FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2019/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2019/03 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

浮遊する「エア・ヴァリエ」

2012/07/20(金) 00:13:19

よく考えれば変なのに、言葉の響きだけで、誤ってそう思い込んでしまっていた。

そんな経験はないだろうか。

例えば、この童謡の一節。

♪うさぎ美味し かの山♪

高級食材「ジビエ」(野生獣肉)が美味しい故郷よ。(正しくは「追いし」。)

一方、童謡の「赤とんぼ」における錯誤。

♪夕焼け小焼けの赤とんぼ 追われてみたのはいつの日か♪

(子供たちに試しに)追われてみた、偉そうな赤とんぼ。(正しくは、「(背)負われて(赤とんぼを)見た」。)

童謡の歌詞の中には、原意があいまいなものもある。

♪カラスなぜ啼くの カラスは山に かわいい七つの子があるからよ♪

「七歳の」カラスの子・・・? カラスって一体何年生きるの?

「『七つ』という言葉が「7羽」を指すのか「7歳」を指すのかは明らかになっておらず度々論争の種となっている。カラスは一度に7羽もの雛を育てることはなく、7年も生きたカラスはもはや「子」とは呼べないためである。」(ウィキペディアより)

というわけで、前置きが長くなってしまったが、「エア・ヴァリエ」である。

「エア・ヴァリエ」の「エア」を、かつて私は「空気」・「空」のことだと思い込んでいた。

何となく空中に漂うような感覚を醸し出してくれる美しい楽曲。それが「エア・ヴァリエ」に固着した私のイメージだったのだ。

そんな私に、ではバッハの「G線上のアリア」はなぜ Air と呼ばれるのか、ということへの疑問が生じることはなかった。

実に思い込みとは恐ろしいものである。

今でも私は、「G線上のアリア」を聞くと、響きの世界にふわふわと浮遊していく感覚に陥ってしまうのだ。

Air varié フランス語読みは、「エール・ヴァリエ」。

air は、もちろん「空気」や「空」の意味ではなく、「アリア」(オペラの中の抒情的な独唱歌曲)のことだ。Air varié とは、オペラの旋律を主題とした変奏曲である。

おけいこニストなら、シャルル・ダンクラの「6つのエア・ヴァリエ」(Op.89)をすぐに思い起こすことだろう。

6曲のうちよく知られているのは、「新しいヴァイオリン教本3」に収められた、第1番のジョヴァンニ・パチーニと第3番のヴィンチェンツォ・ベッリーニ、「同4」に収められた第2番のジョアキーノ・ロッシーニ、の各主題による変奏曲。このあたりは弾いたことがあるおけいこニストが多いはずだ。

しかし「篠崎バイオリン教本」第3巻に収められた第6番のサヴェリオ・メルカダンテ、さらには「ヴァイオリン・ポジション練習曲集」に収められた第5番のヨーゼフ・ヴァイグル、そしてこれら教則本には収められていない第4番のガエターノ・ドニゼッティとなると、取り組んだことのある学習者は限られてくるだろう。

どの曲も、さすがに旋律が美しい。

テクニックを織り交ぜながら、ヴァイオリンをいかに歌わせるか。おけいこニストにとっては永遠のテーマだが、その導入練習を行うのにはもってこいの素材である。

ダンクラのエア・ヴァリエは浮遊するどころか、おけいこニスト世代のレパートリーとして、しっかり地に足をつけ定着してきたのである。

島根恵氏の エア・ヴァリエ ~ヴァイオリンを愛する人へIII~ には、このダンクラのエア・ヴァリエ6曲がすべて収録されており、島根氏のHP で全曲の試聴が可能だ。

おけいこ曲「現在進行形」の、あるいは「過去完了形」の学習者にとって必聴の1枚だろう。




関連記事


スポンサーリンク
日々のザ・痛感・毒吐く

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.