ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

第59回全日本学生音楽コンクール

2005/09/06(火) 19:30:52

「ビバ! おけいこヴァイオリン」、まずは、旬のコンクールの話題から少しずつ書き綴っていきましょう。

9月3日・4日に、第59回全日本学生音楽コンクール東京大会 ヴァイオリン部門小学生の部が、東京・銀座の王子ホールで行われました。このコンクールは、全国の「おけいこヴァイオリニスト」(以下、本人とご両親などのご家族とを総称して「おけいこニスト」と呼びます。)が挑戦する日本でも最難関のもの。将来のソリスト候補生の選抜コンクールとしてとらえる向きもあります。

主催の毎日新聞はこのコンクールを通称「学生音コン」、または「学コン」と呼んでいますが、「おけいこニスト」の間では、「毎コン」のほうが一般的なようです。(本当は、この上の、「音楽界の登竜門として最高の水準を誇る」、同じく毎日新聞主催の「日本音楽コンクール」との区別の意味でも、「学生音コン」と呼ぶほうが妥当かもしれませんが。)

このブログでは、「毎コン」と言うことにします。

ただし、北海道のピアノの「おけいこニスト」にとっては、「毎コン」と言えば、「毎日ピアノコンクール」(北海道の毎日新聞社主催のピアノコンクールでこれが正式名称)の略称を指すものとして一般的です。

さて、今年の「毎コン」ヴァイオリン小学生の部は、128名が予選にエントリー。近年になく出場者数が多かったのが特徴です。しかも、まだ2分の1や4分の3の分数楽器を持った、4年生とおぼしき「おけいこニスト」達も多く見かけられ、ヴァイオリン熱の高まりを感じさせる大会でした。(出場は4年生以上です。)
関連記事


スポンサーリンク
第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/3-af6d5ded

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.