ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「第15回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール」-予備選に250名以上が応募

2016/01/11(月) 10:30:49

ポーランド・ポズナンで開催される「第15回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール」(10月8日~23日)が、東京など世界4都市で実施する予備選に、世界40ヶ国から同コンクール史上最多の250名を超える応募があったことが明らかとなった。

5月13日〜15日に東京の桐朋学園大学音楽学部・調布校舎で行われるアジア予備選には、日本、韓国、中国から35名が出場する予定。(予備選は他に、2月10日・11日カナダ・トロント、3月31日〜4月1日スイス・インターラーケン、4月21日〜24日ポーランド・ルスワビツェで実施。居住地を問わずどの都市でも1度だけ受けられる)

ポズナンで開催される本審査(4ラウンド制)に進出できるのは全体で最大50名。

同コンクールは予備選前の事前審査(書類・音源)は行わず、予備選当日の演奏だけで本審査進出者を決める。応募書類には師事した先生、コンクール歴などの記載項目もない。

予備選の審査は審査委員長のマキシム・ヴェンゲーロフ氏と他の1名~2名により行われ、演奏後にヴェンゲーロフ氏が講評を述べる予定。

予備選の課題曲は以下の通り。課題曲はカットなしで演奏する。

* メンデルスゾーン:協奏曲 ホ短調 第1楽章(ピアノ伴奏)
* ブラームス:ソナタ 第2番 第1楽章またはフランク:ソナタ 第3楽章
* ヴィエニャフスキ:エチュード・カプリース Op.18 第3番または第4番
* パガニーニ:24のカプリースより任意の1曲


コンクール公式サイト


関連記事


スポンサーリンク
16年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.