ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「第69回全日本学生音楽コンクール」東京大会-「呼び出し時間のお知らせ」、間もなく到着か?

2015/08/06(木) 17:19:05

「第69回学生音コン」の申し込みは、7月22日に締め切られた。

昨年の東京大会では、7月31日に参加証が届き、8月9日には予選の集合時間を知らせる「呼び出し時間のお知らせ」が届いた。

今年も予選開始日は昨年とほぼ同じタイミング(今年8/22・昨年8/23)なので、今週末から来週初めにかけて、参加者のもとには、「いよいよ始まる!」とのドキドキ感が否応なく誘引されるあの「黄緑色の封筒」が届き始めることだろう。

2日間にわたる予選の演奏順は、コンクール規約によれば「抽選等」で決定される。例年通りだとすると、出場者は演奏順に11〜12名程度のブロックに分けられ、ブロック毎に順次設定された「呼び出し時間」までに会場に集合し、受付を済ませることになる。

全参加者の出演順と出演日時は事前には開示されないので、参加者は自分の「呼び出し時間」が例えば「8月24日(月)11:00」となっていれば、ブロック内で一番早い順番なら11:30頃、一番遅い順番なら12:30頃に演奏するのだろうと目星をつけることになる。(ブロック内の順番は開示されない)

予選会場の変更(津田ホール⇒東京オペラシティ リサイタルホール)で、上記のブロック編成や予選の進行方法に何らかの変更があるかどうかが注目される。

「呼び出し時間のお知らせ」では、例年、当該部門の出場者数が明らかにされる。例えば昨年は小学校の部なら、8月23日 45名、8月24日 39名との記載があった。

小学校の部の出場者は一昨年65名と23年ぶりに60名台へと低迷したが、昨年は84名に回復。中学校の部は一昨年80名⇒昨年83名と微増、高校の部は87名⇒67名と激減した。

今年の出場者数の動向が注目される。

「学コン」出場予定の皆様へのお願い

今年もビバおけでは、「学コン」出場予定の皆様からの情報を大募集しております。

その名も「学コン協力ネット情報」。

各地区大会・各部のエントリー数情報から、予選・本選での会場の様子、出場されての感想など何でも結構です。将来このコンクールを目指す方々にとっての貴重な情報源ともなりますので、どしどしお寄せ下さい。

特にエントリー数情報については、皆様から情報をお寄せ頂かないと、記事を書くことができません。何卒ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

※情報はコメント欄へどうぞ。《管理者にだけ表示を許可する》にチェックを入れて頂ければ、イグラーユにのみコメントが開示され、ブログにはコメントが一切表示されません。

関連記事


スポンサーリンク
第69回全日本学生音楽コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.