FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/09 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

【書籍】『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

2017/08/26(土) 18:24:56

ストラディヴァリとグァルネリ。

過去に他の楽器との「聴き比べ」は何度も行われたが、音の違いを明確に示示すデータは得られたことがない。

にも関わらず、その価格だけは異様に高騰し続けている。

自らもヴァイオリンを弾き、銘器の取引に関わった経験も持つ、音楽プロデューサーの中野雄氏が、この至高の2大銘器の真実と謎の深部に迫ったノンフィクションである。

クラシック音楽の業界事情に通暁する著者が、その幅広い人脈を駆使して得た知見をもとに、ヴァイオリンの成り立ちと構造、2人の名工の生涯と作品を詳述しつつ、コレクターや贋作等にまつわる古今の興味深いエピソードを綴っていく。

2大銘器は、謂わばF1の車。熟練のプロしか乗りこなせない例として引かれたある著名ヴァイオリニストの楽器との関わり方、帰国した諏訪根自子が演奏したストラディヴァリについての小林秀雄の卓見、コレクターとしての日本音楽財団の活動の実情等、初めて知る事実も多く、面白く読めた。

本書の 担当編集者 は、音楽の素養がなくても楽しく読める「徹頭徹尾、素人の読者の視線で書かれた、初めてのバイオリン本」と述べているが、音楽的素養十分なおけいこニスト周辺にも有益かつ興味深い内容に富んだ書と言えるだろう。




ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢 (文春新書)


関連記事


スポンサーリンク
おけいこニスト 必見・必聴・必読!

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.