FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2019/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/01 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

スポンサーリンク

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

楽天

「第7回(2020)洗足学園室内楽フェスティヴァル」-マスタークラス受講生募集

2019/12/10(火) 16:52:14

2020年3月14日~20日に開催される「第7回洗足学園室内楽フェスティヴァル」がマスタークラスの受講生を募集している。

講習形式は、個人参加のAコース(申込者2名と講師による室内楽チーム)か、グループ参加のBコース(既存アンサンブルチームで各講師のレッスンを受講)。※担当講師の指名は原則不可

いずれも、期間中に3回のリハーサル形式のレッスンを受講し、受講生全員による室内楽コンサートで成果を披露する。

講師陣は以下の通り。※予定

●Violin
 池田菊衛先生、水野佐知香先生、永峰高志先生、沼田園子先生、川田知子先生 

●Viola
 磯村和英先生、百武由紀先生、大野かおる先生、安藤裕子先生、須田祥子先生、大島亮先生 

●Violoncello
 木越洋先生、菊地知也先生、藤村俊介先生、山本祐ノ介先生、羽川真介先生、海野幹雄先生

●Piano
 山田武彦先生、田中麻紀先生


■定員
(Aコース):ヴァイオリン20名、ヴィオラ8名、チェロ8名、ピアノ4名、計40名程度
(Bコース):10グループ程度

■対象
原則として2020年1月1日時点で中学生以上40歳以下(Bコースはグループ内の平均年齢)で、プロフェッショナルの演奏家を志し、特に室内楽の分野に意欲的な人

■申込期間
2019年12月2日~2020年1月20日 ※消印有効

■受講料
(Aコース):6万円
(Bコース):デュオは一人につき5万円。デュオ以外の編成は一人増える毎にプラス3万円
※トリオは8万円、カルテットは11万円

公式サイト



公開レッスン・マスタークラス情報

テディ・パパブラミ(ジュネーヴ高等音楽院教授)特別レッスン in 東京 & 奈良

2019/12/03(火) 11:14:15

ジュネーヴ高等音楽院教授で、「1993年サラサーテ国際ヴァイオリンコンクール」第1位。

『ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ』の著者としても知られるテディ・パパブラミ氏の特別レッスンが奈良と東京で開催される。

【日時】

奈良: プライベートレッスン
2019年12月20日(金)~2020年1月10日(金)
※希望日時相談可

東京: 公開レッスン
2020年1月15日(水)12:00~18:30
※受講生最大6名

【受講料】

60分: 2万8千円(小学生2万3千円)
90分: 3万8千円

フランス語通訳: 5千円
通訳なしの英語でのレッスンも可能

公開レッスン聴講料: 2千円
※中学生以下1千円

【場所】

奈良: 音楽サロン シェモザー(奈良県葛城市)
※近鉄南大阪線 磐城駅よりタクシーで5分

東京: 渋谷ホール&スタジオ(渋谷区桜丘町15-17)
※渋谷駅から徒歩3分

「テディ・パパヴラミ 特別レッスンについて&申込みフォーム」

【書籍】『ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ』-ジュネーヴ高等音楽院教授(「サラサーテ国際」覇者」)の波乱の青春記




公開レッスン・マスタークラス情報

【令和2年新春】「第27回河口湖ヴァイオリンセミナー」-“パガニーニ弾きの鬼才”を招聘、基礎科も併設

2019/11/21(木) 13:54:47

2020年1月2日~6日、山梨県富士河口湖町で「第27回河口湖ヴァイオリンセミナー」が開催される。

講師陣は毎年恒例の国内教授陣に加え、ニューヨークからアレキサンダー・マルコフ氏を招聘。

マルコフ氏は、「第29回(1982)パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」最高位(第2位)入賞。圧巻のパガニーニ:24のカプリース全曲のDVDをリリースした “パガニーニ弾きの鬼才”として知られる。

今回はマスタークラス(小学校4年生以上)と共に、基礎クラスも併設される。

マスタークラスの修了コンサートで優秀な演奏を行った受講生は、リサイタル形式の「新しい風」コンサートへの出演権を授与される。

応募締切は、当初11月22日(金)となっていたが、12月1日(日)に延長された。

公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

「国際音楽祭NIPPON 2020」-公開マスタークラス:応募締切12月9日

2019/11/19(火) 13:22:25

2020年3月14日・15日、東京音楽大学・池袋キャンパスで「国際音楽祭NIPPON 2020」の公開マスタークラスが開催される。

講師は、諏訪内晶子氏とスヴェトリン・ルセフ氏(ジュネーヴ高等音楽院教授)。

対象は、小学生(原則6~12歳)と中学生以上(原則13~25歳) 。

1レッスン50分間×2日間で、受講料は小学生が1万円(税込)、中学生以上が5万円(税込)。(伴奏ピアニストは小森谷裕子氏と林絵里氏)

最終日に受講生による修了演奏会が開催される。

募集人員は10名。

受講生は、演奏動画(技巧的な1曲を含む任意の2曲計15分程度)を参考に、総合的に決定される。

応募締切は2019年12月9日(月) ※必着

公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

独マクデブルク歌劇場コンマスによるマスタークラス2019

2019/06/13(木) 18:55:51

20年以上にわたりドイツ・マクデブルク歌劇場のコンサートマスターを務める山下洋一氏によるマスタークラスが、7月に東京で行われる。

【日時・場所】
●7月22日(月)10:00~16:00 / 北里楽器フェルマータ(西武池袋線江古田徒歩約5分)
●7月23日(火)10:00~16:00 / バッハはうす(西武池袋線椎名町徒歩約5分)

【募集】
定員10名

【受講料】
1レッスン(60分) 2万円

【締切】
6月21日(金) ※定員に達し次第締切り

公式サイト





公開レッスン・マスタークラス情報

「第9回若い芽の弦楽アンサンブル アカデミー in 軽井沢 2019」-受講生募集中

2019/04/11(木) 21:35:44

8月7日〜8月11日、軽井沢大賀ホールで開催される「第9回若い芽の弦楽アンサンブルアカデミー in 軽井沢 2019」が受講生を募集している。

講師陣は、同アカデミー実行委員長のヴァイオリニスト吉田恭子氏(江藤俊哉、アーロン・ロザンドの各氏に師事)、ウィーン・フィル(1994〜2001)、読売日本交響楽団(2013〜2016)のコンマスを歴任したニュルンベルク音楽大学教授のダニエル・ゲーデ氏ら。

アンサンブル能力の向上を目指す5日間の合宿プログラムだが、1対1の個人レッスンも組み込まれており、最終日には優秀な受講生による選抜コンサートが実施される。

応募資格は、小学4年生〜大学生(2019年4月時点)で、募集人員は、ヴァイオリン16名・ヴィオラ 5名・チェロ 4名の予定。

応募締切は5月10日(金)※必着

公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

【2019新春】「第26回河口湖ヴァイオリンセミナー」-国内外8教授体制にグレードアップ

2018/11/14(水) 19:26:54

2019年1月2日~6日、山梨県富士河口湖町で「第26回河口湖ヴァイオリンセミナー」が開催される。

今回は基礎クラスをなくし、国内外8教授によるマスタークラスのみとし、36名を募集する。

優秀な受講生は、リサイタル形式の「新しい風」コンサートへの出演権を得る。

応募締切は11月25日(日)。

公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

【美しい音の探求】「第19回 カヤレイ・ヴァイオリン・アカデミー」マスタークラス 2018 春 in 東京-締切を3月30日に延長

2018/03/25(日) 11:16:00

受講生それぞれのレベルにおける美しい音への探求をテーマに掲げるハビブ・カヤレイ氏によるマスタークラス。

5月に東京で開催されるが、まだ定員に若干の余裕があり、事務局では3月30日(金)まで締切を延長し、受講生を募集している。

公開レッスンは5月3日・4日の2日間。受講料は1レッスン60分で3万円(通訳・ピアニスト含む)。

過去に受講したことがある場合は音源提出は不要。初受講者で音源提出が間に合わない場合は、事務局宛にその旨をメールか電話で伝える。

公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

【ロザンド直系&ウィーン・フィル元コンマス】「第8回若い芽の弦楽アンサンブル アカデミー in 軽井沢 2018」-受講生募集中

2018/03/17(土) 15:55:37

8月7日〜8月11日、軽井沢大賀ホールで開催される「第8回若い芽の弦楽アンサンブルアカデミー in 軽井沢 2018」が受講生を募集している。

講師陣は、同アカデミー実行委員長のヴァイオリニスト吉田恭子氏(江藤俊哉、アーロン・ロザンドの各氏に師事)、ウィーン・フィル(1994〜2001)、読売日本交響楽団(2013〜2016)のコンマスを歴任したニュルンベルク音楽大学教授のダニエル・ゲーデ氏ら。

アンサンブル能力の向上を目指す5日間の合宿プログラムだが、1対1の個人レッスンも組み込まれており、最終日には優秀な受講生による選抜コンサートが実施される。

応募資格は、小学4年生〜大学生(2018年4月時点)で、募集人員は、ヴァイオリン16名・ヴィオラ 5名・チェロ 4名の予定。

応募締切は5月11日(金)※必着

公式サイト







公開レッスン・マスタークラス情報

【チュマチェンコ直系】 ルーデンス・トゥルク(フォアアルベルク音大Vn科主任教授)公開レッスン

2018/02/14(水) 18:54:44

4月14日~16日、福岡県北九州市で、ルーデンス・トゥルク氏の公開レッスンが行われる。

ルーデンス・トゥルク氏は、ミュンヘン国立音楽大学でアナ・チュマチェンコ氏に師事。母校で客員として教鞭をとった後、2013年よりオーストリア国立フォアアルベルク音楽大学ヴァイオリン科の主任教授を務めている。

4月13日には特別コンサートも開催される。


「ミュンヘン国際音楽セミナー IN JAPAN 情熱のヴァイオリニスト ルーデンス・トゥルク教授特別コンサート及び公開レッスン」(「ミュンヘン国際音楽セミナー」公式サイト)



公開レッスン・マスタークラス情報

「ヴァイオリン骨体操講座」ヴィブラート実践編-音色のパレットを増やす

2018/02/13(火) 19:07:46

昨年度、音楽書でベストセラーとなった『ヴァイオリン骨体操』発刊から1年。

著者である遠藤記代子氏が、2月24日(土)にヤマハ銀座コンサートサロンで、ヴィブラートの実践をテーマとする骨体操の講座と個別クリニック(いずれも予約制)を実施する。

骨体操講座では、こちらも昨年出版されて話題となった『ヴィブラート教本』(山﨑千晶氏翻訳)がテキストとして使用される。


「ヴァイオリン骨体操講座 ヴィブラート実践編~音色のパレットを増やす~」(ヤマハミュージック公式サイト)




みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操




ヴィブラート教本: ヴァイオリンのための




公開レッスン・マスタークラス情報

ヴィルモシュ・サバディ(リスト音楽院 Vn科 主任教授)公開マスタークラス in 東京

2018/01/07(日) 02:04:19

リスト音楽院ヴァイオリン科主任教授のヴィルモシュ・サバディ氏の公開マスタークラスが、4月2日に東京・杉並区で開催される。

受講料は60分レッスン2万円、90分レッスン2万5千円。(2回受講の場合、2回目が2千5百円割引)聴講料は2千円。

申込・問合せはメールにて。


「リスト音楽院Vn:サバディ先生マスタークラス@東京杉並




公開レッスン・マスタークラス情報

【弦楽オーケストラセミナー】 チェコ・フィルの名手で構成 “Apollon Quartet” を迎えて

2018/01/06(土) 00:04:43

名門チェコ・フィルの奏者で構成された、チェコを代表する弦楽四重奏団 “Apollon Quartet” を講師に迎えて、弦楽オーケストラセミナーが2018年4月30日に東京・代官山で開催される。

受講曲は、A.ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調 作品22 全楽章。

受講料は3万5千円、募集定員は15名。

募集締切は2018年3月30日だが、定員になり次第締め切る。


「KPB弦楽オーケストラセミナー2018 with アポロン・クァルテット」




公開レッスン・マスタークラス情報

【2018新春】「第25回河口湖ヴァイオリンセミナー」-チェロクラスも併設

2017/11/16(木) 00:27:07

2018年1月2日~6日、山梨県富士河口湖町で「第25回河口湖ヴァイオリンセミナー」が開催される。

国内外7教授による充実した指導体制で、マスタークラス24名(小4以上)と基礎クラス15名(小学生以上)を募集するが、今回はチェロクラスも併設。

グレゴール・ピアティゴルスキーの秘蔵っ子で、「第6回(1978)チャイコフスキー国際コンクール」チェロ部門で優勝したナサニエル・ローゼン
氏を講師に迎える。

ヴァイオリンのマスタークラスとチェロクラスの優秀な受講生は、リサイタル形式の「新しい風」コンサートへの出演権を得る。

応募締切は11月25日(土)。


公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

【ヘルシンキ郊外の湖畔で31回目】 リスト音楽院ヴァイオリン科主任教授による初夏のマスタークラス

2017/11/15(水) 00:14:15

リスト音楽院ヴァイオリン科主任教授で、今年9月の「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」の審査員も務めたヴィルモシュ・サバディ氏が、フィンランド・ヘルシンキ郊外で毎年開催し、来年31回目を迎えるマスタークラスの募集要項が発表された。

期間は、2018年6月3日(日)〜9日(土)。

会場は、フィンランドのヘルシンキ西方約50キロに位置する湖畔の町ロホヤ。ヘルシンキ空港から送迎車で約50分の距離にある。

参加費用は、695ユーロ(現地での現金払い)

参加費用に含まれるのは、45分の個人レッスン6回以上(全参加者)、受講生コンサートへの出演(選抜者のみ)、ピアノ伴奏、全宿泊(バス付き二人部屋)、毎日3食、湖畔に立つ施設でのサウナとジムの利用、空港への往復送迎。

ヘルシンキへの往復航空券のみ参加費用には含まれていない。

申込締切は2018年4月15日だが、定員に達し次第締め切りとなる。

毎年、日本からも多くの参加があり、受講の満足度は高く、リピーターも増加しているので、主催者側は早目の検討を勧めている。


公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

楽天

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.