ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「ビバおけ」の記事で振り返るこの1年 ②(2014年5月~8月)

2014/12/31(水) 17:58:47

■5月

「ローム・ミュージック・ファンデーション」:2014年度の支援計画を発表−事業総額は対前年比6 %減(2014/05/03)
⇒返済不要の給付型で、給付額は1人あたり月額最大30万円、給付期間は1年間(2年間までの更新が可能)と非常に手厚い。企業業績の回復を祈りたい。

【リニューアル】「第54回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」−11月に東京で「予備選抜ステージ」を実施へ(2014/05/08)
⇒予備選抜ステージを世界の各都市で開催する方式は、「ロン=ティボー=クレスパン国際」・「ヴィエニャフスキ国際」でも採用。

「第5回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」受賞結果−第2位に赤間美沙子さん(2014/05/10)
⇒4/28~5/10にドイツ・リヒテンベルクで開催。赤間さんは「モーツァルト・ベストインタープリテーション賞」も獲得。

「第7回 国際ジュニア音楽コンクール」−「出場者」目線の細やかな対応に、学生コンクールのあるべき姿が見えてくる(2014/05/20)
⇒ビバおけ後援コンクール。特に 公式フェイスブック での情報発信がとても細やか。


■6月

「第21回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」-【カテゴリーC】 第2位に登坂理利子さん(2014/06/01)
⇒5/24~31にイタリア・フェルモで開催。カテゴリーC(17~21歳)で、登坂理利子さんが最高位の第2位に入賞。澁谷伶奈さんがスカラーシップを獲得。

【芸大にも特待生】 学費のほぼ全額を給付する東京芸大「特待奨学生制度」(2014/06/04)
⇒寄附により設立。1人あたり最大で入学金・授業料(4年分)のほぼ全額に相当する総額250万円を給付と破格。今年度(平成26年度)入試から対象者を募集した。

滑走路で怒りのバッハを−ヴァイオリンの機内持ち込み許されず(2014/06/02) / ボウ然” 欧州有名オケも押収の憂き目に会った、アメリカの税関審査(2014/06/06)
⇒昨年から続く空港の「税関審査」問題に加え、今年は「機内持ち込み」問題も表面化。ルールを勝手に解釈しているとしか思えない現場スタッフによる理不尽な対応が頻発した。

「桐朋」の新規参入で、日程重複も。ジュニア音コン「夏・秋の陣」(2014/06/14)
⇒「学コン」小学校の部・予選が夏休み期間に繰り上がったことと、新たなコンクールの参入で、日程重複という悩ましい問題が発生。

「第1回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」−優勝賞金500万円・旅費全額支給 来年1月10日〜21日に開催(2014/06/30)
⇒「パガニーニ国際」・「サラサーテ国際」のリスタートと「シンガポール国際」・「ボリス・ゴールドシュタイン国際」の新設。2015年開催予定の国際コンクールのニュースが注目を集めた。「シンガポール国際」は入賞賞金のみならず、副賞のオーケストラ共演契約が充実。最近も3つのオケとの共演予定が公式フェイスブックで 追加発表された。


■7月

「第19回 ライプツィヒ国際バッハコンクール」ヴァイオリン・バロックヴァイオリン部門−岡本誠司さんが優勝(2014/07/19)
⇒7/9~19にドイツ・ライプツィヒで開催。ヴァイオリン・バロックバイオリン部門は過去12回開催(1996年までは「ヴァイオリン部門」)され、日本人の第1位は史上初。 / 海外メディアと国内識者の反応

【津田ホール】 2015年4月以降、貸出停止。来年度の「学コン」東京大会予選は、会場変更へ(2014/07/25) / 【津田ホール 続報】2015年3月末で閉館、数年後に解体へ(2014/07/28)
⇒室内楽の殿堂、「学コン」の聖地が、来年3月末で閉館。惜別の残響は日々 高まるばかり。
【写真】 さようなら、津田ホール 「学生音コン」メモリーズ(「ヴァイオリニア」)


■8月

「学コン」全国大会出場者へ世界的名器を無償貸与-中学・高校の部より選出、期間3年(2014/08/18)
⇒「学コン」中・高のコンテスタントにとってモチヴェーションを刺激されるビッグニュースだった。ヴィヨームとトッパーニは貸与者が決まり、残るはヤコブ・シュタイナー、ジェナーロ・ガリアーノ、トマソ・カルカッシの3挺となった。

「学生音コン」明日(8/23)から予選、涙腺はすでに刺激されている(2014/08/22)
⇒噛み締めるように聴いた “聖地” 最後の夏・・・

「第68回全日本学生音楽コンクール」東京大会・予選−小学校の部の結果【レヴュー①】(2014/08/25)
⇒本選進出17名中、「学コン」初挑戦となる小4が6名と大健闘。

「第15回チャイコフスキー国際コンクール」−グランプリに賞金1000万円(2014/08/28)
⇒ウクライナ問題で難しい立場にあるロシアの「国策」的な側面も見え隠れする破格の優勝賞金の設定。しかし参加者への援助という目立たない所では、物足りない側面が多い。


関連記事


スポンサーリンク
日々のザ・痛感・毒吐く

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.