FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2020/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/11 >>

Profile

Vioron

Profile:Vioron
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

公演情報等の掲載依頼について

ご依頼は必ず Facebook「ビバおけ」へのメッセージをご利用下さい。お問い合わせフォームでのご依頼はお受けできません。

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

「第22回日本演奏家コンクール」弦楽器部門-受賞結果

2020/09/27(日) 01:49:01

「第22回日本演奏家コンクール」が、9月20日と26日に、横浜みなとみらい小ホールで行った弦楽器部門(大学生の部を除く)の本選の受賞結果を公式サイトに速報した。

本選は、9月19日からイベントの人数制限を緩和する政府の方針を受け、一般公開で行われた。(入場者は連絡先と体温を記載した紙と身分証明書を提示)

同コンクールは、新型コロナウイルスの影響で1次予選を中止とし、2次予選の実演審査(非公開)からのスタートとなり、本選では実演と共に動画での審査も併用した。

弦楽器部門の各部の本選進出者は、未就学児4名、小学生低学年6名、小学生高学年10名、中学生12名、高校生32名、大学生41名、一般A12名。

学生音コンや日本音コン同様、高校生以上の参加が積極的との印象を受ける。

10月2日に行われる大学生の部の1位〜3位までの結果は、当日中に公式サイトに速報される。

▶︎ 公式サイト

同コンクールはマイページを設けて参加者個々に情報を発信しているが、こうした取組は今後のコンクールのニューノーマルとなるかもしれない。




2020年国内コンクール

「第89回日本音楽コンクール」-本選進出4名

2020/09/14(月) 01:06:50

9月13日、トッパンホールで「第89回日本音楽コンクール」バイオリン部門の第3予選が非公開で行われ、第2予選通過12名のうち4名が、10月25日に東京オペラシティコンサートホールで行われる本選に駒を進めた。

▶︎ 公式サイト

▶︎ 毎日新聞ニュースサイト




2020年国内コンクール

「第89回日本音楽コンクール」-第3予選進出12名

2020/09/13(日) 01:29:56

9月11日・12日、トッパンホールで「第89回日本音楽コンクール」バイオリン部門の第2予選が非公開で行われ、32名(第1予選通過31名+第1予選免除1名)のうち12名が、13日の第3予選への進出を決めた。

▶︎ 公式サイト

▶︎ 毎日新聞ニュースサイト




2020年国内コンクール

「第13回国際ジュニア音楽コンクール」-受賞結果

2020/09/12(土) 13:38:46

8月18日・19日、五反田文化センター音楽ホールで「第13回国際ジュニア音楽コンクール」の会場審査部門の本選が、関係者限定の公開で行われ、受賞者が決まった。

同コンクールは今回、審査を「会場部門」と「動画部門」の両建てで行う新たな実施形態を導入した。

「動画部門」の審査結果は、11月末に発表される予定。

※以下、ビバおけでは同コンクール後援の一環として、主催者提供情報に基づき受賞結果を掲載しています。


【ヴァイオリン A部門】(未就学児)

第1位
松島 菫子 さん

第2位
遠藤 旭依 さん

第3位
桐谷 紗和 さん

第4位
川田 晋太郎 さん

第4位
田村 舞葉 さん

第5位
内藤 千寿 さん

第5位
竹口 詠夢 さん

第6位
和田 薫乃 さん

第6位
上野 真帆 さん

入選
桐田 栄博 さん

入選
宇津木 栄助 さん

入選
名藤 仁 さん

入選
本田 粋蓮 さん

入選
前田 優太 さん

入選
佐々木 琴音 さん

入選
市島 彩 さん

入選
金澤 惺矢 さん

入選
作田 稜青 さん

入選
清野 たく海 さん

入選
藤田 芽生 さん


【ヴァイオリン B部門】(小学1・2年生)

第1位
齋藤 れい さん

第2位
麻野 由珠夏 さん

第2位
ドゥアラ アディ さん

第3位
齋藤 礼旺 さん

第4位
樋口 怜央奈 さん

第4位
岩波 慈恩 さん

第5位
垣内 はる菜 さん

第6位
江原 望花子 さん


【ヴァイオリン C部門】(小学3・4年生)

第1位
米井 咲絢 さん

第2位
黒木 午帝 さん

第2位
福地 りべか さん

第3位
千原 凛子 さん

第4位
江原 竜太朗 さん

第5位
野澤 蒼生 さん

第5位
西村 咲良 さん

第6位
堂野 大地 さん

第6位
鈴木 杏菜 さん


【ヴァイオリン D部門】(小学5・6年生)

第1位
加藤 碧晄 さん

第1位
吉川 桜子 さん

第2位
柳澤 凜 さん

第2位
渡部 勇一 さん

第3位
伊澤 七海 さん

第4位
折井 悠人 さん

第5位
山﨑 大資 さん

第5位
緒方 理乃 さん


【ヴァイオリン E部門】(中学生)

第1位
佐藤 恵理香 さん

第1位
福水 万里子 さん

第2位
平田 瑠菜 さん

第2位
岸 万美子 さん

第3位
江畠 篤也 さん

第4位
マカヴォック 孝仁 さん

第4位
楽 蓮 さん

第5位
中島 向日葵 さん

第5位
東出 光瑚蕗 さん

第6位
鈴木 胡桃 さん

第6位
黒澤 まりい さん


【ヴァイオリン F部門】(高校生)

第1位
大久保 薫子 さん

第2位
伊東 咲耶 さん

第3位
鈴木 双葉 さん

第3位
田村 咲葉 さん

第4位
鈴木 真悠 さん

第5位
渥美 結佳子 さん

第6位
松浦 梢 さん

第6位
則久 雅子 さん


▶︎ 公式サイト




2020年国内コンクール

「第89回日本音楽コンクール」-第2予選進出31名

2020/09/11(金) 11:00:53

9月8日〜10日、トッパンホールで「第89回日本音楽コンクール」バイオリン部門の第1予選が非公開で行われ、応募122名のうち31名が、11日・12日の第2予選への進出を決めた。

応募数120名台は8年ぶり。

むしろコロナ禍により、「ステージでの貴重な実演の機会だから出場しよう」との気概が醸成された側面もあるのかもしれない。

エントリー数推移:
2011年90名→128名→106名→119名→99名→90名→109名→110名→111名→122名

▶︎ 公式サイト

▶︎ 毎日新聞ニュースサイト





2020年国内コンクール

「第18回東京音楽コンクール」弦楽部門-受賞結果

2020/08/28(金) 11:44:17

8月27日、東京文化会館大ホールで「第18回東京音楽コンクール」弦楽部門の本選(公開)が行われた。

ファイナリスト5名が、角田鋼亮氏指揮:日本フィルハーモニー交響楽団と協奏曲を共演、受賞者が決まった。


第1位・聴衆賞
前田妃奈 さん(ヴァイオリン)

第2位
佐々木つくし さん(ヴァイオリン)

第3位
福田麻子 さん(ヴァイオリン)

第3位
北村陽 さん(チェロ)

第3位
有冨萌々子 さん(ヴィオラ)

※同位は演奏順

海外からの審査員と出場者の参加が不可能となった点、公開審査時の客席が指定席になった点を除くと、当初、飛沫や密集対策が懸念された金管部門の開催とオーケストラ共演が感染予防措置を講じつつ実現し、ほぼ通常通りの運営形態となった。

応募段階からオールドノーマルを堅持する方針は結果的に成功した形だが、コロナの時代の新たなコンクール様式への取り組みという点では物足りなさを感じた。


▶︎ 公式サイト




2020年国内コンクール

「第18回東京音楽コンクール」弦楽部門-本選進出5名

2020/08/21(金) 16:46:10

8月21日、東京文化会館小ホールで「第18回東京音楽コンクール」弦楽部門の第2次予選(公開)が行われた。

第1次予選通過10名と第1次予選を免除された1名(前回の弦楽部門入賞者)の計11名がそれぞれ課題曲を演奏、5名(ヴァイオリン3名、ヴィオラ1名、チェロ1名)が8月27日に行われる本選への進出を決めた。

▶︎ 公式サイト




2020年国内コンクール

日本音コン本選演奏が欧州放送連合へ コンクール歴は本当に物を言うのか?

2020/08/10(月) 19:30:23

「日本音楽コンクール」規約第5条
▶︎「EBU(ヨーロッパ放送連合)を通じて、本選の演奏を加盟放送機関に紹介することにより、世界の楽壇への登場を促す」

コンクールの入賞歴は本当に物を言うのか?(ヴァイオリニア)



2020年国内コンクール

「日本音コン」 予選を「非公開」に 求められる4つ目の「密」の回避

2020/08/05(水) 11:13:05

8月3日、「第89回日本音楽コンクール」が、トッパンホールで8月28日から始まる予選審査会を非公開とし、入場券の販売は行わないと発表した。

7月27日にホール審査の実施を発表した時点では、無観客での非公開審査には言及していなかった。

東京都の感染者数が過去最多を記録し、全国的にも感染が拡大している状況の中、学生音コン東京大会も無観客での実施を決定しており、従来通りの観客ありでの実施は困難と判断したものと思われる。

通常開催にこだわる姿勢が見え隠れし、対策が後手に回っている印象は否めない。

予選当日の感染予防対策による3密の回避と共に、コンクールには4つ目の密である「密室」への対応も求められている。

予選でどのような演奏がなされて、それがどのように審査されたのか。

緊急の特例措置とはいえ、審査の「非公開」制が、審査の「密室」性を高めてしまうことに繋がってはならない。

予選のライブ配信が是非とも望まれる。

▶︎ 日本音コン公式サイト

▶︎ 「日本音コン」 予定通り会場開催を告知 状況次第では映像審査も(7/27 ビバおけ)



2020年国内コンクール

「日本音コン」 予定通り会場開催を告知 状況次第では映像審査も

2020/07/27(月) 19:33:01

7月27日、「第89回日本音楽コンクール」が、予選を予定通り会場で実施すると発表した。

但し、緊急事態宣言の発令等で会場への移動が困難になった場合等は、映像審査に切り替える可能性がある。

トッパンホールでの予選は、8月28日にピアノ部門の第1予選がスタート、9月25日まで、5部門(ピアノ・バイオリン・声楽・ホルン・チェロ)で、計25のセッションが予定されている。※作曲部門は譜面審査

セッションは9日間連続する場合もあり、日程面の「密」は避けられない状況だ。

また会場では、従来通り、観客を入れる運営を想定している。

最大限の感染防止策を講ずるとしているが、それはどのような内容なのか?

「慎重の上にも慎重を重ね、万全の体制で臨む。不安を払って挑戦してほしい」とするのなら、十分かつ速やかな告知に努めて欲しいところだ。

▶︎ 日本音コン公式サイト

▶︎ 「「音コン」「学生音コン」開催へ 会場は「3密」避け、申し込み電子化 コロナ対策、万全の体制」(6月30日付「毎日新聞」東京夕刊)




2020年国内コンクール

毎日新聞がオンライン吹奏楽コンクールを共催

2020/07/17(金) 23:25:26

朝日新聞主催の「全日本吹奏楽コンクール」が中止となる中、YouTube による動画審査を取り入れた新たな吹奏楽ソロコンクールが生まれた。

「第1回学生吹奏楽コンクール・オンライン」。

主催は毎日新聞社と株式会社NOIAB(ノイア)。

株式会社NOIAB(ノイア)は、プロ奏者と吹奏楽部員とをつなぐオンラインレッスンアプリ「NOIAB(ノイア)」を開発したスタートアップ企業だ。

1次審査(9月初旬)と2次審査(10月下旬)はYouTubeによる動画審査で、各部門上位5名前後がファイナルに進出。

ファイナルは12月21日〜23日に桐朋学園大学仙川キャンパスで無観客での会場審査を行う。(ライブ配信あり)

対象は中1〜高3、実施部門はフルート、クラリネット、サクソフォン、トランペット、ホルン、トロンボーンの6部門。

課題曲は3分以上15分以内の任意の曲。

審査員は国内外で活躍中のプロ奏者を予定している。

主催が毎日新聞で、会場が桐朋学園となれば、ある線が仄見えてくるが、「新たなコンクール様式」が求められる中、毎日新聞が朝日新聞に対抗して本気で吹奏楽に参入するつもりなのかは定かではない。

▶︎ 公式サイト

▶︎ PR TIMES プレスリリース




2020年国内コンクール

ホールが演奏者にマスク着用を「義務付け」 やむなく会場変更へ

2020/07/16(木) 22:56:39

「第30回日本クラシック音楽コンクール」(クラコン)が、8月の予選で使用予定だった浦安音楽ホールを他の会場に変更すると発表した。

浦安音楽ホールは、新型コロナウイルスの感染予防対策として、管楽器の使用を不可とし、演奏者にはマスクの着用を義務付ける厳しいルールを設けており、すでに「第22回日本演奏家コンクール」も会場変更を余儀なくされていた。

クラコンは公式サイトで、浦安市及び浦安音楽ホールと協議したことを明らかにし、マスク着用義務付けの方針に変更がなかったため、「新型コロナウイルス感染症予防の観点からマスク着用は有効ですが、慣れないマスク着用での演奏で酸欠等の危険が伴う可能性があり、当協会では会場変更という形でご対応させていただきます」としている。

▶︎ 日本クラシック音楽コンクール公式サイト

尚、政府の専門家会議の提言に応じて作成された「全国公立文化施設協会(公文協)」の感染拡大予防ガイドラインには、「(出演者には)表現上困難な場合を除き原則としてマスク着用を求める」と記載されているが、同ガイドラインはすべての項目の実施が活動再開の必須条件ではなく、基本となる感染予防策を実施した上で、より感染予防効果を高めるための推奨事項として、今後の取組の参考に作成されたものである。

▶︎ 出演者も原則マスク着用 音楽ホールなど加盟の団体が指針公表(ヴァイオリニア)




2020年国内コンクール

「第18回東京音楽コンクール」弦楽部門-第1次予選通過10名 本選はオーケストラとの共演予定に変更なし

2020/07/06(月) 21:37:55

7月4日〜6日、東京文化会館小ホールで「第18回東京音楽コンクール」弦楽部門の第1次予選(非公開)が行われ、10名が第2予選への進出を決めた。

第2次予選(セミファイナル)は8月21日に小ホールで、本選は8月27日に大ホールで、いずれも公開審査とし、本選は角田鋼亮氏指揮:日本フィルハーモニー交響楽団との共演で行う方針に今のところ変更はない。

第2次予選と本選は、感染予防対策を講じた上で、観客ありで行うが、客席の間隔を確保するため、自由席を指定席に変更する。

ピアノ部門と金管部門も第1次予選の結果が発表されており、こちらも予定通り第2次予選と本選が行われる。

▶︎ 公式サイト



2020年国内コンクール

「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」-受賞結果

2020/06/28(日) 20:34:37

6月28日、Hakuju Hall で「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」の本選が行われ、受賞者が決まった。


【カテゴリー1】
(小学1、2年生部門)

第1位
出口 結唯 さん

第2位
伊藤 勇星 さん

第3位
加附 愛梨 さん

入賞
吉村 愛里 さん

入賞
三井 愛子 さん

入賞
深見 亮太 さん


【カテゴリー2】
(小学3、4年生部門)

第1位
徳野 有理 さん

第2位
廣川 心海 さん

第3位
秦 彩乃 さん

入賞
伊藤 華帆 さん

入賞
池上 綾音 さん

入賞
江尻 ゆい さん

入賞
松尾 唯加 さん


▶︎ 公式サイト




2020年国内コンクール

「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」-本選進出13名

2020/06/27(土) 20:08:33

6月27日、白寿生科学研究所 本社ビル1階ロビーで「第3回白寿こどもヴァイオリンコンクール」の予選が行われ、 カテゴリー1(小学1、2年生部)は6名、カテゴリー2(小学3、4年生部門 )は7名が、28日の本選への進出を決めた。

▶︎ 公式サイト




2020年国内コンクール

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

【ビバおけ】 書評リスト


ビバおけに掲載した主な書評をピックアップ
書評リスト

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.