ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

春の「コンクール週間」がスタート

2014/03/22(土) 06:17:03

春のヴァイオリンアカデミーは、「宮崎場所」に続き、リニューアルした 「笠間場所」 、さらには「京都場所」 がスタートしたが、コンクールのほうも、今週末から4月にかけて、春のピークを迎える。

コンテスタントにとっては、夏以降の本格的なコンクールシーズンを見据え、現時点での自らの実力と位置付けを確認する上で、格好の機会となる。「学コン」課題曲発表(4月14日)まであと1か月を切った時期でもあり、出場予定組にとっては、その前哨戦の意味合いもあろう。

ようやくやって来た春本番の「おでかけ日和」、同年代の演奏水準を知るため、コンクール視察に訪れる人も多くなることだろう。

まずは、3月21日より、横浜市磯子区「杉田劇場」で、「第30回かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門 の第1次予選がスタート、22日(土)「藤沢リラホール」、23日(日)横浜市鶴見区「サルビアホール」と3日間の熱戦が繰り広げられる。(第2次予選:4/19横浜市青葉区「フィリアホール」、本選:5/3「神奈川県立音楽堂」)

23日(日)には、「ティアラこうとう」で、名称を変更した「第8回セシリア国際音楽コンクール」弦楽器・室内楽部門 の本選もある。

26日(水)・30日(日)には、「小岩アーバンプラザ」と「日暮里サニーホール」で、「第26回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」弦楽器部門 の全国大会。2か月半に及んだ予・本選ラウンドを締めくくる。

また、26日(水)には関西でも、「相愛学園本町ホール」で、「第22回ABC新人コンサート オーディション」ヴァイオリン部門 の第2次予選がある。(東日本第2次予選は3/13に終了)

視線を海外に転じると、28日には、ベルギー・ナミュールで、「第7回若きヴァイオリニストのための“Bravo!”国際コンクール」 がスタート。

翌週31日(月)は、「渋谷区文化総合センター大和田」で、新規参入の 「第1回代官山ジュニア音楽コンクール」 の予選会。

4月に入って、4月3日(木)には、上記「第1回代官山ジュニア音コン」の本選と、「第22回ABCオーディション」の本選(「ザ・フェニックスホール」)がそれぞれ行われ、4月5日(土)・6日(日)には、「トッパンホール」で、春のヴァイオリンアカデミー受講生らの出場も予想される 「第3回ガダニーニコンクール」 の予選・本選が行われる。




関連記事


スポンサーリンク
14年国内コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/3768-0a0ba166

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.