ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

コンクールに「コネ」は必要?

2005/10/01(土) 00:08:33

何十年も連綿として続くコンクールの歴史があっても、やはり、消えない「コネ」論。ことヴァイオリンに限って言えば、次のようなことが言えるのではないでしょうか。

ヴァイオリンのおけいこ人口は増加の一途を辿ってはいますが、ピアノのそれに比べたらまだまだです。コンクールで実績を示す実力者の数も、ピアノの世界は膨大です。

ピアノのコンクールは最大のコンクール参加者を集める「ピティナ・ピアノ・コンペティション」を筆頭に、相当の数があります。ピアノに限って言えば、「毎コン」は難関コンクールの1つではありますが、将来の演奏家への唯一の登竜門というわけではありません。

当然、各種コンクールを制する、有名な先生の門下は、ピアノの場合はかなりの数があります。

一方、ヴァイオリンは、「毎コン」が最難関にして唯一の登竜門のコンクールである側面が強いと思います。地方のコンクールを振り出しに、「日本クラシック音楽コンクール」や「日本演奏家コンクール」、「大阪国際音楽コンクール」などの全国タイプのコンクールを経て、最終的な評価を求めて「毎コン」へ結集してくるというのが、ヴァイオリンの世界の常道です。

また、有名な門下の数は限られ、その先生が「毎コン」を含め各種コンクールの審査員を兼務することになります。

実力の高いおけいこニストが、有名な先生の門下に入る。あるいは、有名な門下から実力者が輩出される。どちらも真です。

結果、有名な先生が、たまたま「毎コン」の審査員であり、そこにその門下の実力者がコンテスタントとして参加する確率は必然的に高まることになります。

「ああ、あの子の先生は、審査員なのね。」という事態が、確かに往々にして起こっているのは事実です。

演奏をきちんと聞いて、評価ができない場合、特に審査結果について個人的に納得がいかない場合は尚更、審査結果を評するのに「先生が審査員だから通ったのね。」と、以上の事実を捻じ曲げて言ってしまう。これが、「コネ」論の出所です。

しかし、冷静に考え、また冷静に演奏に耳を傾けてみれば、先生が審査員であろうとなかろうと、実力ゆえの結果であることに納得できる場合のほうが多いのではないでしょうか。
関連記事


スポンサーリンク
第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/17-2407cdc3

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.