ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2018/03 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「2014 ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」ヴァイオリン部門−ハードな日程、悩ましき課題曲

2014/11/19(水) 21:30:29

パリで開催中の「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」 ヴァイオリン部門は、ファイナル前半(リサイタルファイナル)を終え、11月20日のファイナル後半(コンチェルトファイナル)を残すのみとなった。

今回の同コンクールは、予選からファイナルまでを5日間でこなすという超ハードな日程。

さらに課題曲は、予選・セミファイナル・リサイタルファイナルにおいてすべてがっちりと指定されており、コンテスタントの任意選曲はない。

予選からルトスワフスキ、ラヴェル:ソナタ、セミファイナルでブーレーズ、サラサーテ:スコットランド・エアー、リサイタルファイナルでワックスマン:カルメン幻想曲、リシャール・デュビュニョンのコンクール委嘱作(無伴奏ヴァイオリンのためのアンチ・タンゴ)等と、あまりに悩ましすぎる課題曲がラインナップ。

コンチェルトファイナルでは、2つのリスト(A:メンデルスゾーン・ブラームス・サンサーンス3番、B:ショスタコーヴィチ・プロコフィエフ1番・シベリウス)から各コンテスタント任意で1曲ずつ選んでおき、セミファイナル終了後にどちらを演奏するかを審査員が指定するという、演奏家としてのキャパシティが問われる厳しい方式が採られている。

公式サイト


関連記事


スポンサーリンク
14年国際コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/4246-bd47ffd4

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.