ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

【インディ国際】2大ブログメディア、批判派と擁護派に分かれる

2014/09/25(木) 20:17:47

批判派「スリップディスク」vs 擁護派「ヴァイオリニストコム」。そんな構図になっている。

前者は、 辛らつで過激。(「クリーンなコンクールを組織するための6か条」 って、う〜ん・・・)

筆者は音楽ジャーナリストのノーマン・レブレヒト氏だ。業界の事情に精通し、人脈が広いが、記事はゴジップも辞さず、舌鋒鋭い。

一方、そのレブレヒト氏の記事を、「ヴァイオリニスト・コム」のロウリー・ナイルズ氏が批判。こちらはインディ国際の審査システムを評価し、今回の対応を擁護している。

「インディアナポリスの結果は、いろいろ反応はあるだろうが、スキャンダルではない」

で、「ヴァイオリニア」の考えを、以下に。
インディ国際が公式見解 : 「ネット上の批判」 とは無関係


関連記事


スポンサーリンク
14年国際コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/4137-f8fcfd9d

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.