ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

【書籍レヴュー】「ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」(ONTOMO MOOK)

2014/04/26(土) 18:31:26

発売前の本書の内容予告を 「ビバおけ」で取り上げた が、「対談 原田幸一郎 vs 神尾真由子」は、結局、本書には掲載されず、「音楽の友 2014年2月号」に掲載された。

その他にも、予告されたいくつかの記事(巻頭言やコラム)が掲載されず、また、第3章の「ヴァイオリン工房をたずねて」は、当初は、日本の複数のメーカーや「匠」の工房の制作現場をレポートする予定だったと思われるが、実際に掲載されたのは「ヤマハ」のパブリシティ記事、それも見開き2ページ程度のものとなった。

書名は「ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」となっているが、そもそも予告段階の目次を見ても、「ヴァイオリニスト名鑑」であることがメインで、楽器についての記事が少ないことは予想できた。

実際、楽器については、歴史上の数名の名工に触れる短いコラムがあるだけで、銘器の写真も掲載されていない。

とはいえ、気鋭の音楽評論家・ライターらが書き下ろした国内外の演奏家(物故者・現役・若手)全363名を紹介する記事はまさに壮観で、思わずあれこれと拾い読みしてしまう充実ぶりである。

多岐にわたる情報が達意の文章で手際よくまとめられており、当然ながら、ネット上のウィキペディアベースの記事などとはレヴェルが違う。

コンクール関連の記事は、主要なヴァイオリンコンクールの概要とそこから輩出されたヴァイオリニストを紹介するコラム、「ヴィエニャフスキ」「エリザベート」「ロン=ティボー」「ミュンヘン」「パガニーニ」「チャイコフスキー」の各国際コンクールの歴代上位入賞者の一覧からなっている。

現役ヴァイオリニストの経歴やコンクールの入賞データは、毎年、アップデイトされていくべきもので、その点ではウェブが向いていると思うが、一方で、ハンディに1冊にまとまっていて、ぱっと総覧し読みたい時に読めるのは、紙の本ならではの利点であろう。

今後、こうした事典的な書籍は、ウェブ化の方向に行くのか、紙に踏み留まるのか。それらを並立させていくのか。

難しい時代になってきた。

【Amazon】

ヴァイオリン&ヴァイオリニスト (ONTOMO MOOK)


関連記事


スポンサーリンク
この1冊、この1枚TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/3835-e8e07f5d

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.