ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/05 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

古美門研介のゴセックのガヴォットと、11/3 のNHKスペシャルが提示する「物語」

2013/11/01(金) 00:46:14

ヴァイオリンは、時に、ある「物語」を提示する。

例えば、「滑稽譚」。

「リーガル・ハイ」における 古美門研介のヴァイオリンの腕前 は当然、「しずかちゃん」級、つまりは、 ケメの「ヴァイオリンのおけいこ」におけるゴセックのガヴォット と同レベルでなければならない。

悲惨なギゴギゴ音によってこそ、ナルシスト系お坊ちゃまキャラは徹底的に戯画化される。

ヴァイオリンが上手くては、「物語」にならないのだ。

あるいは、「神秘譚」や「謎解き譚」。

高価で骨董的な価値を持つヴァイオリンは、神秘性と謎を表象することがある。

沈没直前にタイタニック号で弾かれたヴァイオリンが、1億4千万円で落札されたというニュース が、世間を駆け巡った。

名器「ストラディヴァリウス」が発する美しい音色の謎もまた、普段はヴァイオリンなどに興味もない人々の関心を集めたりもするのだ。

その謎が簡単に解明されては、やはり「物語」にならない。

謎を巡っては、これまで様々な本が書かれ、幾多の雑誌の特集が組まれ、いくつかのTV番組が制作されてきた。

何を読んでも、何を見ても、確証のないままに謎は深まり、また別のアプローチのものが現れれば、気になって、読んだり、見たりの繰り返し・・・ 「謎解き譚」に知らず知らずのうちにはまっていってしまう。

さて、今回はどんな「新説」が登場し、謎解きの迷宮がさらに深まっていくのだろうか。

「NHKスペシャル 至高のバイオリン ストラディヴァリウスの謎」 (11月3日(日)21:00~21:58 /  再放送 11月7日(木)0:40~1:38(6日深夜))

番組の案内役、ヴァイオリニスト・五明(ごみょう)カレン氏 は、日本生まれで、2歳の時にカナダ・モントリオールへ移住。スズキ・メソードでヴァイオリンを始め、ジュリアード音楽院でドロシー・ディレイに師事。使用楽器は1703年製のストラディヴァリウス“Ex Foulis” (「バンクーバー新報」インタヴュー記事 より)



関連記事


スポンサーリンク
日々のザ・痛感・毒吐くTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/3518-2a177cf9

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.