奏者勝利学実践ノート~ (ヤマハムックシリーズ 90)




本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~




ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング




第74回(2020)学生音コン

「第74回全日本学生音楽コンクール」北九州大会【予選】-本選進出16名

2020/09/29(火) 13:01:08

9月27日、響ホールで「第74回全日本学生音楽コンクール」北九州大会の予選が従来通りの観客有りで行われ、参加32名のうち16名が、10月24日の本選への進出を決めた。

【小学校の部】
本選進出5名
本選進出者数推移:
2010年8名→6名→7名→5名→6名→5名→7名→7名→4名→6名→5名

【中学校の部】
本選進出4名
本選進出者数推移:
2010年6名→5名→5名→5名→9名→8名→10名→6名→6名→5名→4名

【高校の部】
本選進出7名
本選進出者数推移:
2010年5名→3名→4名→5名→6名→3名→5名→6名→5名→6名→7名

北九州大会については、予選の各部別のエントリー数がここ数年、毎日新聞の記事では明示されないため、過年度の推移については各部の合計数を示す。

小+中+高のエントリー数推移:
2010年48名→40名→41名→29名→40名→28名→35名→34名→29名→33名→32名

▶︎ 結果速報・北九州大会

▶︎ 毎日新聞ニュースサイト



第74回(2020)学生音コン

「第22回日本演奏家コンクール」弦楽器部門-受賞結果

2020/09/27(日) 01:49:01

「第22回日本演奏家コンクール」が、9月20日と26日に、横浜みなとみらい小ホールで行った弦楽器部門(大学生の部を除く)の本選の受賞結果を公式サイトに速報した。

本選は、9月19日からイベントの人数制限を緩和する政府の方針を受け、一般公開で行われた。(入場者は連絡先と体温を記載した紙と身分証明書を提示)

同コンクールは、新型コロナウイルスの影響で1次予選を中止とし、2次予選の実演審査(非公開)からのスタートとなり、本選では実演と共に動画での審査も併用した。

弦楽器部門の各部の本選進出者は、未就学児4名、小学生低学年6名、小学生高学年10名、中学生12名、高校生32名、大学生41名、一般A12名。

学生音コンや日本音コン同様、高校生以上の参加が積極的との印象を受ける。

10月2日に行われる大学生の部の1位〜3位までの結果は、当日中に公式サイトに速報される。

▶︎ 公式サイト

同コンクールはマイページを設けて参加者個々に情報を発信しているが、こうした取組は今後のコンクールのニューノーマルとなるかもしれない。




2020年国内コンクール

「Go To イベント」10月中旬より開始 コンサート等のチケット代を割引で購入できるキャンペーン

2020/09/25(金) 20:22:38

政府は9月25日、コンサートやスポーツなどのチケット代を割り引きで購入できるようにし、需要を喚起する「Go To イベント」キャンペーンを10月中旬から開始することを決定した。

▶︎ 共同通信公式サイト

コンサート等のチケット代についてはこれまで、中止・延期となった公演のチケットを払い戻さなかった場合に税の優遇を受けられる制度はあったが、政府によるチケット代を割引く等の直接的な支援策は今回が初めてとなる。

キャンペーンを所管する経済産業省が7月に発表した概要は以下の通り。

◯対象となるイベント・エンタテインメント

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた文化芸術やスポーツに関する行事。

国内で不特定かつ多数を対象にして有償で消費者に対して提供されるものを基本とする。

無観客ライブ配信等の、新型コロナウイルスに対応する新たな形式のものも含む。

◯対象となる事業者

イベント主催者等から委託されたチケットを消費者に販売する事業者、イベント主催者等にチケット販売システムを提供する事業者、自ら主催するイベントのチケットを消費者に販売するイベント主催者などを幅広く想定。

◯具体的な支援策のイメージ

・チケット代を2割引きで購入できる割引支援

・会場での物販等で利用できるクーポンを、チケット代の2割相当分、付与する

・次回以降のチケット購入に利用できるポイントをチケット代の2割相当分、付与する等

以上はあくまでも7月発表段階での概要・想定事項で、「2割相当分の割引」は決定事項ではない。

10月中旬開始のキャンペーンの実施内容については、経産省から後日改めて正式に発表される。




気になる話題・ニュースより

「文化芸術活動の継続支援補助金」 交付決定1万件突破 採択率は上限20万円60%、上限150万円36%に上昇

2020/09/23(水) 12:13:12

9月18日、文化庁の「文化芸術活動の継続支援補助金」の交付決定数が、10,000件を超えたことが明らかとなった。

交付決定はこれまで10回に分けて順次行われており、9月18日までの累計は10,655件。

このうち、標準的な取組を行うフリーランス等向け(上限20万円)のA-①は8,139件、より積極的な取組を行うフリーランス等向け(上限150万円)のA-②は2,224件。

小規模団体向け(上限150万円)のBは274件、共同申請(10者の場合で上限1,500万円)は18件となった。

現在、第3次募集が進行中で、全体の申請件数は明らかではないが、第2次募集締切時点(8月28日)での申請件数は22,250件(A-①13,668件,A-②6,111件,B2,205件,共同申請266件)。

今回判明した交付決定数には一部、第3次募集分も含まれている可能性があるが、第2次募集までの申請件数を分母にこれまでの交付決定率を算出すると、全体で47.9%、A-①は59.5%,A-②は36.4%,Bは12.4%,共同申請6.8%となる。

A-①は勿論、A-②でさえ、例えばコンクールの入賞率などをはるかに上回る水準となってきた。

交付決定10,655件の分野別内訳は、音楽4,736件、演劇2,570件、舞踊764件、美術719件、大衆芸能643件、舞台スタッフ407件、伝統芸能346件、映画・アニメーション264件、写真117件、コンピュータその他の電子機器等を利用した芸術65件、生活文化15件、国民娯楽9件。

第3次募集の締切は‪9月30日‬で、文化庁は「採択に至らなかった申請については申請内容の確認などを行っており,不採択となったわけではない」としており、今後も採択率の上昇が見込まれる。

文化庁公式サイト

【ビバおけベストセラー書籍】①
誰にも頼れない時代を生き延びるための実践的バイブル


▶︎ 著者はウィーン・コンツェルトハウスの元CEO兼芸術監督ら
▶︎ テーマは、プロフィールの書き方、自分の売り込み方、出演料の交渉、SNS活用術、写真や動画の見せ方、マネージャーやエージェントとの付き合い方、クラウドファンディングの極意、スケジュール管理、予算・収支の管理、税金の知識・・・等々



クラシック音楽家のためのセルフマネジメント・ハンドブック

【ビバおけベストセラー書籍】②
構想と執筆に実に10年。国内外の演奏家たちから熱い支持を集め続けるロングセラー


▶︎ あらゆる楽器(声楽を含む)の、幅広い層(音高・音大生及び受験生、プロ・アマ奏者、指導者、学習者とその父兄等)に向けて、有益なスキル・知見・情報を提供
▶︎ 音楽学校の教育では見過ごされがちなテーマ(効率的な練習法、本番に向けてのメンタルコントロール、プロの演奏家としてのキャリアの積み方、故障の予防法等)も扱う



成功する音楽家の新習慣 ~練習・本番・身体の戦略的ガイド~




気になる話題・ニュースより

「メニューイン国際」ジュニア覇者 12歳で大手マネジメント会社と契約

2020/09/22(火) 23:49:06

クラシック音楽の大手マネジメント会社「IMG Artists」は9月16日、オーストラリアのヴァイオリニスト、クリスチャン・リー(Christian Li )さん(12歳)と契約を結んだと発表した。

クリスチャン・リーさんは「2018メニューイン国際コンクール」ジュニア部門第1位。

「IMG Artists」には、ジョシュア・ベル、ヒラリー・ハーン、サラ・チャン、ユリア・フィッシャー、樫本大進ら各氏が所属している。

クリスチャン・リーさんは、今年3月には、レーベル史上最年少で「Decca Classics」と録音契約を結んでいる。

オーストラリア国立音楽アカデミー主任教授のロビン・ウィルソン(Robin Wilson)氏に師事。

使用楽器は1737年製のグァルネリ・デル・ジェス、弓はフランソワ・ペカット。

▶︎ IMG Artists 公式サイト




気になる話題・ニュースより

【早すぎることはない】2022年国際ヴァイオリンコンクール 開催予定一覧

2020/09/22(火) 08:42:55

もともとインディアナポリスや仙台が開催の年に、シンガポール、シベリウス、ヴィエニャフスキなどが加わった。

5〜6月は重なる時期となり、仙台の日程決めがまた悩ましくなりそうだ。

まだ日程が未定のコンクールもあるので、情報は適宜、公式サイトで確認することをお勧めします。

◯「第3回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」
2022/1/16〜28
シンガポール

▶︎ 公式サイト


◯「第12回カール・ニールセン国際コンクール」ヴァイオリン部門
2022/3月?(日程未定)
デンマーク・オーデンセ

▶︎ 公式サイト


◯「第12回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」
2022/5/18〜29
フィンランド・ヘルシンキ

▶︎ 公式サイト

応募開始:2021/10〜


◯「第8回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門
2022/5〜6月?(日程未定)

▶︎ 公式サイト

課題曲など実施要項は2021年年1月に発表する予定


◯「第11回レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクール」
2022/5〜6月?(日程未定)
ドイツ・アウクスブルク

▶︎ 公式サイト


◯「2022マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」
2022/5〜6月?(日程未定)

▶︎ 公式サイト


◯「第19回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」
2022/8/25〜9/4
ドイツ・シェーンタール

▶︎ 公式サイト


◯「第11回インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール」
2020/9/9〜25
アメリカ・インディアナポリス

▶︎ 公式サイト


◯「第16回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール」
2022/10/7〜21
ポーランド・ポズナン

▶︎ 公式サイト




2022年国際コンクール

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

楽天

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.