ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

田園風景に、パルティータのきらめきが舞い降りるように

2011/09/10(土) 19:44:54

かぼちゃ畑が広がる、のどかな田園風景に、ドント22番の旋律が緩やかに流れていく。

この曲は、いい。が、弾くのは難しい。

エチュードだけれど、エチュードのようでなく。イントネーションと重音のバランスに配慮しつつ、詰まらない伸びやかな音と擦れないクリアーな音を求めて。

牧歌的な曲調は、単調に流れてしまいがちだ。そうなると、2分40秒ほどのこの曲の後に控える、40秒ほどのバッハも、何か付け足しのようにあっさりと終わってしまう恐れがある。

雲の切れ間に覗いた太陽から、光の粒子が舞い降りるように。きらきらとした音色と、決然とした推進力に富んだブーレを続けられれば・・・

皆、頑張っている。が、音楽としてこなし切るのは至難の業だ。

調弦は、すでに済ませている場合とステージ上で行う場合があった。

いずれにしろ、唐突に始めないように、深呼吸をしてから弾き始めたい。

そして構える位置。もう少し前でもいい。

しっかりとかぼちゃ畑の方を向いて立ち、目を閉じて、ホールに張り詰める緊張した空気を大きな深呼吸でひと飲み。

ほら、あなたは田園の真ん中に、ヴァイオリンを持って立っている。


関連記事


スポンサーリンク
第65回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/2413-5639e720

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.