FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』-演奏者の内面性を呼び起こすヴィブラートを創るために

2017/03/28(火) 02:15:22

今春は、学習者なら必ず入手しておきたい良書の刊行が続いている。

『ヴァイオリン・マスタリー』『偉大なるヴァイオリニストたち 2』 は、バイオグラフィーの体裁で、名演奏家の生の声を伝える大変興味深い読み物だ。(前者は技術上の知見も多く含んでいる)

一方、3月1日に刊行されたこの書籍はタイトル通り「教本」で、しかもテーマはヴィブラート。

ヴァイオリン学習者がとりくむべき最大の課題のひとつにフォーカスした、従来ありそうでなかった画期的な技術書である。

著者のズデニェク・ゴラ氏はチェコのヴァイオリニスト・指導者。ベーレンライター等から数多くの教本を刊行しており、85歳になる現在も、チェコのオストラヴァとスウェーデンで教鞭を執っている。

著者は本書で、単なるメカニックな身体運動ではなく、演奏者の内面の豊かな感情を喚起し、それを音に転化するための表情豊かなヴィブラートの創り方を基礎から実践的に説き起こす。

ひじ・手首・指先のヴィブラートの基本動作とコツ、それを習得するためのエクササイズ。「広い・狭い」「速い・遅い」ヴィブラートを有機的に組み合わせる方法、さらにはレガートでヴィブラートを止めないための練習法等、学習者がよく突き当たる課題への解決策も示されている。

第1章から通して取り組む他にも、学習者それぞれのレベルや課題に応じて適切なエクササイズを選び、毎日の練習メニューに組み入れていく方法も有効だろう。

本書の訳者である山﨑千晶氏は、2004年から10年ほどチェコのオーケストラに所属しコンマスを務めた経験を持つヴァイオリニスト・作曲家である。

チェコ語の原著の素晴らしさを発見して日本語に翻訳し、出版社に原稿を持ち込んだ。そんな刊行までの経緯は『ヴァイオリン・マスタリー』の場合と似ている。

優れた眼力を備えた訳者によって貴重な外国語書籍に光が当てられ、実際に日本語版が刊行され、学習者や指導者の間で評判を呼ぶ。

そんな流れが今後もぜひ続いて欲しいと思う。




ヴィブラート教本: ヴァイオリンのための

関連記事


スポンサーリンク
おけいこニスト 必見・必聴・必読!

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.