FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2019/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/11 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。過去10数年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

スポンサーリンク

カテゴリーメニュー

過去の記事(月別)

リンク

RSSフィード

PR

「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会【本選】小学校の部・中学校の部-受賞結果

2019/10/22(火) 13:54:14

10月20日、サントリーホール・ブルーローズで「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会・小学校の部と中学校の部の本選が行われ、受賞者が決まった。

小学校の部の入賞者6名はすべて小6で、昨年に続く連続入賞が3名(昨年第3位→今年第1位、昨年第2位→今年第2位、昨年第3位→今年第3位)。

中学校の部の第1位は第69回(2015)小学校の部東京大会第1位・全国大会第3位、第2位は昨年の第72回小学校の部全国大会第2位、第3位は第70回(2016)小学校の部東京大会第2位。奨励賞にも第70回(2016)小学校の部東京大会第3位、同小学校の部名古屋大会第3位の入賞者がおり、小学校の部ですでに実績を持つコンテスタンツが上位入賞を目指してしのぎを削る激戦が展開された。


■ 小学校の部 本選進出23名

第1位・全国大会進出
小西 真璃花 さん(小6)

第1位・全国大会進出
的場 桃 さん(小6)

第2位・全国大会進出
荻原 緋奈乃 さん(小6)

第3位・全国大会進出
松木 翔太郎 さん(小6)

奨励賞・全国大会進出
伊藤 素子 さん(小6)

奨励賞・全国大会進出
江畠 篤也 さん(小6)


■ 中学校の部 本選進出13名

第1位・全国大会進出
大久保 瑠名 さん(中2)

第2位・全国大会進出
大岩 宝新 さん(中1)

第3位・全国大会進出
五月女 陽 さん(中3)

奨励賞・全国大会進出
山口 洋紀 さん(中1)

奨励賞・全国大会進出
青山 遥香 さん(中3)

奨励賞・全国大会進出
鍋島 優歌 さん(中3)


毎日クラシック公式ブログ

【動画】「第11回国際ジュニア音コン」D部門(小5・6)入賞者(「ヴァイオリニア」)

【動画】「第11回国際ジュニア音コン」E部門(中学生)入賞者(「ヴァイオリニア」)



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」北九州大会【本選】-受賞結果

2019/10/21(月) 21:40:53

10月19日、響ホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」北九州大会の本選が行われ、各部の受賞者が決まった。

小学校の部では、昨年の第2位が第1位、学コン初トライアルの小4が第2位・第3位を獲得。

中学校の部では本選進出者5名全員が入賞した。


■ 小学校の部 本選進出6名

第1位・全国大会進出
深堀櫻子 さん(小6)

第2位・全国大会進出
阿部眞歩 さん(小4)

第3位
花岡桜 さん(小4)


■ 中学校の部 本選進出5名

第1位・全国大会進出
廣津いそら さん(中2)

第2位・全国大会進出
高祖のぞみ さん(中2)

第3位
甲斐さくら さん(中2)

奨励賞
岩﨑愛加 さん(中2)

奨励賞
小牧珠々寧 さん(中1)


■ 高校の部 本選進出6名

第1位・全国大会進出
柳澤音花 さん(高2)

第2位
小山田杏 さん(高2)

高2第3位
岡田千華 さん(高2)

奨励賞
上野遥夏 さん(高2)


毎日クラシック公式ブログ



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会【本選】-受賞結果

2019/10/21(月) 21:32:56

10月19日、ザ・フェニックスホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会の本選が行われ、各部の受賞者が決まった。

小学校の部では、学コン初トライアルの小4が、第1位・第2位・奨励賞を獲得した。


■ 小学校の部 本選進出10名

第1位・全国大会進出
富樫美玲 さん(小4)

第2位・全国大会進出
富樫音葉 さん(小4)

第3位・全国大会進出
大屋響 さん(小6)

奨励賞
吉村佳莉凪 さん(小6)

奨励賞
守山佳音 さん(小4)


■ 中学校の部 本選進出8名

第1位・全国大会進出
西岡舞桜 さん(中2)

第2位・全国大会進出
大野真依子 さん(中3)

第3位・全国大会進出
山﨑祥恩 さん(中3)


■ 高校の部 本選進出10名

第1位・全国大会進出
福岡真凜 さん(高2)

第2位・全国大会進出
首藤主来 さん(高2)

第3位・全国大会進出
窪田隼人 さん(高2)


毎日クラシック公式ブログ




第73回(2019)学生音コン

【毎日新聞】 学コン結果の紙面掲載を「翌日」から「翌々日」に変更

2019/10/21(月) 17:04:59

これまで学コンの結果は、新聞休刊日を除いて原則、審査日の翌日に「毎日新聞」朝刊紙面に掲載されてきた。

ところが、10月19日付の「毎日クラシック公式ブログ」が突然、今般の本選の結果掲載を審査日の翌々日にずらすと発表した。

紙面掲載を早く見たいと楽しみにしているコンテスタントらにとっては、とても残念な措置である。

別の報道(災害報道等)を優先するための紙面編成上の都合なのか、あるいは、学コンの取材と記事整理には時間と労力がかかるからこの際、翌日掲載をやめてしまうことにしたのか。

理由はわからないが、「ずっと継続してきたことを苦しいから辞める」というのであれば、教育の意義も担う学生コンクールとして、どうなのかなと思う。

参加者は皆、勉強・クラブ・受験にもめげず、災害をも乗り越えて、どんなことがあっても、ヴァイオリンやピアノを頑張って継続してきた。その姿を思い浮かべた上での決定だったのだろうか。

紙面掲載日を1日ずらす代わりなのか、公式ブログには、これまでの東京のみでなく、大阪・北九州の結果が速報されているが、なぜか名古屋大会の結果は出ていない。(10/22 11:00現在)

毎日クラシック公式ブログ





第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」北九州大会【予選】-本選進出17名

2019/09/23(月) 19:54:07

9月22日、響ホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」北九州大会の予選が行われ、参加33名中17名が本選への進出を決めた。

「学生音コン 北九州大会 バイオリン17人本選へ」(9月23日付ニュースサイト「毎日新聞」)

※昨年(2018)
小学校の部:本選進出4名
中学校の部:本選進出6名
高校の部 :本選進出5名

※一昨年(2017)
小学校の部:本選進出7名
中学校の部:本選進出6名
高校の部 :本選進出6名



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」名古屋大会【予選】-本選進出16名

2019/09/11(水) 09:28:41

9月8日、今池ガスホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」名古屋大会の予選が行われ、参加44名中16名が本選への進出を決めた。

「学生音コン名古屋 バイオリン予選 小中高16人通過」(9月10日付ニュースサイト「毎日新聞」)

※昨年(2018)
小学校の部:参加16名、本選進出5名
中学校の部:参加12名、本選進出5名
高校の部 :参加18名、本選進出7名

※一昨年(2017)
小学校の部:参加12名、本選進出4名
中学校の部:参加22名、本選進出6名
高校の部 :参加17名、本選進出6名



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会【予選】高校の部-本選進出13名

2019/09/07(土) 13:42:13

9月5日・6日、東京オペラシティ・リサイタルホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会・高校の部の予選が行われ、エントリー78名のうち13名が本選への進出を決めた。(昨年は88名中13名、一昨年は81名中11名が本選進出)

「学生音コン バイオリン高校・東京大会 13人が本選へ」(9月7日付ニュースサイト「毎日新聞」)



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会【予選】高校の部-本選進出10名

2019/09/03(火) 10:04:31

9月2日、ザ・フェニックスホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・高校の部の予選が行われ、10名が本選への進出を決めた。(昨年は39名中9名、一昨年は30名中8名が本選進出)

毎日クラシック公式ブログ





第73回(2019)学生音コン

【ブログ史上初】 毎日クラシック公式ブログが学コン大阪大会予選を速報!

2019/09/02(月) 13:43:53

これまで学コンについては、東京大会と全国大会の結果速報しかしてこなかった公式ブログが、どういう訳か大阪大会の小学校と中学校の部の予選結果を速報した。

もっとも名古屋大会の結果は速報していないので、「東京大会の結果速報だけでは不平等」との従来からあったであろう批判に応えたものとは思えない。

ブログ史上初の快挙というよりも、単なる気まぐれだろうか。

そして大阪の小・中学校の結果が、ニュースサイト「毎日新聞」に上がってこないのも謎である。

毎日クラシック公式ブログ

ニュースサイト「毎日新聞」全日本学生音楽コンクール

※追記
この後、ニュースサイト「毎日新聞」に大阪・中学校の部の結果を伝える記事が何故か2本掲載された。(9/2 21時現在)



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会【予選】小学校の部-本選進出10名

2019/09/02(月) 11:43:32

9月1日、ザ・フェニックスホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・小学校の部の予選が行われ、10名が本選への進出を決めた。(昨年は7名、一昨年は26名中8名が本選進出)

毎日クラシック公式ブログ



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会【予選】中学校の部-本選進出8名

2019/09/02(月) 11:39:03

8月31日、ザ・フェニックスホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・中学校の部の予選が行われ、32名中8名が本選への進出を決めた。(昨年は26名中9名、一昨年は34名中10名が本選進出)

「学生音コン 大阪大会予選 中学バイオリン、8人が通過 /大阪」(9月2日付ニュースサイト「毎日新聞」)


第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会【予選】中学校の部-本選進出13名

2019/08/27(火) 21:50:57

8月27日、東京オペラシティ・リサイタルホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会・中学校の部の予選が行われ、エントリー66名のうち13名が本選への進出を決めた。(昨年は67名中15名、一昨年は82名中16名が本選進出)

「学生音コン東京大会 バイオリン中学の部は13人が本選へ」(8月27日付ニュースサイト「毎日新聞」)



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会【予選】小学校の部-本選進出23名

2019/08/24(土) 20:54:11

8月24日、東京オペラシティ・リサイタルホールで「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会・小学校の部の予選が行われ、エントリー78名のうち23名が本選への進出を決めた。(昨年はエントリー90名、本選進出22名、一昨年はエントリー76名、本選進出22名)

「バイオリン小学校の部は23人が本選へ 学生音コン東京大会開幕」(8月24日付ニュースサイト「毎日新聞」)

※ビバおけでは昨年より、ニュースサイト「毎日新聞」による学生音コンの予選結果に関する記事が有料読者限定となったことに鑑み、入選者の氏名を掲載しないこととしました。楽しみにされている方々には誠に申し訳ございませんが、ご理解頂きたくお願い申し上げます。



第73回(2019)学生音コン

「第73回全日本学生音楽コンクール」バイオリン部門【東京大会予選】-参加者数は小・中・高すべて低迷、小・中は2日目の審査なし

2019/08/16(金) 14:25:49

8月8日、「毎日新聞」東京朝刊に「第73回全日本学生音楽コンクール」東京大会予選に関する社告が掲載され、今年の参加者数が明らかになった。

バイオリン部門小学校の部は78名で、昨年(90名)より12名減少。

2日間予定されていた予選の審査は1日だけ(8月24日)と、2016年・2017年と同様の事態となった。

近年の参加者数低迷は、構造的問題(少子化、専門を目指すおけいこ二スト層の減少)に加え、学コンに内在する諸問題(課題曲の難易度、審査の硬直性、旧態然の権威主義的運営方法等)によるものかもしれない。

ちなみに、ビバおけのテンション減退による盛り上げ気力の低下、そこから転じての学コンへのディスりにも一因があるとの見方があるかどうかは定かではない。

小学校の部のここ13年間の参加者数推移は、104名→104名→93名→96名→86名→91名→65名→84名→93名→64名→76名→90名→78名(今年)。

さらに中学校の部は66名と、「歴史的レベルでの減少」と言われた昨年(67名)をも下回り、2年連続で60名台に低迷。こちらも2日間予定されていた予選の審査は1日だけ(8月27日)となった。

「予選を競う数が増えようが減ろうが、しかるべき実力者に賞を授与するコンクールの機能に揺るぎはない」と見る向きもあるが、運営・告知・審査方式・入賞メリット等の改革で参加者数を増やす多くの国際コンの現状を見るにつけ、「学コンって受験みたい。古くて窮屈でダサいよね」との空気が醸成され、参加に積極的になれない層が増えている感じがする。

中学校の部の13年間の推移は、105名→85名→91名→84名→82名→92名→80名→83名→82名→77名→82名→67名→66名(今年)。

高校の部は78名で、昨年(88名)より10名減少。こちらはかろうじて例年通り2日間(9月5日・6日)の日程で予選が行われる。

高校の部の13年間の推移は、61名→88名→91名→84名→72名→90名→87名→67名→81名→56名→81名→88名→78名(今年)。




第73回(2019)学生音コン

「全日本学生音楽コンクール」-高校の部・過去27年の課題曲一覧

2019/05/02(木) 11:26:51

○高校の部・課題曲一覧(1993~2019年)

第47回(1993年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第2番より アンダンテ、アレグロ
【本選】ラヴェル:ツィガーヌ

第48回(1994年)
【予選】モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 第1楽章
【本選】イザイ:無伴奏ソナタ 第3番 「バラード」

第49回(1995年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より フーガ
【本選】メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 第1楽章

第50回(1996年)
【予選】イザイ:無伴奏ソナタ 第2番 第1楽章 "Obsession"・第2楽章 "Malinconia"
【本選】ブルッフ:スコットランド幻想曲 第3楽章・第4楽章

第51回(1997年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第2番より アンダンテ、アレグロ
【本選】サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

第52回(1998年)
【予選】・ バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より シチリアーノ
     ・パガニーニ:24のカプリースより 第18番
【本選】プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1楽章

第53回(1999年)
【予選】・ バッハ:無伴奏パルティータ 第1番より サラバンド
     ・パガニーニ:24のカプリースより 第9番
【本選】サン=サーンス:ハバネラ

第54回(2000年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より フーガ
【本選】ラヴェル:ツィガーヌ

第55回(2001年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第3番より ラルゴ、アレグロアッサイ
【本選】ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章

第56回(2002年)
【予選】モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章(カデンツァなし)
【本選】パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章(カデンツァなし)

第57回(2003年)
【予選】イザイ:無伴奏ソナタ 第3番「バラード」
【本選】グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章

第58回(2004年)
【予選】・ パガニーニ:24のカプリースより 第13番
     ・バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より アダージョ
【本選】ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章

第59回(2005年)
【予選】・ バッハ:無伴奏パルティータ 第2番より サラバンド
     ・パガニーニ:24のカプリースより 第9番
【本選】サン=サーンス(イザイ編):ワルツ形式のカプリースより 第6番

第60回(2006年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より フーガ
【本選】チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章

第61回(2007年)
【予選】バッハ:無伴奏パルティータ 第1番より クーラント、ドゥーブル
【本選】ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章

第62回(2008年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より シチリアーノ、プレスト
【本選】サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

第63回(2009年)
【予選】イザイ:無伴奏ソナタ 第2番 第1楽章 "Obsession"・第2楽章 "Malinconia"
【本選】プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章

第64回(2010年)
【予選】・ バッハ:無伴奏パルティータ 第1番より サラバンド(繰り返しはなし、Doubleなし)
     ・パガニーニ:24のカプリースより 第18番(繰り返しはなし、D.C.はあり)
【本選】プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1楽章

第65回(2011年)
【予選】クライスラー:レチタティーヴォとスケルツォ・カプリース(カデンツァなし)
【本選】パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章(カデンツァなし)*カデンツァ前の独奏部分で終了すること。ピアノ伴奏については、前奏はバイオリンソロの5小節前から演奏し、次の間奏は8小節弾いた後、10小節をカットすること。後奏はなし。

第66回(2012年)
【予選】バッハ:無伴奏パルティータ 第1番より クーラント、ドゥーブル・プレスト(繰り返しなし)
【本選】ショーソン:詩曲
 *ピアノの前奏は、ソロの出る5小節前から始める。
 *ピアノ伴奏は、53小節目まで演奏し60小節目にとぶ。
 *ピアノ伴奏は、211小節の2拍目を弾いてから、214小節の3拍目にとぶ。

第67回(2013年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より フーガ
【本選】サラサーテ:カルメン幻想曲

第68回(2014年)
【予選】次の課題曲(1) (2)を演奏すること。演奏順序は自由とする。
    (1) バッハ:無伴奏パルティータ 第3番より ルール(繰り返しはなし)
    (2) パガニーニ:24のカプリースより 第20番(繰り返しはなし)
【本選】チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 第2、3楽章
 *第2楽章(Canzonetta)
  前奏なしでソロから始める。ソロが終わると同時に、伴奏は最後から6小節前にとぶ。
 *第3楽章(Finale)
  伴奏は、196小節まで演奏し、201小節にとぶ。400小節まで演奏し、405小節にとぶ。408小節まで演奏し、413小節にとぶ。540小節の最初の音を弾き終えたら、564小節の1拍目の裏にとぶ。

第69回(2015年)
【予選】次の課題曲を(1) (2)の順で演奏すること。
    (1) バッハ:無伴奏ソナタ 第3番より ラルゴ
    (2) パガニーニ:24のカプリースより 第13番(繰り返しなし、D.C.あり)
【本選】シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章 *ピアノ伴奏は78小節まで演奏し、97小節へとぶ。134小節まで演奏し、215小節へとぶ。326小節まで演奏し、361小節へとぶ 。

第70回(2016年)
【予選】イザイ:無伴奏ソナタ 第1番 第2楽章 "Fugato"
【本選】ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章 *※伴奏は67小節目から演奏すること。193小節目第1音まで演奏し、213小節目へとぶ 。

第71回(2017年)
【予選】次の課題曲(1) (2)を楽章順に演奏すること。いずれも繰り返しはしない。
   バッハ:無伴奏パルティータ 第2番より
    (1) サラバンド
    (2) 次の3曲から1曲を演奏すること。演奏する曲は当日、抽選で決定する。
     (イ)アルマンド
     (ロ)クーラント
     (ハ)ジーグ
【本選】パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章(カデンツァなし) *198小節目1拍目まで弾いた後、221小節目へとぶ。バイオリンは366小節目で終了すること。伴奏は365小節目まで演奏し、393小節目へとぶ。小節数はIMC版による。

第72回(2018年)
【予選】バッハ:無伴奏ソナタ 第1番より フーガ
【本選】サン=サーンス(イザイ編):ワルツ形式のカプリース

第73回(2019年)
【予選】パガニーニ:24のカプリースより 第11番(繰り返しなし、D.C.あり)
【本選】メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 第1楽章 *48小節目からカットし72小節にとぶこと。後奏は最後の8小節をカットすること。


*全国大会は1993~2005年までは、本選と同一曲。2006~2010年は15分以内の自由曲、2011年~は13分以内の自由曲(予選・本選以外の曲)。







第73回(2019)学生音コン

スポンサーリンク

全日本学生音楽コンクール

Amazon

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.