ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「第68回全日本学生音楽コンクール」バイオリン部門-課題曲一覧(規定書記載通り)

2014/04/14(月) 14:21:50

※一部の文字を英文字表記にしている点、ご容赦願います。

■小学校の部

(予選)

次の課題曲(1)(2)を演奏すること。演奏順序は自由とする。

(1) J.S.Bach:Partita for solo violin No.3 in E major, BWV1006 から Bourree(繰り返しなし)

(2) P.Rode:24 Caprices から No.24 in D minor

(本選)

W.A.Mozart:Violin concerto No.4 in D major, K.218 から 第1楽章

※カデンツァはヨアヒムによること
※伴奏はソロの始まる4小節前から始める。また、109小節1拍目のあと113小節2拍目にとぶ。カデンツァの後、最後の2小節を弾いて終わること

(全国大会)

自由曲とする。ただし、10分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
予選と本選の課題曲を自由曲として演奏することはできない。


■中学校の部

(予選)

次の課題曲(1)(2)を演奏すること。演奏順序は自由とする。

(1) J.S.Bach:Partita for solo violin No.1 in B minor, BWV1002 から Sarabande(繰り返しなし、Double なし)

(2) N.Paganini:24 Caprices, Op.1 No.16 in G minor(繰り返しなし)

(本選)

A.Dvorak:Violin concerto in A minor, Op.53 から 第1楽章

※伴奏は37小節から54小節をカット。262小節1拍目でバイオリンとともに終わる

(全国大会)

自由曲とする。ただし、13分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
予選と本選の課題曲を自由曲として演奏することはできない。


■高校の部

(予選)

次の課題曲(1)(2)を演奏すること。演奏順序は自由とする。

(1) J.S.Bach:Partita for solo violin No.3 in E major, BWV1006 から Loure(繰り返しなし)

(2) N.Paganini:24 Caprices, Op.1 No.20 in D major(繰り返しなし)

(本選)

P.Tchaikovsky:Violin concerto in D major, Op.35 から 第2,3楽章

※第2楽章(Canzonetta)
 前奏なしでソロから始める。ソロが終わると同時に、伴奏は最後から6小節前にとぶ
※第3楽章(Finale)
 伴奏は196小節まで演奏し、201小節にとぶ。400小節まで演奏し405小節にとぶ。408小節まで演奏し413小節にとぶ。504小節の最初の音を弾き終えたら、564小節の1拍目の裏にとぶ

(全国大会)

自由曲とする。ただし、13分以内で演奏すること。
曲目は複数でも可。カットして演奏することも可。
すでに出版されている曲を選ぶこと(楽譜の提出を求める場合がある)。
予選と本選の課題曲を自由曲として演奏することはできない。


●注意
(1) すべて暗譜で演奏すること
(2) 使用楽譜は自由
(3) 全国大会の自由曲は参加申込書の所定の欄に記入し、本選進出時に必ず持参すること。提出後の変更は認めない
(4) 全国大会の演奏は、無理なカットをしないこと





関連記事


スポンサーリンク
第68回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/3813-7437c238

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.