FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2019/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/09 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プライバシーポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

お問い合わせ / 記事転載について

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

RSSフィード

新刊書『知っているようで知らない バイオリンおもしろ雑学事典』

2007/08/08(水) 19:17:15

これは、なかなかの優れもので、面白い本だ。知識の程よい整理のためにも、実に重宝しそうだ。

7月26日発売の、ほやほやの新刊である。

エレメンタリーからハイバーまで、おけいこニスト及びそのペアレントを名乗りたる方は、すべて必携されたし、と強くお勧めしたいと思うほどだ。

「ああ、この手の「平易に解説」本ね、んな事分かってるし、今更。」とのたまう「上級者」の方も、もののついでで構わないので、書店か楽器店でパラパラと立ち読みでもされると良いだろう。

イグラーユも「立ち読み」で済まそうとしたが、これは1冊持っといたほうが良かろうと、購入したクチである。

-へえー、できるだけ駒の近くを弾くのは、「スル・ポンティチェロ」って言うんだ。へえー、「グリッサンド」と「ポルタメント」のニュアンスの違いって、そういうことだったんだ

-「19世紀~20世紀のバイオリニストの系譜」、「日本の名コンマスの略歴」。こういうのって、ネット上でもコンパクトにまとまった情報少ないんだよねえ。

-「ストラディヴァリに価値を見出したのは」。おお、楽器のミニ裏面史ね。読ませるねえ。

-「ニッポンを訪れた世紀のバイオリニストたち」。このブログでもこんな記事を書いたことがあったなあ。

-「クライスラーを教えた意外な大物、意外な親友」

-「何人もの世界的バイオリニストを育てたブロンという教師」

-「まだまだいる世界の名教師一挙公開」

などなど、興味深いテーマを挙げればきりがないのである。

「バイオリンのことをもっと知りたい。生まれや育ち、楽器創りの名人、弾き手に名曲のことを教えて。何億もする銘器があるって本当?

バイオリニストの、ここが知りたい。古今東西の名手には驚きのエピソードが満載です。

というわけで、本書は摩訶不思議な魅力を放射し続ける楽器の華バイオリンと、その愛すべき人間模様に光を当てている。知っているようで知らないバイオリンの奥深い世界。」
-本書あとがきより

著者は、音楽評論家の奥田佳道氏と山田治生氏。山田氏はビオラを弾くので、「バイオリンを深く味わうためのテクニック用語」や「教則本、音階、練習曲をつくったバイオリニスト」のページなどは、セヴシックを「いまいましい」(笑)と書くなど、“現場感覚に富んだ”、実に共感できる記述内容となっている。

もちろん全体で220ページの本である。多くのテーマひとつひとつの掘り下げに関して、今ひとつの不充足感なきにしもあらずだが、記述はツボを得ており、情報はコンパクトに整理されている。

何よりも1冊の本にまとまっていることの強み。そして、実に読みやすいという点で、出色のバイオリン本ではないだろうか。


知ってるようで知らない バイオリンおもしろ雑学事典知ってるようで知らない バイオリンおもしろ雑学事典
(2007/07/26)
奥田 佳道

商品詳細を見る
関連記事


スポンサーリンク
この1冊、この1枚TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/781-0c662594

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.