ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「第82回日本音楽コンクール」チェロ部門−講評: 「オーケストラと弾かせてあげたかった」

2014/11/22(土) 16:56:11


◇高2男子が底力

 最近全世界的に女性チェリストの進出が目覚しいが、今コンクールチェロ部門の本選出場者は4人とも、男性だった。しかも入賞者3人全員が高校2年生という、コンクール始まって以来の偉業を為しとげてくれた。

 1位になられた佐藤晴真は、私たちにエルガーの本当の素晴らしさを再認識させてくれた。同位の森田啓佑はドボルザークの歌心を余すところ無く表現していた。しかも彼は、数日前に行われた全日本学生音楽コンクールでも優勝しているのだ! 水野優也の演奏には、ラロの良さがはっきりと表されていた。笹沼樹は構成力等で抜きんでていたが、それを支える音そのものに難点があった。

 惜しくも本選に残らなかったが、私には第2予選における加藤文枝、香月麗、上野通明の演奏が強く印象に残っている。

 これだけ立派な本選会であったし、何とかオーケストラと弾かせてあげたかったと思ったのは私だけではなかった。

(堤剛)



関連記事


スポンサーリンク
14年国内コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/4257-2de524ca

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.