ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「ブルー・フジ・クヮルテット」と「鹿間四重奏団」

2011/11/14(月) 20:44:17

2つのカルテット。

前者は、ジュリアード卒の俊英日本人演奏家が結成した世界有数のカルテット。後者は、結成30年、円熟期を迎えて解散を決めたカルテット。

いずれも小説に出てくる架空のカルテットだ。

丸谷才一氏の『持ち重りする薔薇の花』は、元経団連会長が打ち明ける「ブルー・フジ・クヮルテット」の秘話。芸術の「聖」と人間の「俗」を精妙に語って、小説の極上の面白さを堪能させてくれる。ハイドンのセレナーデに関する謎など、音楽談義も盛り沢山。

小池昌代氏の『弦と響』は、ラストコンサートを迎えた「鹿間四重奏団」の1日を、複数の登場人物の視点で描く。詩的な語り口が創り出す重奏の調べが心地良く、所々で展開される作家の音楽観に共感させられる。


『持ち重りする薔薇の花』の装丁は、和田誠氏によるもの。これは薔薇の花が型押しされたヴァイオリンとヴィオラとチェロの駒だろうか。

【Amazon】

持ち重りする薔薇の花 (新潮文庫)

弦と響 (光文社文庫)



関連記事


スポンサーリンク
この1冊、この1枚TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/2489-c7c7dae1

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.