FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

大政翼賛会主催の音楽会という「不自由」、ラヴェルをパロった作品の「自由」

2006/06/14(水) 19:10:37

1942年(昭和17年)

12月3日 山本恵子(鈴木愼一門下)ヴァイオリン独奏会(夜、日比谷公会堂)
松隈陽子(伴奏)
グリーク:ソナタ・ハ短調、ラロ:スペイン交響曲、ヴィタリー:シャコンヌ、クライスラー:ラ・ギターナ、アクロン:ヘブライの旋律、モーツァルト=クライスラー:ロンド

12月5日 大東亜戦争1周年記念戦場精神昂揚大音楽会(1時、日比谷公会堂)
大政翼賛会、日本音楽文化協会共同主催 日本放送協会協賛

12月5日 高柳二葉門下生独唱会(夜、日本青年館)

12月9日・10日 日本交響楽団定期演奏会(夜、日比谷公会堂)
ローゼンシュトック(指揮)
深井史郎:パロディ的な四楽章
レスピーギ:ピアノと管弦楽のためのトッカータ(日本初演 井口基成(ピアノ))
ブラームス《交響曲第2番》

12月13日 田中正司門下生ピアノ演奏会(1時、産業会館)

12月5日に「大東亜戦争1周年記念戦場精神昂揚大音楽会」と戦時中らしい物々しい名称のコンサート。

しかしその直後12月9日・10日に行われた日本交響楽団(N響の前身)の定演の演目は、深井史郎「パロディ的な四楽章」。そしてレスピーギの本邦初演のトッカータである。

前者は、ファリャ・ストラビンスキー・ラヴェル・ルーセルらの作風をパロディにした実験的な現代曲作品。そのタイトル名と併せ、一種シニカルな曲想は戦時の雰囲気を変相しているようにも思える。

これらの幾分自由な雰囲気は、太平洋戦争の戦況が思わしくなくなり、やがて敗色が濃厚になるに従って、だんだんと駆逐されていく。翌1943年(昭和18年)秋には、以前にもふれたように門下生発表会などが一切禁止になってしまうのである。



関連記事


スポンサーリンク
その他TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/300-6bcc3118

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.