ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「2016 メニューイン国際コンクール」-史上最多の307名が応募

2015/11/11(水) 21:29:43

創設者ユーディー・メニューイン(1916-1999)の生誕100周年にあたる2016年、イギリス・ロンドンで、「メニューイン国際コンクール」が開催される。(4月7日〜17日)

応募は10月末に締め切られたが、同コンクールの2部門(ジュニアとシニア)への応募数が、世界40カ国から史上最多の307名に達したことをコンクール公式サイトが発表した。

2010年のオスロ大会への応募数は140名だったが、2012年北京、2014年オースティンと着実に増加。6年で2倍以上となった。

307名中、事前審査を通過してロンドンでの本審査ラウンドに進出できるのは、ジュニア部門(16歳未満)とシニア部門(16歳〜21歳)合わせて44名のみ。

今回の応募者について、コンクール主催側が以下のような興味深い統計データを発表している。

・最年少は9歳

・応募者の約40%はヨーロッパ諸国(28カ国)から

・応募者最多はイギリス(28名)

・応募者の親の82%はヴァイオリンが弾けない。45%以上の親が他の楽器も未経験。

・応募者の28%は自身のヴァイオリンを所有していない
 ⇒「貸与されたヴァイオリンを使用している」という意味だと思われる

・ジュニア部門への応募者の50%以上がヴァイオリンを5歳未満で開始。

公式サイト


(関連記事)

【メニューイン国際】 シニア部門覇者に黄金期のストラド貸与(「ヴァイオリニア」)


関連記事


スポンサーリンク
16年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.