FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2015/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2015/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

「第1回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門−グループA ファイナリスト4名

2015/09/20(日) 02:39:54

「第1回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(中国・ジュハイ)のヴァイオリン部門・グループA(14歳以下)のセミファイナル(第2ラウンド)の審査結果が発表され、日本の中野りなさんら4名がファイナルに進出した。

公式サイト

ファイナルではモーツァルトの協奏曲(1・3・4・5番から任意の1曲)全楽章をザルツブルク・チェンバー・ソロイスツと共演する。



2015年国際コンクール

【書籍】『ハヴァシュ・バイオリン奏法』−世界中に支持者が広がる「ハヴァシュ式アプローチ」、待望の日本語版刊行

2015/09/20(日) 01:48:37

カトー・ハヴァシュ氏はハンガリー出身で1920年生まれ。

現在94歳にして、尚、現役の指導者としてワークショップや非公開レッスンを行い、精力的に活動している。

5歳でヴァイオリンを始め、7歳でリサイタルを開いた。早熟の天才少女としてもてはやされ、ブタペストの王立音楽院に入学。

ワルドバウワー弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンだったイムレ・ワルドバウワーに師事。

14歳の時、同音楽院で初のリサイタルを開いたが、「悪魔のトリル」を弾き始めた時、バルコニー席に座るフーバイ、ドホナーニ、コダーイ、バルトークら、当時の音楽界の重鎮らを目にした途端に、頭が真っ白になり、気がついたときには最後の拍手を受けていた、という体験をする。

その後、17歳で、ニューヨークのカーネギーホールでデビューリサイタルを開き、評論家からは好意的な評価を得たが、極度のあがり症のため、これ以上は演奏家としてやっていけないと考え、18歳で引退した。

その後、結婚し、家庭の主婦として子育てに専念した後、再びヴァイオリンに向かうようになり、自分の若い頃の経験を振り返って、どのようにしたら極度な緊張をせずに演奏することができるかを考え、「あがり」や極度な緊張を克服する「新しい演奏方法」を編み出した。

音楽界から引退して18年を経ていたが、36歳で指導者として復帰。オックスフォード大学でのレクチャーを皮切りに、英国、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダやヨーロッパ諸国でレクチャーを開き好評を博した。

そして1965年、彼女が41歳の時に出した著作が、本書(原題:“The New Approach to Violoin Playing”)である。(以上、参照:「エリザベート音楽大学」公式サイト

またたく間に世界中に支持者が広がった「ハヴァシュ式アプローチ」。

現在も定期的にニュースレターを刊行している「カトー・ハヴァシュ協会」は、世界31ヵ国から集う根強いハヴァシュ支持者により運営されているという。

「不安」ではなく「喜び」をもってヴァイオリンを弾く。

そのために開発された画期的メソッドを説く名著の、待望の日本語版刊行である。

『ハヴァシュ・バイオリン奏法』(やマハミュージックメディア)

「ハヴァシュ・バイオリン奏法〜力みをとり、あがりを克服するアプローチ〜9月10日発売」(9月10日付「YOMIURI ONLINE」)

【Amazon】
ハヴァシュ・バイオリン奏法 ―― 力みをとり、あがりを克服するアプローチ



おけいこニスト 必見・必聴・必読!

「第1回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門−3つのエイジグループ計30名がセミファイナルへ

2015/09/18(金) 17:01:57

中国の珠海(ジュハイ)市がザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学との提携により創設した「第1回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門の第1ラウンドの審査結果が発表され、3つのエイジグループで計30名がセミファイナルへ駒を進めた。

グループA(14歳以下)では、エントリー(事前審査通過)21名中、日本の中野りなさん、橘和美優さんら12名、グループB(15歳〜17歳)では、エントリー22名中10名、グループC(18歳〜23歳)では、エントリー17名中、和久井映見さん、篠山春菜さんら8名がセミファイナル進出を決めた。

公式サイト


(関連記事)

【新設】 第1回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール(「ヴァイオリニア」)



2015年国際コンクール

「第13回ヴィエニャフスキ&リピンスキ国際ヴァイオリンコンクール」ジュニア部門−「学コンの次は世界へ」、日本勢がセミファイナル進出

2015/09/17(木) 17:09:28

「第13回ヴィエニャフスキ&リピンスキ国際ヴァイオリンコンクール」(9/10〜19 / ポーランド・ルブリン)のジュニア部門(18歳未満)第1ステージの審査結果が発表され、日本の東亮太さん、平井美羽さん、外村理紗さん、河井勇人さん、水越菜生さんら21名がセミファイナル(第2ステージ)に進出した。

公式サイト

セミファイナルの 課題曲 は、モーツァルトのソナタ(KV 296, KV 301, KV 304, KV 305, KV 378)またはシューベルトのソナタ(op. 137: D major (D-384), A minor (D-385), G minor (D-408))と15分以内の自由曲となっている。



2015年国際コンクール

「第11回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」−事前審査通過45名

2015/09/17(木) 16:14:18

シベリウス生誕150周年のアニヴァーサリー・イヤー、そして入賞賞金を増額。

今年の国際コンのまさに掉尾を飾るに相応しい「第11回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」が11月22日〜12月3日に、フィンランド・ヘルシンキで開催される。

応募者は世界29カ国から234名とコンクール史上最多。すでに超難関となってしまった事前審査を通過した45名の顔ぶれは、各国際コン入賞者を中心に、まさに壮観。

出場者リストの「国」は国籍とは異なった留学先・在住地等での登録もあり、もはや意味をなさないが、参考までに45名の内訳は、ドイツ10名、アメリカ9名、日本・フィンランド・ロシア各4名、フランス・オーストリア各3名、等となっている。

公式サイト


(関連記事)

「第11回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」−賞金を増額(「ヴァイオリニア」)


2015年国際コンクール

【平成28芸高入試】 専攻実技 課題曲発表

2015/09/17(木) 15:22:01

ヴァイオリン専攻第1回は2014年度に“サプライズ” のバッハ:無伴奏ソナタ3番 3・4楽章、翌2015年度は一転してローデ20番と、1年で “定番” に回帰。

注目の2016年度は・・・?

【芸高】 平成28年度 東京藝大附属高入試 課題曲発表(「ヴァイオリニア」)



芸大・芸高・音大・音高 受験情報

「第34回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」−受賞結果

2015/09/16(水) 01:07:52

「第34回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(イタリア・ゴリツィア)の受賞結果が発表されている。


1st prize  Paolo Tagliamento(イタリア)

2nd prize  Gabriele Ceci(イタリア)

3rd prize  Nitzan Bartana(イスラエル)

4th prize  Stepan Lavrov(ロシア)

5th prize  Olga Iakushina(ロシア)

5th prize  Ekaterina Valiulina(ロシア)


公式サイト



2015年国際コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・予選-高校の部の結果

2015/09/15(火) 19:38:47

9月14日に行われた大阪大会•高校の部の予選の結果が、「毎日新聞」に掲載された。

エントリー41名、本選進出10名。(昨年はエントリー34名、本選進出8名、一昨年はエントリー40名、本選進出11名)

ニュースサイト「毎日新聞」


小谷泉 さん(兵庫県立西宮高3年)

岩崎朱里 さん(京都市立京都堀川音楽高2年)

水谷智咲 さん(兵庫・小林聖心女子学院高2年)

松村由紀 さん(京都市立京都堀川音楽高3年)

今川こころ さん(大阪・相愛高2年)

中川桜 さん(京都市立京都堀川音楽高1年)

松北優里 さん(岡山県立岡山城東高1年)

宮崎絢花 さん(兵庫県立西宮高2年)

三国レイチェル由依 さん(奈良・天理高2年)

森田恵美里 さん(神戸大付属中等教育学校5年)



第69回(2015)学生音コン

【ヨハネス・ブラームス国際】日本勢10年連続入賞の中、唯一入賞のなかったヴァイオリン部門で中村太地さんが第3位

2015/09/14(月) 21:42:50

毎年、6部門(ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・ピアノ・声楽・室内楽)で行われる「ヨハネス・ブラームス国際コンクール」は、2005年から10年連続で日本人の入賞が続いていた。

2005年ピアノ2位、2006年ピアノ2位 / ヴィオラ2位、2007年ピアノ1位、2008年ヴィオラ2位 / チェロ2位、2009年ピアノ3位、2010年ピアノ1位 / チェロ1位、2011年ヴィオラ1位 / ピアノ2位・3位、2012年ピアノ1位・2位、2013年ピアノ1位・3位、2014年チェロ1位。

そして、今年2015年。

ピアノ部門で第1位が出て、これで優勝は6年連続となり、さらに、記録に残る2001年以降、唯一、日本人の入賞がなかったヴァイオリン部門で、中村太地さん(ウィーン国立音大)が第3位を獲得した。

中村太地さんが第3位 ブラームス国際コンクール(「ヴァイオリニア」)



2015年国際コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・予選−小学校の部の結果

2015/09/14(月) 19:55:17

9月13日に行われた大阪大会•小学校の部の予選の結果が、「毎日新聞」に掲載された。

エントリー26名、本選進出8名。(昨年はエントリー33名、本選進出10名。一昨年はエントリー29名、本選進出10名)

名古屋大会同様、昨年よりエントリー数が減少。再び30名台を割った。

ニュースサイト「毎日新聞」


戸田晴花 さん(兵庫・尼崎市立武庫東小5年)

西岡舞桜 さん(堺市立東陶器小4年)

田村咲葉 さん(神戸市立美野丘小5年)

渡辺紗蘭 さん(兵庫・西宮市立大社小5年)

松蔭さとり さん(大阪・帝塚山学院小6年)

内田月渚 さん(広島・福山市立蔵王小6年)

坂直 さん(広島市立牛田新町小6年)

青山暖 さん(岡山市立吉備小5年)



第69回(2015)学生音コン

「第69回全日本学生音楽コンクール」名古屋大会・予選-結果

2015/09/13(日) 17:37:08

9月12日に行われた名古屋大会の予選結果が、「毎日新聞」(9月13日付中部版朝刊)に掲載された。

小学校の部はエントリー15名、本選進出5名(昨年はエントリー19名、本選進出5名。一昨年はエントリー24名、本選進出6名)

中学校の部はエントリー17名、本選進出6名(昨年はエントリー22名、本選進出7名。一昨年はエントリー24名、本選進出6名)

高校の部はエントリー25名、本選進出7名(昨年はエントリー20名、本選進出7名。一昨年はエントリー18名、本選進出6名)

高校の部は7名中6名が菊里高校。

ニュースサイト「毎日新聞」


▽小学校の部

大見咲恵 さん(愛知県安城市・新田5)

平野安桜生 さん(名古屋市・小坂4)

兼子竜太朗 さん(愛知県豊明市・中央5)

浅野珠貴 さん(愛知県名古屋市・師勝南6)

遠藤望名 さん(愛知県長久手市・市が洞4)


▽中学校の部

伊藤怜子 さん(岐阜市・聖マリア女学院3)

幸村和奏 さん(名古屋市・南山女子部3)

佐藤綸花 さん(名古屋市・冨士1)

水野泰志 さん(名古屋市・汐路3)

近藤誉也 さん(愛知県岡崎市・愛知教育大学付属岡崎2)

福場桜子 さん(愛知県みよし市・三好丘1)


▽高校の部

辻純佳 さん(名古屋市・菊里2)

小山梨花 さん(名古屋市・菊里1)

清水麗楽 さん(名古屋市・菊里1)

辻田薫り さん(東京都・東京芸術大学付属音楽1=ふるさと参加)

高松亜衣 さん(名古屋市・菊里2)

飯田桐乃 さん(名古屋市・菊里2)

杉浦愛佳 さん(名古屋市・菊里2)


第69回(2015)学生音コン

「第69回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・予選-中学校の部の結果

2015/09/13(日) 16:53:27

9月12日に行われた大阪大会•中学校の部の予選の結果が、「毎日新聞」(9月13日付大阪版朝刊)に掲載された。

エントリー30名、本選進出9名(昨年はエントリー36名、本選進出10名。一昨年はエントリー29名、本選進出8名)

ニュースサイト「毎日新聞」


石川未央 さん(兵庫・姫路市立東光中2年)

落合真子 さん(大津市立青山中2年)

桑原陽太 さん(大阪・茨木市立東中3年)

大本和司 さん(兵庫・西宮市立深津中1年)

岩谷弦 さん(奈良市立二名中3年)

都呂須七歩 さん(大阪・吹田市立第三中3年)

谷本沙綾 さん(京都・精華町立精華西中3年)

若林麗 さん(広島大付属東雲中2年)

佐々木史佳 さん(大阪・枚方市立楠葉中3年)


第69回(2015)学生音コン

「第22回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門-中村太地さんが第3位

2015/09/13(日) 12:30:43

9月12日、オーストリアのペルチャッハで、「第22回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門のファイナルの審査が行われ、日本の中村太地さんが第3位に入賞した。


1st prize  Cosima Soulez Lariviere (The Netherlands/France)

2nd prize  Matouš Pěruška (Czech Republic)

3rd prize  Daichi Nakamura (Japan)


公式サイト

公式フェイスブック

尚、すでに各メディアが報じているように、同コンクールでは9月11日に行われたピアノ部門のファイナルで、日本の安藤真野さんが優勝している。

「安藤真野さんがピアノ1位 ブラームス国際コンクール ドイツ中心の演奏活動」(9月12日付「産経ニュース」)



2015年国際コンクール

「第34回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」−ファイナリスト6名

2015/09/11(金) 22:39:51

「第34回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(イタリア・ゴリツィア)のセミファイナル(第2ステージ)の審査結果が発表され、ファイナリスト6名が決まった。


Olga Iakushina(ロシア)

Stepan Lavrov(ロシア)

Paolo Tagliamento(イタリア)

Nitzan Bartana(イスラエル)

Gabriele Ceci(イタリア)

Ekaterina Valiulina(ロシア)


公式サイト

YouTube 映像




2015年国際コンクール

「第22回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門-ファイナリスト3名

2015/09/11(金) 19:29:40

「第22回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(オーストリア・ペルチャッハ)のセミファイナル(第2ラウンド)の審査が行われ、日本の中村太地さんら3名のファイナリストが決まった。


Daichi Nakamura (Japan)

Matouš Pěruška (Czech Republic)

Cosima Soulez Lariviere (The Netherlands/France)


公式サイト

公式フェイスブック





2015年国際コンクール

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.