FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2019/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/09 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

RSSフィード

「招き neko」プロジェクト(52)-「続・妻には愛を」

2008/07/29(火) 00:46:06

<<男親は社会で働いていますから取引先を含め全方向から厳しく批判されたり評価されたりしています。つまり、もまれ慣れていると同時に評価もしてもらえる、しかし親業は、特に「音楽をやる子の親」業は演奏家だろうと音楽教師だろうと皆素人です。その渦中にいる母親が「金切り声」をあげたり一見些細なことに取り乱すのは、慣れないからです。

慣れないながら子どものヴァイオリンは5年も続いている。昔に比べれば上手になってきた。自分も子供も誉めてやりたいが先生は「これからが本番」と要求がきつくなる、あるいは更に音高向けの先生にかわってレッスンのやり方もすっかり変わってしまった。これから先どうしよう、もう既に自分の手には負えなくなっているのじゃないか?たとえ先生から「もうなるべくひとりで練習させてください」と言われないまでも小学校高学年になればそんな思いも胸をよぎります。

「ついて来ないで下さい」と言われれば泣く泣く踏ん切りもつきますが、そうでなければ「上手くいかなければ自分の責任」の思い込みから抜けにくいのです。教師の側としては、ここまでくれば黙って見ていて時々生徒の様子を知らせる程度のつかず離れずのフォローが欲しいのですが、その阿吽の呼吸はなかなか難しいのかもしれません。

だからこそ「妻には愛を」と言うのです。

5年もかけてここまで続けさせてきた妻を「金切り声」と批判するのではなく、「母さんが頑張ったからこんなにいい音になったんだよねえ」とその労をねぎらってあげてください。子どもを誉めるなら「お前も母さんのしごきに耐えて頑張ったから」とユーモアにくるんで二人一緒に誉めてください。

遅かれ早かれ子どもは母親の下から離れて教師の音楽と一対一で向き合うことになります。その闘いを経て自分の音楽を確立していくわけで、その大事な時期に背後で親同士が無視、あるいは批判しあっていていいわけがありません。「自分が音楽をやっているせいで、家庭が暗い。だからやめます」と言われるほど悲しいことはありません。

妻が愚痴をこぼしたら正論で対抗せずに聞いてあげてください。呑気・楽天家を装ってなだめてあげてください。「まあ、おいしいものでも食べに行こうや」と二人で外食でもしてください。そうやって信頼関係ができればこそ、さりげないひと言も妻の耳に入り、徐々に気持ちも切り替えていけるものです。

ある父親は発表会だかコンクール終了後の祝いの席で開口一番、子どもを誉めるより先に「母さんにお礼は言ったのか」と訊いたそうです。母親は思いがけない言葉にうろたえて、「それは○○ちゃんが頑張ったから。お父さんにも迷惑かけたわね」

生徒はあとで「なんだか母とふたりでうろうろしちゃいました」と言っていましたが、なかなかできないことでしょう。

惜しみなく楽器に金をかける父親、ピアノの伴奏をしてもらえる父親、コンサートやオペラに連れて行ってくれる父親のどれよりも、これまで毎日地道な世話をしてきた母親を理解し認めてくれる父親の姿勢こそが不可欠です。

格好悪くても地道な努力を見ていてくれる家族がいる、その思いがこれからの子どもの長い道のりを支える糧となるからです。>>

(続・妻には愛を 2002/10/ 5 2:28)

関連記事


スポンサーリンク
nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:2
コメント
うちは父だけなのですが。。。
誰か言って下さい。
「お父さんにお礼をいったの?」と。
kohji #4A9T8td.|2008/08/08(金) 18:22 [ 編集 ]

「お母さんにお礼は言ったのか」・・・涙が出るような言葉ですね。パパの理解は絶対に必要。それがあってこそのおけいこ道です・・・。ちなみにうちでは発表会に来てくれたお友達にクッキーを配るのがパパの役目・・・。けなげですよ・・・v-344
コンチェルト♪ #-|2008/07/29(火) 18:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/936-9a7cf2e7

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.