FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/12 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第70回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・予選-高校の部の結果

2016/09/04(日) 11:47:27

9月2日、ザ・フェニックスホールで「第70回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・予選・高校の部の審査が行われ、出場36名のうち、10名が本選進出を決めた。(昨年は41名中10名、一昨年は34名中8名が
本選進出)

「学生音コン 大阪大会 バイオリン高校の部、10人本選へ」(9月3日付「毎日新聞」大阪版朝刊)


谷本沙綾 さん(大阪・相愛高1年)

水谷智咲 さん(兵庫・小林聖心女子学院高3年)

花井結 さん(兵庫県立西宮高2年)

岩谷弦 さん(京都市立京都堀川音楽高1年)

桑原陽太 さん(大阪府立大手前高1年)

沖本みなみ さん(大阪府立夕陽丘高3年)

中川桜 さん(京都市立京都堀川音楽高2年)

宮崎絢花 さん(兵庫県立西宮高3年)

二上りか子 さん(奈良・帝塚山高3年)

松北優里 さん(岡山県立岡山城東高2年)




第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」東京大会・予選-中学校の部の結果

2016/08/31(水) 21:32:58

8月30日・31日、東京オペラシティ・リサイタルホールで「第70回全日本学生音楽コンクール」東京大会・予選・中学校の部の審査が行われ、出場77名のうち、16名が本選進出を決めた。(昨年はエントリー82名、本選進出18名。一昨年はエントリー83名、本選進出15名)

「学生音コン バイオリン東京大会 中学生16人が本選へ(ニュースサイト「毎日新聞」)

昨年、中1・2で本選進出した6名が今年も本選へ。

 
小西健太郎 さん(東京都北区立飛鳥3年)

高麗愛子 さん(神奈川・カリタス女子1年)

北川琴葉 さん(東京都台東区立上野3年)

長尾綸久 さん(東京・国立音大付2年)

五月女恵 さん(東京・学習院女子3年)

長島安里紗 さん(横浜市立あざみ野3年)

保谷愛茄 さん(神奈川・慶応義塾湘南藤沢2年)

外村理紗 さん(東京・吉祥女子3年)

柏木脩佑 さん(神奈川県横須賀市立浦賀2年)

倉沢茉紘 さん(千葉大付2年)

山崎魁 さん(東京・開成3年)

秋元源希 さん(埼玉県熊谷市立富士見3年)

高橋愛輝 さん(埼玉・春日部共栄3年)

清水咲 さん(神奈川・フェリス女学院2年)

藤瀬愛果莉 さん(北海道・札幌聖心女子学院2年)

保科結太 さん(横浜市立鴨志田1年)




第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」東京大会・予選-小学校の部の結果

2016/08/25(木) 20:58:12

8月25日、東京オペラシティ・リサイタルホールで「第70回全日本学生音楽コンクール」東京大会・予選・小学校の部の審査が行われ、出場64名のうち、16名が本選進出を決めた。(昨年はエントリー93名、本選進出21名。一昨年はエントリー84名、本選進出17名。)

昨年、一昨年と6名も出た小学校4年生の本選進出者だが、今年は1名にとどまった。

「学生音コン バイオリン部門16人が本選へ 小学の部
(8月25日付ニュースサイト「毎日新聞」)


伊東咲耶 さん(東京・早稲田実業初等部6年)

中村僚太 さん(東京・学習院初等科5年)

高山結衣 さん(川崎市立新作5年)

荒川桐真 さん(東京学芸大付属小金井4年)

渡辺響 さん(千葉県流山市立おおたかの森6年)

米倉姫華 さん(東京都新宿区立落合第一5年)

伊藤愛菜 さん(川崎市立高津5年)

山田雄万 さん(神奈川・桐蔭学園6年)

五月女陽 さん(学習院6年)

四登結 さん(東京都世田谷区立祖師谷6年)

鍋島優歌 さん(東京・白百合学園6年)

江崎友紀 さん(桐蔭学園6年)

手島玲 さん(横浜市立篠原6年)

箕浦彩 さん(東京都小平市立小平第七5年)

田中友梨 さん(シンガポール日本人学校チャンギ校6年)

田中翔和 さん(横浜市立みたけ台5年)




第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」東京大会予選の社告掲載-参加者数激減のためバイオリン部門小学校と高校の部が2日目の審査を中止

2016/08/18(木) 01:31:47

1947年に第1回を開催、「学生音コン」は今年、70回目の記念すべき年にあたるが、東京大会のバイオリン部門予選の参加者数は、ここ10年間で最も少ない人数へと沈んだ。

すでにビバおけでは、読者の方々からの情報により、小学校の部は64名(対前年29名減)、中学校の部は77名(対前年5名減)、小学校は予定されていた2日間の審査が1日に短縮される事態となったことを伝えたが、8月17日付「毎日新聞」掲載の社告によれば、高校の部も56名(対前年25名減)と大幅に減少し、こちらも審査が9月5日の1日のみとなってしまった。

高校の部のここ10年間の推移は、61名→88名→91名→84名→72名→90名→87名→67名→81名→56名(今年)。

ちなみに東京大会予選の他部門の参加者数は、ピアノ部門が昨年286名→今年333名(小学校90名→103名、中学校92名→100名、高校104名→130名)、フルート部門90名→93名(中学校30名→21名、高校60名→72名)、声楽部門133名→129名(高校76名→81名、大学57名→48名)となっており、バイオリン部門(256名→197名)のみが際立った減少幅を示している。

「社告 学生音楽コンクール東京大会予選」(8月17日付「毎日新聞」東京朝刊)




第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」東京大会・予選エントリー数−再び「ヴュータン・ショック」か? 小学校の部は激減、中学校の部も減少

2016/08/11(木) 20:03:19

学コン東京大会小学校の部の予選が、異例の事態に見舞われている。

8月10日、東京大会の参加者のもとには「呼び出し時間のお知らせ」が到着、早速、予選エントリー数の情報を複数の方からお寄せ頂いた。

それによると、小学校の部は64名と昨年より29名も減少、予定されていた8月25日(木)・26日(金)の2日間の予選を8月25日のみの開催とする異例の措置が取られることが明らかとなった。

小学校の部のここ10年のエントリー数推移は、104名→104名→93名→96名→86名→91名→65名→84名→93名→64名(今年)。

2013年の激減ショック(65名)から2年で90名台に回復したものの、今年は再び60名台へと逆戻り。しかも予選2日目が中止される異例の事態となった。

2013年は本選曲がヴュータン2番1楽章、今年はヴュータン4番2・4楽章。今年の予選曲(ローデ4番)もかなり手ごわい点を考えれば、激減の主要因はやはり課題曲にあると言えるのかもしれない。

一方、中学校の部は

8月30日(火)39名
8月31日(水)38名
計77名

昨年の82名から5名減少した。

10年間の推移は、105名→85名→91名→84名→82名→92名→80名→83名→82名→77名(今年)と、こちらもここ10年なかった70名台へと落ち込んだ。





第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」東京大会-「呼び出し時間のお知らせ」、間もなく到着か?

2016/08/09(火) 00:53:21

「学生音コン」東京大会では、近年、7月末に参加証が届き、8月10日頃には予選の集合時間を知らせる「呼び出し時間のお知らせ」が届く段取りとなっている。

今年もそろそろ参加者のもとに、あの「黄緑色の封筒」が届き始めることだろう。

2日間にわたる予選の演奏順は、コンクール規約によれば「抽選等」で決定されることになっている。例年通りだとすると、東京大会の予選出場者は演奏順に11〜12名程度のブロックに分けられ、ブロック毎に順次設定された「呼び出し時間」までに会場に集合し、受付を済ませることになる。

参加者の出演順と出演日時は事前には知らされず、参加者は自らの「呼び出し時間」が例えば「8月25日(木)14:00」となっていれば、自分の出番はブロック内で一番早い場合は14:30頃、一番遅い場合は15:30頃と目星をつけることになる。(ブロック内の順番は当日まで開示されない)

「呼び出し時間のお知らせ」では、例年、当該部門の出場予定者数が明らかにされる。

昨年は小学校の部が93名、中学校の部が82名、高校の部が81名だった。

とりわけ小学校の部は、2013年に65名と23年ぶりに60名台へと低迷した後、2014年は84名、2015年は93名と、反転上昇のトレンドにあり、今年の動向が注目される。




第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」-さあ "学コン go" 7月22日に参加申込を締切

2016/07/22(金) 20:32:03

「第70回学生音コン」の4つの地区大会(東京・大阪・名古屋・北九州)
の参加申込が、7月22日の郵送到着分までで締め切られた。※北海道大会の申込期間は8月3日〜12日(必着)

地区大会の予選は1ヶ月後、8月25日(木)・26日(金)に東京オペラシティ リサイタルホールで行われる東京大会のバイオリン部門小学校の部が皮切りとなる。

東京大会はこの後、8月28日(日)・29日(月)にピアノ部門中学校の部、8月30日(火)・31日(水)にバイオリン部門中学校の部の予選が行われ、9月中に予選がスタートする他の地区大会に先駆けて、夏休み後半に早くも「コンクールの秋」へと突入することになる。

バイオリン部門で最も予選が遅いのは、北九州大会で9月25日(日)。東京大会とは1ヶ月もの開きがあるが、一方でその分、予選から本選までの期間が1ヶ月短くなる。

会場確保上のやむを得ない事情ゆえか、地区大会間で予選の実施時期に大幅なズレが生じている。

本来は予選時期は横一線で揃えるべきと思われるが、各地区大会ではすでに、予選曲と本選曲それぞれへの準備にかける期間配分等、指導者による学コン向けレッスンカリキュラムが確立している状況にあるとの見方もできる。

超人気スマホゲームの日本配信が始まり、2週間後にはリオ五輪が開幕、日々のヴァイオリン練習からの逃避手段には事欠かないこの夏休み、まずは学コン入選ゲットを目指して、コンテスタントには一層のマインド引き締めが求められよう。





第70回全日本学生音楽コンクール

ヴュータン4番とヒラリー・ハーン

2016/07/13(水) 17:01:25

今年の「学生音コン」小学校の部の本選課題曲は、ヴュータン:協奏曲 第4番より第2楽章と第4楽章。

普段はめったに実演機会がないこの協奏曲だが、この2015-16シーズンは、欧米のメジャーオケのプログラムに次々と採り入れられた。

フィラデルフィア管(2015/12/3~5, 7)、ロサンゼルス・フィル(2015/12/10~13)、ハノーファー北ドイツ放送フィル(2016/3/10・11)、そしてウィーン・フィル(2016/6/18・19, 22)も。

ソリストは、ヒラリー・ハーン。

この曲の魅力に新たな光が当てられつつある。

フィラデルフィアのラジオ局(WRTI)の インタヴュー・スクリプト より。

Hahn says the concerto really shows off the violin, both musically and technically.

“It’s also very operatic; it has these theatrical elements to it, a lot of flourishes, and a lot of simple lines that enable the performer to really express a lot of different things.

And it has some beautiful soaring, complex elements as well. So there’s a lot to work with.”




モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番/ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番



第70回全日本学生音楽コンクール

【学コン】「規定書の入荷が遅れがちな店があるらしい」問題②

2016/04/16(土) 03:04:21

できるだけ早く課題曲を知り、楽譜を所有していない場合は、速やかに楽譜入手の手配に取り掛かりたい。

そんな出場者周辺の切実な思いを分かっているとは言い難い対応が、別の店でもあったとの情報を頂いた。

コンクール事務局側の出荷手配に問題があったのなら、来年は改善して頂きたいと強く思う。

「お昼頃、都内有数の巨大ターミナル駅すぐ近くの某楽器店に走った。

ところが、例年、発売日にちゃんと並んでいる規定書が、今年は並んでいないではないか。

一体なぜ?

店員さんに聞くと、

「まだ届いてません。」

「え〜〜!? まだ届いてない? いつ届くんですか?」

「今日の便では届くって言ってますが・・」

「今日の便って、どういうことですか? それは何時にくるんですかっ・・・」

思わずクレーマー口調になってしまいました。(実話です・・)」




第70回全日本学生音楽コンクール

【学コン・日コン】 課題曲等の参加規定書情報を公式サイトに発表

2016/04/16(土) 00:28:57

4月15日午前0時、学コンと日コンの公式サイトに規定書の内容がアップされた。

「第70回全日本学生音楽コンクール」公式サイト

「第85回日本音楽コンクール」公式サイト



第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」ピアノ部門-課題曲一覧

2016/04/15(金) 21:53:32


■小学校の部

(予選)

次の課題曲(1)〜(3)を演奏すること。ただし、計3曲を6分以内で演奏すること。演奏順序は自由とする。
※時間の都合により、課題曲の一部を省略して演奏させることがある

(1) 次の13曲から任意の1曲を選択すること。
J.S.Bach : 15 Sinfonias ( No.5, No.9 は除く)

(2) 次の3曲から任意の1曲を選択すること。
D.Scarlatti : Piano Sonata
K.406 / L.5 in C major
K.9 / L.413 in D minor
K.481 / L.187 in F minor

(3) M.Moszkowski : 20 Little etudes, Op.91 から No.7 in G major

(本選)

次の課題曲(1)〜(3)から任意の1曲を選択すること。

(1) J,Haydn : Piano Sonata in D major, Hob.XVI-37

(2) W.A.Mozart : Piano Sonata in C major, K.330

(3) L.Beethoven : Piano Sonata No.5 in C minor, Op.10 No.1
※第1楽章は189小節目まで、第2楽章は47小節目の第1音まで演奏すること

(全国大会)

自由曲とする。ただし、5分以上10分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
予選と本選で提出した課題曲と重複しないこと。


■中学校の部

(予選)

次の課題曲(1)(2)を演奏すること。演奏順序は自由とする。

(1) 次の3曲から任意の1曲を選択すること。
J.S.Bach : The well tempered clavier BookⅠ から
No.5 in D major, BWV850
No.6 in D minor, BWV851
No.10 in E minor, BWV855

(2) 次の3曲から任意の1曲を選択すること。
F.Chopin : Etudes
Op.10 から No.8 in F major
Op.25 から No.3 in F major
3 Nouvelles etudes から in F minor

(本選)

次の課題曲(1)〜(3)から任意の1曲を選択すること。

(1) F,Chopin : Scherzo No.1 in B minor, Op.20
※繰り返し記号の付いていない古い楽譜の場合は、64小節目までを演奏し、125小節目へとぶ

(2) J.Brahms : 2 Rhapsodies, Op.79から No.2 in G minor

(3) M.Ravel : Sonatine

(全国大会)

自由曲とする。ただし、8分以上13分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
また、予選と本選で提出した課題曲と重複しないこと。


■高校の部

(予選)

次の課題曲(1)〜(3)を演奏すること。演奏順序は自由とする。

(1) 次の3曲から任意の1曲を選択すること。

J.S.Bach : The well tempered clavier BookⅡ から
No.3 in C-sharp major, BWV872
No.19 in A major, BWV888
No.20 in A minor, BWV889

(2) 次の4曲から任意の1曲を選択すること。

F.Chopin : Etudes, Op.10 から
No.2 in A minor
No.5 in G-flat major
F.Chopin : Etudes, Op.25 から
No.8 in D-flat major
No.9 in G-flat major

(3) 次の(イ)および(ロ)の5曲から任意の1曲を選択すること。

(イ) C.Debussy : 12 Etudes から
No.1 pour les“cinq doighs”全5指のための
No.2 pour les Tierces 3度のための
No.5 pour les Octaves オクターヴのための

(ロ) A.Scriabin: 12 Etudes Op.8 から No.7 in B-flat minor
A.Scriabin: 8 Etudes Op.42 から No.5 in C-sharp minor

(本選)

次の課題曲(1)〜(3)から任意の1曲を選択すること。

(1) L.Beethoven : Piano Sonata No.24 in F-sharp major, Op.78

(2) F,Chopin : Barcarolle in F-sharp major, Op.60

(3) S.Prokofiev : Piano Sonata No.1 in F minor, Op.1

(全国大会)

自由曲とする。ただし、10分以上15分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
また、予選と本選で提出した課題曲と重複しないこと。

○注意

(1)すべて暗譜で演奏し、特に指示のあるものを除き予選・本選では繰り返しは省略すること。全国大会での繰り返しは自由とする
(2)使用楽譜は自由
(3)参加申込書に記入した曲順と演奏順は違ってもかまわない
(4)時間の都合により、課題曲の一部を省略して演奏させることがある
(5)予選・本選の課題曲は参加申込書の所定の欄に記入して申し込み時に提出すること。全国大会の自由曲は参加申込書の所定の欄に記入し、本選出場時に必ず持参すること。いずれも提出後の変更は認めない。規定に従わない曲の演奏は失格とする


第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」チェロ部門-課題曲一覧

2016/04/15(金) 19:07:34

■高校の部

(地区大会)東京・名古屋

次の課題曲を(1)(2)の順に5分以内で演奏すること。

(1) 次の4曲から任意の1曲を選択すること

J.S.Bach : Suite for Solo Cello
No.1 in G major, BWV1007 から Allemande
No.2 in D minor, BWV1008 から Allemande
No.3 in C major, BWV1009 から Allemande
No.4 in E-flat major, BWV1010 から Allemande
※繰り返しなし

(2) 次の(イ)または(ロ)から任意の1曲を選択すること

(イ) A.Schroeder : 170 Foundation Studies Volume Ⅱ
(ロ) D.Popper : High School of Cello Playing, 40 Studies Op.73
※繰り返しなし

(全国大会)横浜

自由曲とする。ただし、曲間を含め10分以上15分以内で演奏すること。曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。ただし、2曲までとする。すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。地区大会で提出した課題曲と重複しないこと。
※繰り返しは自由


■大学の部

(地区大会)東京・名古屋

次の課題曲を(1)(2)の順に8分以内で演奏すること。

(1) 次の4曲から任意の1曲を選択すること

J.S.Bach : Suite for Solo Cello
No.2 in D minor, BWV1008 から Gigue
No.3 in C major, BWV1009 から Gigue
No.4 in E-flat major, BWV1010 から Gigue
No.5 in C minor, BWV1011 から Gigue
※繰り返しなし

(2) 次の2曲から任意の1曲を選択すること

R.Schumann : Fantasy Pieces, Op.73 第1曲と第3曲
R.Schumann : 5 Pieces in Folk Style, Op.102 第1曲と第4曲

(全国大会)横浜

任意の協奏曲とする(楽章は複数でも可)。ただし、曲間を含め13分以上18分以内で演奏すること。すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)
※P.Tchaikovsky の Variations on a Rococo Theme Op.33 や S.Prokofieff の Sinfonia Concertante, Op.125 も含む
※繰り返しは自由


●注意

(1) すべて暗譜で演奏すること
(2) 使用楽譜は自由
(3) 時間の都合により、課題曲の一部を省略して演奏させることがある
(4) 地区大会の課題曲は参加申込書の所定の欄に記入して申し込み時に提出すること。全国大会の課題曲および自由曲は参加申込書の所定の欄に記入し、地区大会出場時に必ず持参すること。いずれも提出後の変更は認めない。規定に従わない曲の演奏は失格とする。
(5) 時間を越えて演奏したときは打ち切る場合がある



第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」バイオリン部門-審査員一覧

2016/04/15(金) 18:05:04

各地区大会とも全9名。 ※一部表記を変更しています。

■東京大会

磯恒男 先生

植村理葉 先生

鈴木理恵子 先生

潮崎明日香 先生

田中晶子 先生

寺沢希美 先生

矢嶋佳子 先生

横山奈加子 先生

和波孝禧 先生


■大阪大会

池川章子 先生

岩谷祐之 先生

梅原ひまり 先生

大谷玲子 先生

岸邉百百雄 先生

木田雅子 先生

久合田緑 先生

田辺良子 先生

山本裕樹 先生


■北九州大会

川口ヱリサ 先生

川瀬麻由美 先生

近藤薫 先生

朔望 先生

太期晴子 先生

中島三幾 先生

長田新太郎 先生

原田大志 先生

三木妙子 先生


■名古屋大会

加藤二葉 先生

北垣紀子 先生

佐々木はるる 先生

白石禮子 先生

中川さと子 先生

服部芳子 先生

林茂子 先生 

福本泰之 先生

森下陽子 先生


■全国大会 ※各地区大会審査員代表1名ずつ計4名を加え、9名で審査を行う。

加藤知子 先生

川久保賜紀 先生

清水高師 先生

豊田弓乃 先生

前橋汀子 先生



第70回全日本学生音楽コンクール

「第70回全日本学生音楽コンクール」バイオリン部門-課題曲一覧(規定書記載通り)

2016/04/15(金) 17:14:35

■小学校の部

(予選)

P.Rode:24 Caprices から No.4 in E minor

(本選)

H.Vieuxtemps:Violin concerto No.4 in D minor, Op.31 から 第2楽章(Adagio religioso)と第4楽章(Finale marziale)

※第2楽章の伴奏はバイオリン・ソロの1小節前から演奏すること
※第4楽章の伴奏はバイオリン・ソロの4小節前から演奏すること。最後から数えて59小節目から22小節目までをカットすること

(全国大会)

自由曲とする。ただし、10分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
予選と本選の課題曲を自由曲として演奏することはできない。


■中学校の部

(予選)

次の課題曲を(1)(2)の順で演奏すること。

(1) N.Paganini:24 Caprices, Op.1 から No.23 in E-flat major(繰り返しなし、D.C.なし)

(2) J.S.Bach:Sonata for solo violin No3 in C major, BWV1005 から Largo

(本選)

C.Saint-Saëns:Introduction and Rondo Capriccioso in A minor, Op.28

(全国大会)

自由曲とする。ただし、13分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
予選と本選の課題曲を自由曲として演奏することはできない。


■高校の部

(予選)

E.Ysaÿe:Sonata for solo violin, Op.27 No.1 in G minor から 第2楽章(Fugato)

(本選)

H.Wieniawski:Violin concerto No.1 in F-sharp minor, Op.14 から 第1楽章

※伴奏は67小節目から演奏すること。193小節目第1音まで演奏し、213小節目へとぶ。

(全国大会)

自由曲とする。ただし、13分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
予選と本選の課題曲を自由曲として演奏することはできない。


●注意
(1) すべて暗譜で演奏すること
(2) 使用楽譜は自由
(3) 全国大会の自由曲は参加申込書の所定の欄に記入し、本選進出時に必ず持参すること。提出後の変更は認めない
(4) 全国大会の演奏は、無理なカットをしないこと



第70回全日本学生音楽コンクール

中学校のロンカプは

2016/04/15(金) 14:43:01

kohji 様のコメントで全て言い尽くされた感があるが、今でこそロンカプは小学校の部の全国などでも当たり前に弾かれるようになったが、元来は高校の部の本選曲。

中学校の部では、手持ちの過去20数年のデータ上、初の登場である。

予選曲も、バッハ無伴奏のパルティータに加え、ソナタも当たり前に出るようになりつつある。




第70回全日本学生音楽コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.