FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第86回日本音楽コンクール」-本選進出4名

2017/09/18(月) 21:06:19

9月18日、トッパンホールで「第86回日本音楽コンクール」バイオリン部門の第3予選(セミファイナル)が行われ、第2予選通過13名のうち4名が、10月22日に東京オペラシティ・コンサートホールで行われる本選への進出を決めた。


岸本萌乃加 さん(東京芸大大学院)

飯守朝子 さん(東京芸大4年)

大関万結 さん(桐朋女子高3年)

外村理紗 さん(東京音大付高1年)


「本選出場者4人決まる バイオリン第3予選 」(9月18日付ニュースサイト「毎日新聞」)


昨年優勝の戸澤采紀さんは、10ヶ月後の今年8月、「ティボール・ヴァルガ国際」で最高位(第2位)に入賞した。

すでに報道されているように、今年から「日本音コン」バイオリン部門の優勝者には名器が2年間無償貸与されることになった。

今年貸与されるのは、1716年製のストラディヴァリウス。

ストラディヴァリ黄金期(1700〜1720年)の1挺で、優勝者は国際コンに向けての強力な伴走者を得ることになる。


【日本音コン】 第1位に “黄金期” のストラディヴァリウスを貸与




17年国内コンクール

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」-髙木凜々子さんが第2位

2017/09/18(月) 09:16:02

9月10日~16日、ハンガリー・ブタペストで開催された「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」で、日本の髙木凜々子さん(東京藝術大学3年)が第2位に入賞した。

髙木凜々子さんが第2位 バルトーク国際コンクール(「ヴァイオリニア」)




17年国際コンクール

「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門【グループA】-ファイナリスト3名

2017/09/18(月) 01:08:15

9月16日、中国・珠海(ジュハイ)で「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門グループA(12歳以下)のセミファイナル(第2ラウンド)が行われ、3名が19日のファイナル進出を決めた。


Chloe Chua  (Singapore)
Mozart: Violin Concerto No.4 in D major, KV218

Wang Shihan  (China)
Mozart: Violin Concerto No.3 in G major, KV216

Clara Shen   (Germany)
Mozart: Violin Concerto No.5 in A major, KV219


公式サイト




17年国際コンクール

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」-中村太地さんが第3位

2017/09/17(日) 23:34:15

「ブラームス国際」優勝直後にイタリア入り。ハードな連戦の中、昨年(第5位)に続く入賞を手にした。

中村太地さん、連続入賞 リビツァー国際コンクール 第3位(「ヴァイオリニア」)




17年国際コンクール

「第86回日本音楽コンクール」-第3予選進出13名

2017/09/17(日) 20:07:19

9月16日・17日、トッパンホールで「第86回日本音楽コンクール」バイオリン部門の第2予選が行われ、第1予選通過31名のうち13名が、18日の第3予選(セミファイナル)への進出を決めた。(昨年は32名中13名、一昨年は30名中12名が第3予選進出)


「バイオリン、13人が第3予選へ」(9月17日付ニュースサイト「毎日新聞」)





17年国内コンクール

「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際.コンクール」ヴァイオリン部門【グループC】-セミファイナリスト9名、日本1名

2017/09/16(土) 11:56:34

9月14日・15日、中国・珠海(ジュハイ)で「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門グループC(17~23歳)の第1ラウンドが行われ、出場17名のうち、日本の千葉水晶さんら9名が、17日・18日のセミファイナル(第2ラウンド)に進出した。


公式サイト

公式フェイスブック




17年国際コンクール

「第86回日本音楽コンクール」-第2予選進出31名

2017/09/15(金) 23:29:06

9月13日〜15日、トッパンホールで「第86回日本音楽コンクール」バイオリン部門の第1予選が行われ、応募109名のうち31名が、16日・17日の第2予選に進出した。(昨年は90名中32名、一昨年は99名中30名が第2予選に進出)


「バイオリン第2予選へ31人」(9月15日付ニュースサイト「毎日新聞」)




17年国内コンクール

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」-グランドファイナル進出3名、日本1名

2017/09/15(金) 19:41:13

9月14日、ハンガリー・ブタペストで「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」のファイナルが行われ、日本の髙木凜々子さんら3名が、16日のグランドファイナルへの進出を決めた。


Ágnes Langer (Hungary)

Cosima Soulez Lariviere (France)

Ririko Takagi (Japan)


公式サイト

公式フェイスブック




17年国際コンクール

「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門【グループB】-セミファイナリスト11名、日本1名

2017/09/15(金) 13:44:52

9月13日・14日、中国・珠海(ジュハイ)で「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門グループB(13~16歳)の第1ラウンドが行われ、出場20名のうち、日本の橘和美優さんら11名が、16日・17日のセミファイナル(第2ラウンド)に進出した。


公式サイト

公式フェイスブック




17年国際コンクール

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」-ファイナリスト6名、日本1名

2017/09/15(金) 00:55:51

9月12日・13日、イタリア・ゴリツィアで「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」のセミファイナルが行われ、日本の中村太地さんら6名が、15日・16日のファイナルへの進出を決めた。


Laura Delgado Casado (Spagna)

Jung Yoon Yang (Corea del Sud)

Vasyl Zatsikha (Ucraina)

David Ardukhanian (Russia)

Daichi Nakamura (Giappone)

Diana Pasko (Russia)


公式サイト

公式フェイスブック

アーカイヴ映像




17年国際コンクール

【平成30年度 東京藝大附属高 入試】 実技試験の課題曲を発表

2017/09/14(木) 21:30:09

2017年9月14日13時、平成30(2018)年度の藝高入試課題曲が発表された。

【藝高】 平成30年度 東京藝大附属高入試 課題曲発表(「ヴァイオリニア」)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報

「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門【グループA】-セミファイナリスト12名

2017/09/14(木) 03:08:12

9月13日、中国・珠海(ジュハイ)で「第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門グループA(12歳以下)の第1ラウンドが行われ、出場15名のうち12名が、16日のセミファイナル(第2ラウンド)に進出した。


公式サイト

公式フェイスブック




17年国際コンクール

【レースはすでに始まっている】2018年開催の主要な国際コンクールのおさらいと「コンクール出場戦略」について

2017/09/13(水) 21:20:47

【2018年主要国際コンの動向】

インディアナポリス、ハノーファー、パガニーニ、メニューイン。

さらに、高額賞金を掲げるアジアの2大新興勢力も2018年開催となった。

まず年明けに、優勝賞金5万ドルの 「第2回シンガポール国際」(2018/1/28~2/8)。応募は今月末(2017/9/30)に締め切られ、事前審査結果は2017/10/16に発表予定。

4月は、「第55回パガニーニ国際」(2018/4/5~14)「2018メニューイン国際」(2018/4/12~22) が重なる。

パガニーニは世界5都市での予備選抜ステージが 現在進行中(2017/8/30~10/25)

メニューインは来月末(2017/10/31)に応募を締め切る。

7月には、「第21回J.S.バッハ国際]ヴァイオリン・バロックヴァイオリン部門(2018/7/11~21)。応募締切は2018/3/1。

8月は、3大メジャーの一角 「第10回インディアナポリス国際」(2018/8/31~9/16)、その直前に優勝賞金10万ドルの「第2回上海アイザック・スターン国際」(2018/8/10~9/1)

インディアナポリスは課題曲を発表済み。(応募締切:2018/2/28)

アイザック・スターンは16歳以上と対象年齢を拡大、渡航費と宿泊費のサポートを打ち出した。(書類締切:2018/1/31、動画締切:2018/2/28)

10月は、「ハノーファー・ヨーゼフ・ヨアヒム国際」(2018/10/11〜27)。応募は2017年秋より。

「ロン=ティボー=クレスパン国際」 は日程・概要等がまだ発表されていない。

※以上は2018年開催の主要なものに絞って記載。他にも毎年開催のコンクール等があるが、ここでは割愛した。


【コンクール出場戦略について】

できれば、向こう3〜4年のスパンで、コンクールの格、賞金・副賞・キャリア支援プラン、賞の出し方、審査員構成、課題曲等を過去の事例から検討した上で、自身との相性、他コンクールとの兼ね合い・スケジュールも吟味して、コンクール出場戦略を練りたい。

「どれを受けるか」を選ぶだけでなく、「どれを受けないか」を見切ることも重要で、これは国内コンについても言えるだろう。




18年国際コンクール

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」-ファイナリスト7名、日本2名

2017/09/13(水) 17:10:33

9月12日、ハンガリー・ブタペストで「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」のセミファイナルが行われ、日本の北川千紗さん、髙木凜々子さんら7名が、14日のファイナルへの進出を決めた。


Gabor Homoki (Hungary)

Yoerae Kim (South Korea)

Chisa Kitagawa (Japan)

Ágnes Langer (Hungary)

Cosima Soulez Lariviere (France)

Una Stanic (Croatia)

Ririko Takagi (Japan)


公式サイト

公式フェイスブック




17年国際コンクール

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」-セミファイナリスト12名、日本3名

2017/09/12(火) 14:14:29

9月10日・11日、ハンガリー・ブタペストで「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」の予選ラウンドが行われ、日本の新井貴盛さん、北川千紗さん、髙木凜々子さんら12名が、12日のセミファイナルへの進出を決めた。

セミファイナルではライヴ映像が配信される予定。(日本時間=現地時間+7時間)


公式サイト

公式フェイスブック




17年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.