ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「第62回全日本学生音楽コンクール」-私がコンクールを聴く理由

2008/11/27(木) 20:22:46

11月3日(月)津田ホールにて、「学生音コン」本選。小学校の部の演奏を聴く。

若い感性がもたらす音楽の推進力に導かれ、新鮮で瑞々しいモーツァルトの世界が私の前に立ち現れてきた。

いまだ不定形の若い樹木たちは、一体どんな方向に幹を伸ばしていくのだろうか。どのような枝葉をつけ、新しい才能を開花させるのだろうか。その兆しを、個々の演奏の中から注意深く聞き取っていく。そしてそれを発見した時、コンサートなどでは経験できない特別の感慨を得ることになる。

だから、未成熟の部分や瑕疵があったとしても、あまり気にならない。

「学生音コン」を聴く醍醐味が、ここにある。

コンクールに関しては、否定的な意見もある。音楽の優劣を競うことの愚、入賞を巡る政治的なるものの介在への不信・・・どれも一理あろう。

だが、芸術作品は鑑賞され、比較され、好みのフィルターにかけられるものだ。審査はともかく、審美する眼や耳には必ずさらされる。度重なる審美に耐え、むしろそれによって価値を高め、時代を超えて生き残ってきた作品を、不朽の名作と言うのだろう。

そして、理想の美の追求が、個々の芸術家の競い合いによって促されてきた側面も否定できまい。絶対美とは、永遠に相対美を競い続ける状態の謂いなのかもしれない。

演奏家がひとりの世界を究めるリサイタルやコンサートと異なり、コンクールは我々に音楽の比較の場を提供してくれる。

私は、そのような場としてのコンクールを肯定する。

制約がある環境で、比較の耳目にさらされるのは、演奏家の宿命でもあるのだから。そして、そこにこそ、未知の個性を煌かせる演奏家と聴衆とが、思いがけず出会う喜びもあるのだから。

審査による入賞結果が、コンクールの全てではない。

コンテスタントが聴かれ比較され、その作用を媒介に、上達し成長する足がかりを掴む。そんな場として、コンクールを位置づけてみたい。

そしてコンテスタントには、「あなたの音楽が好き」と聴衆に率直に言ってもらえる演奏家に是非なってほしいと思うのだ。

若い演奏の息吹きが、コンクール特有の張り詰めた空気を徐々にまろやかにしていく。

昼食を抜いても、モーツァルトを聞いていたいな、と切に思う。

緊張に満たされ、人々が粛然としている場に限って、情けなくもイグラーユのお腹の虫は鳴き始めるのが常だ。が、今日は実に静かだ。収まっている。朝、久方振りにスーパーの店頭で購入できたバナナを2本も食べてきたからか。いや、違う。

ト長調の華麗な第3番は疾走する。お腹の虫は追いつけない。(※)

午後からは中学のサン=サーンス。さらに音に満たされる時間が続く。昨年同様、津田ホールの1Fロピーにておにぎりとカロリーメイトだけの簡単な昼食を済ませ、若い樹木たちの競演の場に臨むとしようか。

(※)「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」(小林秀雄『モオツァルト』より)

関連記事


スポンサーリンク
第62回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/1368-6d15a64b

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.