ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2018/03 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

【平成30年度 東京藝大 入試】 2月25日よりスタート

2018/02/25(日) 15:26:20

2月25日から東京藝大音楽学部の入試(個別試験)が始まった。前日に専攻実技第1回の集合時間が発表され、今年の専攻別の志願者数が明らかとなった。

【藝大入試2018】ヴァイオリン60名、ピアノ125名が志願(「ヴァイオリニア」)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報

「2018ソウル国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-事前審査通過42名、日本8名

2018/02/17(土) 11:33:21

3月14日〜25日、韓国・ソウルで開催される「2018ソウル国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門の事前審査結果が発表された。

4ラウンド制の本審査進出を決めたのは42名。

国別内訳は、韓国が最多の21名で半数を占め、次いで日本8名、中国5名、アメリカ2名、フランス2名等。

同コンクールのヴァイオリン部門では、日本勢が前回(2015年)・前々回(2012年)と連続して最高位を獲得した。


公式サイト

”Candidates Announced for South Korea’s Seoul International Violin Competition”(”The Violin Channel”)

【前回の記事】

「ソウル国際コン」ヴァイオリン部門、日本人が連続最高位(「ヴァイオリニア」)




18年国際コンクール

【チュマチェンコ直系】 ルーデンス・トゥルク(フォアアルベルク音大Vn科主任教授)公開レッスン

2018/02/14(水) 18:54:44

4月14日~16日、福岡県北九州市で、ルーデンス・トゥルク氏の公開レッスンが行われる。

ルーデンス・トゥルク氏は、ミュンヘン国立音楽大学でアナ・チュマチェンコ氏に師事。母校で客員として教鞭をとった後、2013年よりオーストリア国立フォアアルベルク音楽大学ヴァイオリン科の主任教授を務めている。

4月13日には特別コンサートも開催される。


「ミュンヘン国際音楽セミナー IN JAPAN 情熱のヴァイオリニスト ルーデンス・トゥルク教授特別コンサート及び公開レッスン」(「ミュンヘン国際音楽セミナー」公式サイト)



公開レッスン・マスタークラス情報

「ヴァイオリン骨体操講座」ヴィブラート実践編-音色のパレットを増やす

2018/02/13(火) 19:07:46

昨年度、音楽書でベストセラーとなった『ヴァイオリン骨体操』発刊から1年。

著者である遠藤記代子氏が、2月24日(土)にヤマハ銀座コンサートサロンで、ヴィブラートの実践をテーマとする骨体操の講座と個別クリニック(いずれも予約制)を実施する。

骨体操講座では、こちらも昨年出版されて話題となった『ヴィブラート教本』(山﨑千晶氏翻訳)がテキストとして使用される。


「ヴァイオリン骨体操講座 ヴィブラート実践編~音色のパレットを増やす~」(ヤマハミュージック公式サイト)




みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操




ヴィブラート教本: ヴァイオリンのための




公開レッスン・マスタークラス情報

「第11回ヴィトルト・ルトスワフスキ国際チェロコンクール」-佐藤晴真さんが第1位、上野通明さんが第2位

2018/02/13(火) 18:34:43

1月30日〜2月10日、ポーランド・ワルシャワで開催された「第11回ヴィトルト・ルトスワフスキ国際チェロコンクール」で、日本の佐藤晴真さんが第1位、上野通明さんが第2位に入賞した。


1st Prize
Haruma Sato(Japan)

2nd Prize
Michiaki Ueno(Japan)

3rd Prize
Yibai Chen(China)

4th Prize
Oliver Herbert(USA)


公式サイト


優勝した佐藤晴真さんは、3月10日に名古屋・しらかわホールで、大友直人氏指揮:セントラル愛知交響楽団とエルガーのチェロ協奏曲を共演する。

「第160回定期演奏会 ~知性的気高い抒情~」(セントラル愛知交響楽団公式サイト)





18年国際コンクール

「第2回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」-北川千紗さんが第2位、安田理沙さんが第5位

2018/02/09(金) 09:18:43

1月28日~2月8日、シンガポールで「第2回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」が開催され、日本の北川千紗さん(東京藝術大学3年)が第2位、安田理沙さん(東京藝術大学1年)が第5位に入賞した。


北川千紗さん第2位、安田理沙さん第5位 シンガポール国際(「ヴァイオリニア」)




18年国際コンクール

「第2回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」-グランドファイナリスト3名

2018/02/07(水) 11:01:41

2月5日・6日、シンガポールで「第2回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」のファイナルが行われ、日本の北川千紗さんら3名が、2月8日のグランドファイナル進出を決めた。


【GRAND FINALISTS】

Chisa Kitagawa(Japan)

Sergei Dogadin(Russia)

Oleksandr Korniev(Ukraine)


公式サイト

公式フェイスブック




18年国際コンクール

「第2回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」-ファイナリスト6名

2018/02/03(土) 23:58:08

2月1日〜3日、シンガポールで「第2回シンガポール国際ヴァイオリンコンクール」のセミファイナルが行われ、日本の北川千紗さん、安田理沙さんら6名が、2月5日・6日のファイナル進出を決めた。

同コンクールは第1位〜第6位の順位入賞を設けており、日本勢2名は6位以内が確定的となった。

入賞の6名には賞金・副賞の他、「リン・コレクション」 から3年間銘器が貸与される。


【FINALISTS】

Chisa Kitagawa, Japan

Sergei Dogadin, Russia

Laurel Gagnon, USA

Oleksandr Korniev, Ukraine

Lisa Yasuda, Japan

Xiaoxuan Shi, China


公式サイト

公式フェイスブック



18年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.