ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

【学生音コン】 全国大会で演奏者の多かった自由曲ランキング (中学校の部)

2014/03/09(日) 17:33:02

■中学校の部

進度が揃ってくる中学生段階になると、「難曲志向」が鮮明となる。

過去7回の全国大会出場者は、89名。

演奏された自由曲は、全部で36曲、そのうちの協奏曲は22曲(約61%)。いずれも小学校の部と同数だった。(ひとりで複数の曲あるいは楽章を弾いた場合も1曲とカウントした)

但し、演奏者数は、89名中、協奏曲が48名(約54%)と、小学校の部(約76%)に比べるとぐっと減り、その分、ヴィルトゥオーゾピースが選ばれる傾向が強くなった。無伴奏曲も3曲あった。(イザイ:無伴奏ソナタ2・3・6番)

よく演奏された順に、トップ10の楽曲と演奏者数を以下に示しておこう。


※カッコ内は入賞者数。過去7回で計22名が入賞している。

第1位 ラヴェル:ツィガーヌ 9名(2名)

第2位 チャイコフスキー:協奏曲 第1楽章 8名(1名)

第3位 サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 7名(1名)

第3位 ヴィエニャフスキ:創作主題による華麗なる変奏曲 7名(0名)

第5位 サラサーテ:カルメン幻想曲 6名(1名)

第5位 シベリウス:協奏曲 第1楽章 6名(3名)

第7位 パガニーニ:協奏曲 第1番 第1楽章 3名(1名)

第7位 プロコフィエフ:協奏曲 第1番 第1楽章 3名(1名)

第7位 プロコフィエフ:協奏曲 第2番 第1楽章 3名(0名)

第7位 ヴィエニャフスキ:協奏曲 第2番 第1楽章 3名(0名)


上位10曲は、ヴィエニャフスキ2番1楽章を除けば、すべてが高校の部の本選曲以上である。

ランキング外だが、2名が演奏し、2名共に入賞した曲が、3曲あった。

その3曲は、「超難曲」系のショスタコーヴィッチ1番3・4楽章とワックスマン:カルメン幻想曲、そして「学コン中学本選課題曲」系のサン=サーンス3番1楽章であった。

過去に演奏されたコンクール定番曲の中から、より難曲を選ぶのが最近の傾向だが、演奏曲のヴァリエーションはもう少し広がってもよいように思う。

複数曲あるいは複数楽章の演奏、無伴奏曲、さらには日本ではあまり演奏されないが欧米ではよく演奏される曲や「隠れた」名曲等、勿論、奇をてらってはいけないが、演奏効果の高い美しい楽曲はまだまだありそうな気がする。





関連記事


スポンサーリンク
第68回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/3756-b04139f0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.