ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

【史上初】 火山の内部で、ヴァイオリン演奏

2014/05/30(金) 19:30:45

世界でも有数の火山国、アイスランドの首都レイキャビクから、約30キロ。

「少なくとも1000年は噴火しない」とされる スリーヌカギガル(Thrihnukagigur)火山 には、火口からゴンドラに乗って120メートル下まで降下し、冷えて固まってできたマグマ溜りを見学できるスリリングな体験ツアーがある。(期間:5/15〜9/30 ガイド付きで周囲の散策・見学を含む5〜6時間のツアーで、料金は37,000アイスランド・クローナ≒33,300円)

気温6度の火山内部での滞在可能時間は、最大1時間。

そこで、彼は、バッハのシャコンヌ、パガニーニのカプリース24番、アイスランド国歌「賛美歌」を演奏したという。

アイスランドのニュース番組が、パガニーニ24番を弾く様子を伝えている。

“Eric Silberger Plays Violin Inside the Volcano Thrihnukagigur in Iceland”(YouTube)

演奏したのは、エリック・シルバーガー(Eric Silberger)さん。

「2011チャイコフスキー国際」第5位、「2011マイケル・ヒル国際」第5位。ジュリアード音楽院で、グレン・ディクテロウ(Glen Dicterow)氏(1980年から34年間ニューヨーク・フィルハーモニックのコンサートマスターを務め、今年6月に退任予定)に師事し、コロンビア大学(政治学専攻)で学士号も取得している。

2010年、シルバーガーさんは、ノルウェー・オスロで開催された「2010メニューイン国際」シニア部門に出場予定であったが、当時起こったアイスランドのエイヤフィヤトラ氷河(Eyjafjalla jokull)の火山噴火によって、航空機の運航がキャンセルとなり、コンクール出場が不可能となった 経験を持つ。



関連記事


スポンサーリンク
おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/3888-86a6cbe1

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.