FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2006/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2006/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

スポンサーリンク

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

楽天

ホーム

戦時中に行われた「楽しい名曲コンサート」

2006/06/27(火) 23:49:09

太平洋戦争渦中の1942年(昭和17年)のプロのオーケストラの演奏会スケジュールを見ていると、ある興味深い事実に気づかされる。

1942年(昭和17年)

5月17日 青年日本交響楽団ポピュラー・コンサート(夜、日比谷公会堂) 
シューベルトの夕  服部正(指揮)
シューベルト《未完成交響曲》、シューベルト《ロザムンデ舞曲》、シューベルト《ロザムンデ》序曲、シューベルト《軍隊行進曲》、シューベルト《小夜曲》(磯村澄子 独唱)、シューベルト《鱒》(磯村澄子独唱)、シューベルト《菩提樹》(磯村澄子 独唱)

8月1日 東京交響楽団プロムナード・コンサート(夜、日比谷公会堂)
グルリット(指揮)
ウェーバー 歌劇《魔弾の射手》序曲、シューベルト《交響曲第8番》、メンデルスゾーン《真夏の夜の夢》、ボロディン《2つのポロウィッツ舞曲》

8月24日 東京交響楽団第2回プロムナード・コンサート(午後、日比谷大音楽堂)
尾高尚忠(指揮)
モーツァルト《小夜曲》、ドヴォルザーク《交響曲「新世界」》、ベルリオーズ《羅馬の謝肉祭》

9月27日 名曲鑑賞定期演奏会第1回「フランス音楽の夕」(夜、日比谷公会堂)
ドビュッシー《子どもの領分》(草間加寿子 ピアノ)、フォーレ《夜曲》(草間加寿子 ピアノ)、ラヴェル《小奏鳴曲》(草間加寿子 ピアノ)、ラヴェル《逝ける王女のためのパヴァーヌ》(倉田高=チェロ、高木東六=ピアノ)、フォーレ《哀歌》(倉田高=チェロ、高木東六=ピアノ)、フォーレ《紡ぎ女》(倉田高=チェロ、高木東六=ピアノ)、ドビュッシー《奏鳴曲》(倉田高=チェロ、高木東六=ピアノ)

「ポピュラー」(英語)や「プロムナード」(「散歩道」:フランス語)といった、おしゃれで小粋な演奏会のタイトルと、楽しめる名曲の数々。

ドヴォルザークの交響曲「新世界」は周知のように当時の敵国「アメリカ」を指しており、アメリカの黒人霊歌の影響を受けた作品である。

草間加寿子、高木東六、倉田高志のラヴェル・ドビュッシー、フォーレ。何と魅力的なプログラムだろうか。2006年の東京でそのまま開催しても全く何の違和感もないラインナップである。

このような演奏会が、「楽壇総動員大演奏会」や、「恤兵金献納音楽会」、「日本音楽文化協会主催国民士気昂揚大音楽会」、「新興音楽会主催陸海軍恤兵金募集皇軍将兵に感謝する音楽会」、「軍艦行進曲記念碑建設のための大演奏会」などの戦争の時代を痛感させる物々しい名前の演奏会の狭間で、幾度となく着実に開催されているのだ。

ちなみに「プロムナード・コンサート」という名称は、現在、東京都交響楽団が公演名として使用している。



その他TB:0CM:0

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.