ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「魔王のスタジオ」-(番外編)ご質問にお答えして

2006/10/09(月) 02:04:22

「魔王」のスカウトを拒否-今後の影響は?

ヴァイオリンとは別の楽器に励むおけいこニストの父兄です。

これまである教室で普通に楽しくレッスンを受けていましたが、2年半前、突然あるコンクールを受けることになりました。そして、それなりの結果を残したことで、その演奏を聴いた「魔王」とも言える先生からスカウトの声がかかりました。

様々なコンクールの審査員をされ、門下から優秀な演奏家も出していらっしゃる先生ですが、お断りしました。

理由は、この先生に関する好ましくない噂をいろいろと耳にしたからです。女の子の生徒さんたち(かわいい子に限られるようですが)に、ここにはとても書けないことをする、法外に高価な楽器(主に自分のお下がり)を買わせる、他の先生からの紹介でも上手ではない子にはひどい扱いをする・・・。いろいろ聞きました。

たまたま知り合いから紹介された別の先生(この方もコンクールの審査員をされています)への師事を決めていた時期なので、スカウトを断ることに迷いはありませんでしたが、これからの嫌がらせがないか心配です。

また、これまで師事していたお教室の先生は、「魔王」への師事を強く勧められましたが、こちらがお断りしたことでその先生との間にも不協和音が生じることとなってしまいました。

今回の件について、今後わが子が音楽を続けていくにあたって、特にコンクール等への影響がないか、大変心配しております。

ご意見をいただければ幸いです。

※ご質問の内容・表現を若干修正して掲載させていただきました。ご了承下さい。


(回答)

「魔王」先生がただ今、国際コンクールの審査のため海外出張中ですので、不肖ながら私、小林がお答えいたします。キャラが「魔王」先生に似ている方に関する問題なので、回答は尚更、「魔王」先生ではないほうがよろしいかと思った次第です。

まずひと言お断りしておかなければいけませんが、私たちの「魔王」先生は、女性に興味はありません。私との間の関係も、師弟のつながりを前提にした「癒す」-「癒される」レベルに過ぎず、それ以上の(以下の?)いかがわしいものではありません。「魔王」先生の名誉にかけて、まずその点だけは申し上げておきたいと思います。ただ、それ以外の点では、大いに似たキャラクターであることは否めません。

私は「魔王」先生の勢力拡大のお先棒を担いで、「隠れ門下生」を食い物にする所業に手を染める者と客観的には思われがちですが、私の本心はもっと別のところにあります。今回は私の良心に基づいて、回答させていただきたいと思います。

私はこのような権威を嵩に着た傍若無人な振る舞いは、いくら著名な先生といっても許されるべきものではないと思っております。別の先生への師事をご決断されたとのこと、100%正しいと思います。

また、その決断に迷いがなかったというお話を聞いて、お子様の将来は明るいと確信しました。

音楽家としての将来を自分自身で切り開いていくのは大変なことです。親御さまの保護と支援が何よりも大切で、成功の第一条件です。先生や門下は二の次。どのような先生につこうと、ご本人の努力と意志、ご家庭のしっかりしたサポートがなければ道は切り開けてきません。

実力や才能が物を言う世界では、様々に「通俗的な」障害が待ち受けているものです。嫉妬、羨望、噂、嫌がらせ、仕返し、コネ、寵愛、ハラスメント・・・。これらは今後もお子様の行く手に立ちふさがってくるかもしれません。

実力や才能があり、コンクール実績などを積み上げれば積み上げるほど、「通俗的」な邪魔ものが次々と襲いかかってきます。

しかし、それらは一時的なものです。コンクールで不利な審査をされないか不安に思われるかもしれませんが、そういうことが組織的かつ継続的に行われることはまずあり得ません。仮にそのようなコンクールであれば、受けなければいいのです。

音楽と関係のないこういった障害・邪魔を皆無にすることは難しいので、それらは音楽の世界に付き物と割り切り、前向きにこれらをやり過ごしていく、あるいは最小限にしていく術を身につけることが肝要となってきます。

今回の迷いのないご決断をされた見識に、私は大変感銘を受けました。そのような見識をもった親御さまのサポートを受けられるお子様の未来は、絶対に明るいと私は断言したいと思います。

スカウトされるままにその門下に入り、あたかも実力の向上や出世を保証すると錯覚させるような寵愛(そんなものは錯覚です! それをうまく利用している私が言っているのですから、本当です。)を受けることと引き換えに、音楽とは全く関係のない嫌な思いをたくさんしなければならないとしたら、これほどの不幸はありません。

将来、国際コンクールに挑戦されるようになったら、一度、その「魔王」のレッスンを“いっちょ噛み”した後、さっさと辞めてしまう、そう、単なる通過点にしてやればいかがでしょうか。

「食い物」にしようとする輩には、いつかこちらから噛みついてやればいいのです。

お答えにならず、申し訳ございません。一意見としてご参考までに。

ご子息様の輝かしい未来をお祈り申し上げます。

トクダー・コバこと小林より
関連記事


スポンサーリンク
魔王のスタジオTB:0CM:1
コメント
魔王
私は抱腹絶倒の「魔王」物語にただケラケラ笑っていましたが,深刻な状況を想起される方もいらっしゃるのに,逆にビックリです。

私は現在ここまで強力な「魔王」は日本人にはいらっしゃらないと思っているので,全くフィクションのつもりでした。

意地悪な先生は昔も今もいらっしゃるし,国際コンクールでもあり得ます。コンクールとはそういうところです。しかし「子どものコンクールは所詮キャリアにはならない」という現実を確認するのも悪くないと思っています。
コンクールとはどんどんヒートアップする傾向があるもので仕方ないとも言えますが,キャリアにならないコンクールに一生を捧げる覚悟は不要かと。
やはり「魔王」は毛沢東,コキントウ,浅田真央で笑いとばしましょうよ。
シュピーレ #-|2006/10/10(火) 10:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/437-bbb27490

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.