FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/11 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「第83回日本音楽コンクール」バイオリン部門−講評: 第2予選のバッハ、ポリフォニーの妙を立体的に表現

2014/11/22(土) 15:04:16


◇高水準で聴衆魅了

 バイオリン部門は121人の参加者の中から、3回の厳しい予選の壁を乗り越えた4人が、オーケストラとの協演で非常に水準の高い、白熱した本選会を繰り広げた。

 第1位の吉田南は16歳だが、シベリウスの音楽をしっかりと把握したゆるぎない演奏で、満員の聴衆を魅了した。さらなる発展が大いに期待できる新星。第2位の土岐祐奈は、シベリウスの好演に加え、第3予選でのストラビンスキーのディベルティメントの集中力みなぎる見事な演奏が印象に残った。第3位の北川千紗も17歳ながら地に足の着いたシベリウスを情熱的に演奏した。ブラームスの大曲を立派に弾き通した小川恭子の今後にも大いに期待したい。

 最後に、ごく少数ではあったが第2予選でのバッハの無伴奏ソナタ・ハ長調のフーガにおけるポリフォニーの妙を見事に立体的に表現した質の高い演奏に出合えたのは収穫であったことを付け加えたい。

(岡山潔)



(過去の日コン)

・「第82回(2013年)」 講評 / 採点表

・「第81回(2012年)」 講評 / 採点表

・「第80回(2011年)」 講評 / 採点表

・「第79回(2010年)」 講評 / 採点表


関連記事


スポンサーリンク
14年国内コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/4255-48a5e1ca

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.