ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/08 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

「第62回全日本学生音楽コンクール」東京大会-13日より、バイオリン部門始まる

2008/09/13(土) 01:00:19

今年は、どのような演奏に出会えるのだろうか。

コンクールの予選という、張り詰めた緊張のステージ。しかし、愛らしく、軽快に躍動するあの主題が巡らすロンドの華やぎは、そんな緊張を音楽のほうに解き放つ力になることだろう。

クラシック音楽に関心がない人でも知っている有名な旋律。それを演奏すること、そしてそれを聴くこと。

こんなに愉しいことはない。バッハも、パルティータ第3番が大好きだった。

104名の演奏が、それぞれの個性を煌めかせる。

客席では、審査や、得点といったものではすくいきれない、奏でることの喜びを感じ取りたいと思う。

東京大会・小学校の部のコンテスタントの皆さん。

緊張するかもしれないけれど、ステージに立ったら、まず深呼吸。

そして、この曲を初めて聞いた時の、あのキュートで胸躍る素敵な感じを、ちょっと思い出してみて下さい。

皆さんのご健闘をお祈りします。

関連記事


スポンサーリンク
第62回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:1
コメント
こんな心温まるお言葉を
かけてもらえるコンテスタントは幸せです。イザ、コンクールの舞台で弾くと言う日に、今日の聴衆の中に、一人でも二人でも、こういう人がいらっしゃると知るだけで、どんなにか前向きな気持ちになれることでしょう。コンテスタントが舞台に上るとき。それは誰しも、大きな大きな不安と恐怖と、ほんのわずかの希望を胸に抱いて、なのですから。
ですから、世界中の全ての音楽のコンクールの全てのコンテスタントに伊具師のこの言葉が届きますようにと祈ります。
kohji #4A9T8td.|2008/09/13(土) 07:41 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vivaoke.com/tb.php/1238-6a6319b4

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.