ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「第86回日本音楽コンクール」-本選進出4名

2017/09/18(月) 21:06:19

9月18日、トッパンホールで「第86回日本音楽コンクール」バイオリン部門の第3予選(セミファイナル)が行われ、第2予選通過13名のうち4名が、10月22日に東京オペラシティ・コンサートホールで行われる本選への進出を決めた。


岸本萌乃加 さん(東京芸大大学院)

飯守朝子 さん(東京芸大4年)

大関万結 さん(桐朋女子高3年)

外村理紗 さん(東京音大付高1年)


「本選出場者4人決まる バイオリン第3予選 」(9月18日付ニュースサイト「毎日新聞」)


昨年優勝の戸澤采紀さんは、10ヶ月後の今年8月、「ティボール・ヴァルガ国際」で最高位(第2位)に入賞した。

すでに報道されているように、今年から「日本音コン」バイオリン部門の優勝者には名器が2年間無償貸与されることになった。

今年貸与されるのは、1716年製のストラディヴァリウス。

ストラディヴァリ黄金期(1700〜1720年)の1挺で、優勝者は国際コンに向けての強力な伴走者を得ることになる。


【日本音コン】 第1位に “黄金期” のストラディヴァリウスを貸与




17年国内コンクール

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」-髙木凜々子さんが第2位

2017/09/18(月) 09:16:02

9月10日~16日、ハンガリー・ブタペストで開催された「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」で、日本の髙木凜々子さん(東京藝術大学3年)が第2位に入賞した。

髙木凜々子さんが第2位 バルトーク国際コンクール(「ヴァイオリニア」)




17年国際コンクール

「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門【グループA】-ファイナリスト3名

2017/09/18(月) 01:08:15

9月16日、中国・珠海(ジュハイ)で「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門グループA(12歳以下)のセミファイナル(第2ラウンド)が行われ、3名が19日のファイナル進出を決めた。


Chloe Chua  (Singapore)
Mozart: Violin Concerto No.4 in D major, KV218

Wang Shihan  (China)
Mozart: Violin Concerto No.3 in G major, KV216

Clara Shen   (Germany)
Mozart: Violin Concerto No.5 in A major, KV219


公式サイト




17年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.