FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2012/01 1234567891011121314151617181920212223242526272829 2012/03 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

スポンサーリンク

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

PR

ホーム

「超時空お風呂漫画」の作者は、実は「ヴァイオリンかじっター」

2012/02/23(木) 02:00:31

ベストセラーコミック『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリ氏のお母様は、元ヴィオラ奏者で、かつて札幌交響楽団に在籍。現在はヴァイオリンの指導者(78歳)である。

従って娘が、幼少の頃より、「おけいこニスト」たる境遇下に置かれたのは当然のことであった。

「ヴァイオリンは、ものすごくハードにやらされたので爆発して、小3くらいのときにヴァイオリンを床にたたきつけましたね。ぶん殴られましたけどね、その時は。」「ヤマザキマリさん インタビュー!」(講談社コミックプラス)

そして、孫にもまた、「超トラばあば」(スーパー・タイガー・グランマ)であったのだ。

「私は一切させていなかったんですが、母が無理やり、やっぱりヴァイオリンをやらせたんですね。まだ2歳か3歳くらいのときに。私は泣いて「私と同じような辛酸をなめさせるのはやめてほしい」って言ったんですけど、「どこにどういう才能があるかわからないから持たせてみなさい」って。」(同上)

その強烈なインパクトを放つ母・リョウコ氏が登場する子育てコミックエッセイ「立っている者は母(リョウコ)でも使え!」が、文藝春秋の CREA WEB に連載されている。

そして、4月28日には、いよいよ「超時空お風呂映画」が公開される。実に素敵なキャストである。






この人とヴァイオリンTB:0CM:0

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.