ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/04 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

【オーディション】 N響が ヴァイオリン(tutti)、読響が第2ヴァイオリン首席を募集

2017/03/31(金) 15:27:17

5〜6月にNHK交響楽団と読売日本交響楽団が、ヴァイオリンパートの楽団員のオーディションを行う。

N響は、ヴァイオリン(tutti )奏者を若干名募集。選考は書類・1次・2次で、1次の審査の一部は ウィーン・フィルのオーディション 等でも導入されている受験者の姿が見えない「カーテン審査」。2次は全楽団員が試験官となる。

読響は、首席第2ヴァイオリン奏者を1名募集。選考は一次・二次、場合によって三次。二次の課題曲はシューベルト:ソナチネ / ソナタ、バッハ:無伴奏ソナタ、ベートーヴェン:協奏曲、オーケストラ曲、アンサンブル曲と多岐に渡っている。

読響は、契約期間と給与等の諸条件も公式サイトに明示している。


◾️NHK交響楽団 
募集パート:ヴァイオリン(tutti )奏者 若干名

1)書類選考

2)第1次オーディション
5月16日(火)・17日(水)15時半〜
(演奏曲目)
●第1次審査:(カーテン審査)
・モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲第 4 番第 1 楽章または第 5 番第 1 楽章 (カデンツァ含む / カデンツァの指定なし)
・モーツァルト: ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド ハ長調 K.373
●第2次審査:

・自由曲
・オーケストラ・スタディ(楽譜は書類選考通過者へ郵送)

3)第2次オーディション(全楽員による) 
6月2日(金)15時半〜
(演奏曲目)
第1次オーディション合格者へ通知。

会場:NHK交響楽団高輪練習所

申込締切:4月17日(月)※必着

公式サイト


◾️読売日本交響楽団
募集パート :首席第2ヴァイオリン 奏者 1名

1)一次審査   
5月30日(火)10時半〜 会場:パルテノン多摩 小ホール

(予備日) 5月31日(水)10時半〜 会場:パルテノン多摩 小ホール
(課題曲)
・モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番第1楽章(カデンツァ: J.Joachim) または第5番第1楽章(カデンツァ: J.Joachim)
・オーケストラ曲:応募申し込み締め切り後、事前に提示

2)二次審査
6月5日(月)15時半〜 たましんRISURUホール 大ホール
(課題曲)
●課題曲1
・シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ ニ長調 D.384 第1楽章
・シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ イ短調 D.385 第1楽章
・シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ ト短調 D.408 第1楽章
・シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調 D.574 第1楽章
※上記からいずれか1曲を選択して演奏する
●課題曲2
・J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番 BWV1003 から「フーガ」
・J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番 BWV1005 から「フーガ」
※上記からいずれか1曲を選択して演奏する
●課題曲3
・べートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章  ※カデンツァ:任意の版
●オーケストラ曲:
応募申し込み締め切り後、事前に提示
●アンサンブル曲:
応募申し込み締め切り後、事前に提示

※三次審査としてオーケストラ演奏業務出演の場合あり

応募締切:4月20日(木)17時到着分

契約期間:原則6ヶ月。この期間(テスト期間)中の演奏出演に対し、所定の契約金が報酬として支払われる。 契約期間終了後に演奏能力等を判断し、最終的な合否を決定。

諸条件・その他 :【正規楽員としての初任給:2016年実績/23歳モデル】 ・月額総額309,642円(手当を含む)。プロオーケストラ経験者には「経験」が給与に加算。
※正規楽員となった場合は、給与支払い。給与・賞与とも経済情勢その他によって変動。また賞与は在職期間に応じて変わる。60歳定年制。

公式サイト




17年国内コンクール

【THE 世界大学ランキング 日本版】 総合ランキング・ベスト150に東京藝大がランクイン

2017/03/30(木) 20:53:43

「世界大学ランキング」で定評のある教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの運営会社が、ベネッセグループの協力のもとに作成した日本版。

音大・美大系では唯一、東京藝術大学が111-120位グループにランクイン。(教育リソース43.5、教育満足度55.3、教育成果-、国際性63.1)

教育成果は、企業人事の評判調査と研究者の評判調査の2つの基準で評価。


「THE 世界大学ランキング 日本版」公式サイト




気になる話題・ニュースより

「イヴリー・ギトリス 公開ヴァイオリン・マスタークラス」

2017/03/30(木) 17:26:28

「第19回別府アルゲリッチ音楽祭」の一環として、5月18日に大分県別府市の「しいきアルゲリッチハウス・サロン」で開催される。

受講生は2名、受講曲はイザイ無伴奏ソナタ4番と6番。


公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」-セミファイナリスト16名

2017/03/30(木) 01:43:47

3月28日・29日、名古屋・宗次ホールで「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」の第1次予選が行われ、出場38名中16名が、30日・31日の第2次予選(セミファイナル)への進出を決めた。

公式サイト

今回の審査員団はフェリックス・アーヨ氏の来日が不可能になったため、6名で構成されている。(審査委員長:シュロモ・ミンツ、小栗まち絵、澤和樹、中澤きみ子、原田幸一郎、ピエール・アモイヤルの各氏)

同コンクールの審査規定によれば、審査員は過去2年以内に3カ月以上自己に師事したことのある出場者については、採点・多数決に参加することはできない。




17年国内コンクール

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』-演奏者の内面性を呼び起こすヴィブラートを創るために

2017/03/28(火) 02:15:22

今春は、学習者なら必ず入手しておきたい良書の刊行が続いている。

『ヴァイオリン・マスタリー』『偉大なるヴァイオリニストたち 2』 は、バイオグラフィーの体裁で、名演奏家の生の声を伝える大変興味深い読み物だ。(前者は技術上の知見も多く含んでいる)

一方、3月1日に刊行されたこの書籍はタイトル通り「教本」で、しかもテーマはヴィブラート。

ヴァイオリン学習者がとりくむべき最大の課題のひとつにフォーカスした、従来ありそうでなかった画期的な技術書である。

著者のズデニェク・ゴラ氏はチェコのヴァイオリニスト・指導者。ベーレンライター等から数多くの教本を刊行しており、85歳になる現在も、チェコのオストラヴァとスウェーデンで教鞭を執っている。

著者は本書で、単なるメカニックな身体運動ではなく、演奏者の内面の豊かな感情を喚起し、それを音に転化するための表情豊かなヴィブラートの創り方を基礎から実践的に説き起こす。

ひじ・手首・指先のヴィブラートの基本動作とコツ、それを習得するためのエクササイズ。「広い・狭い」「速い・遅い」ヴィブラートを有機的に組み合わせる方法、さらにはレガートでヴィブラートを止めないための練習法等、学習者がよく突き当たる課題への解決策も示されている。

第1章から通して取り組む他にも、学習者それぞれのレベルや課題に応じて適切なエクササイズを選び、毎日の練習メニューに組み入れていく方法も有効だろう。

本書の訳者である山﨑千晶氏は、2004年から10年ほどチェコのオーケストラに所属しコンマスを務めた経験を持つヴァイオリニスト・作曲家である。

チェコ語の原著の素晴らしさを発見して日本語に翻訳し、出版社に原稿を持ち込んだ。そんな刊行までの経緯は『ヴァイオリン・マスタリー』の場合と似ている。

優れた眼力を備えた訳者によって貴重な外国語書籍に光が当てられ、実際に日本語版が刊行され、学習者や指導者の間で評判を呼ぶ。

そんな流れが今後もぜひ続いて欲しいと思う。




ヴィブラート教本: ヴァイオリンのための



おけいこニスト 必見・必聴・必読!

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」-受賞結果

2017/03/26(日) 14:37:08

3月13日・21日・22日に、ヤマハ銀座コンサートサロンで行われた「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」の受賞結果が発表された。


【一般部門】

第1位 グランプリ
カルテット ジョイア Quartet Gioia

石田紗樹 さん (Vl) 
、三輪莉子 さん (Vl) 
、樹神有紀 さん (Vla) 
、飯島哲蔵 さん (Vc)

第1位 グランプリ
和光憂人 さん (Vl) 
、イヴァナ・ビリシュコフ さん (Vc) 、伊藤夢里子 さん (Pf)

第2位

ヘルヴァシオ・タラゴナ・ヴァリ さん(Cl) 
、タイール・キサンベイエフ さん (Vl) 
、小島愛子 さん (Vl) 
、青野亜紀乃 さん (Vla) 
、エリナ・ファスキ さん (Vc)

第2位

小澤瑠衣 さん (S.Sax)、 
横山美優 さん (T.Sax) 
、三浦夢子 さん (B.Sax) 
、田中愛希 さん (B.Sax) 


第3位

佐久間晃子 さん (Pf) 
、中村ゆか里 さん (Vl) 、
西村友里亜 さん (Vla)、 
八代瑞希 さん (Vc)

第3位

白井那奈 さん (Pf) 
、長澤優花 さん (Pf)

特別賞

黒木かれん さん (A.sax) 
、木村莉子 さん (Pf) 


特別賞

田淵彩華 さん (Vl) 
、竹内久力 さん (Cl) 
、松井萌 さん (Pf) 


特別賞

秋山純子 さん(Fl) 
、石井希衣 さん (Fl) 
、井馬佐紀子 さん (Fl) 
、柳原聡美 さん (Fl) 


特別賞

小野世璃菜 さん (Pf) 
、梶間優稀 さん (Pf) 


特別賞

岩下真麻 さん (Pf) 
、花岡沙季 さん (Vl)


【ユース部門】(12歳〜17歳)

第1位

吉田啓晃 さん (Vc) 
、荒井里桜 さん (Vl)


公式サイト




17年国内コンクール

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』(35名の演奏CD-ROM付き)

2017/03/25(土) 23:45:06

学習者や指導者の間で評判を呼んでいる 『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』に続いて、またもや思わず読みふけってしまうヴァイオリニスト本が刊行された。

こちらは1948年以降に生まれた現在第一線で活躍中のヴァイオリニスト35名の音楽と人生に迫る評伝集。第1巻 同様、演奏音源を収録したCD-ROMが付いた豪華版だ。

各章は主としてヴァイオリニスト自身のコメントを交えつつ叙述を重ねるスタイルで構成されている。ミニバイオグラフィーでありながら、従来コンサートプログラムやウィキペディアでは知り得なかった情報も多く含まれている。

とりわけ学習者にとって興味深いのは、彼らがヴァイオリンを習い始めたきっかけや師事した指導者のこと、その指導法について振り返る箇所だろう。

また、国際コンクールで世に出た演奏家もいれば、そのキャリアの中でコンクールとは一切無縁だった演奏家もいる。「国際コンクールを受けたことは?」との質問にツィンマーマンが答えるくだり等、各演奏家のコンクール観が示されている部分もある。

インタヴュー形式で構成された章(※)では、師のこと、影響を受けたヴァイオリニスト、使用楽器、演奏観、プログラムや様式へのアプローチ等が演奏家自身の口からより率直に詳しく語られている。(※ ナイジェル・ケネディ、フランク・ペーター・ツィンマーマン、ジョシュア・ベル、ギル・シャハム、イザベル・ファウスト、ルノー・カプュソン、ヒラリー・ハーン、ユリア・フィッシャー、セルゲイ・ハチャトゥリアン)

各章では、現在及びこれまでに使用した楽器の情報が記載されているが、このクラスの演奏家なら当然のこととはいえ、次から次へと登場する絢爛たる名器の数々には思わず息を呑んでしまう。一方でヒラリー・ハーンは、イタリアの名器を様々試したものの、結局14歳から弾いている楽器に落ち着いたと意外な事実を述べている。

CD-ROMに収録された演奏音源は、
ピンカス・ズーカーマンのヴュータン5番1楽章、シュロモ・ミンツのブルッフ1番3楽章、ヴィクトリア・ムローヴァのバッハ2番1楽章、フランク・ペーター・ツィンマーマンのイザイ無伴奏ソナタ6番、ヴァディム・レーピのラロ:スペイン交響曲1楽章、ジュリアン・ラクリンのヴィエニャフスキ2番2楽章、ニコライ・ズナイダーのプロコフィエフ2番1楽章、ジェイムズ・エーネスのパガニーニ:カプリース16番・17番、サラ・チャンのパガニーニ:カプリース1番・15番、ヒラリー・ハーンのベートーヴェン2楽章、ユリア・フィッシャーのサラサーテ:ツィゴイネルワイゼン等だ。

本編で取り上げられた35名のヴァイオリニストの「それぞれの演奏活動のなかでもとりわけ重要な意味を持つ作品、または演奏家の芸術性をもっともよく表している一曲」(本書P15)が選ばれている。

巻末には本編で取り上げた以外の19名のヴァイオリニストと46名の指導者の略歴も付されている。



偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~




おけいこニスト 必見・必聴・必読!

【新設】「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」-5月1日〜6日にブリュッセルで開催

2017/03/23(木) 02:29:49

この新設の国際コンクールに関する情報は最近まで見落としていたが、2017年5月1日〜6日にベルギー・ブリュッセルで開催される。

事前審査なし、応募締切は4月10日となっている。

公式サイト

4つのエイジカテゴリーに分かれ、第1カテゴリー(9歳以下)と第2カテゴリー(13歳以下)は本審査1ラウンド制で課題曲は自由、第3カテゴリー(16歳以下)と第4カテゴリー(22歳以下)は本審査2ラウンド制で課題曲は以下の通り。

課題曲一覧

審査員にはセルゲイ・ハチャトゥリアン氏も。

審査員一覧


17年国際コンクール

「第33回かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門-第1次予選2日目(3/20)の結果

2017/03/21(火) 19:45:04

3月20日に横浜市磯子区民文化センター「杉田劇場」で行われた「第33回かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門の第1次予選2日目の結果が発表された。

公式サイト

第1次予選2日目を通過したのは、幼児の部3名、小学校低学年の部5名、小学校中学年の部6名、小学校高学年の部5名、中学生の部5名、高校生の部1名、一般の部2名の計27名。

1日目(3月19日 横浜市緑区民文化センター「みどりアートパーク」で実施)と合わせると、7部門計127名の出場エントリーのうち、52名が第2次予選進出(入選)を決めた。(昨年は148名がエントリー、60名が入選)

今年の応募規定には「入選」は60名前後の予定との記載があった。

第2次予選は4月16日に横浜市青葉区民文化センター「フィリアホール」 で行われる。

第2次予選進出者の各部内訳は以下の通り。※カッコ内は昨年

幼児の部 6名(6名)

小学校低学年の部 9名(10名)

小学校中学年の部 10名(11名)

小学校高学年の部 9名(7名)

中学生の部 9名(13名)

高校生の部 5名(6名)

一般の部 4名(7名)




17年国内コンクール

「第33回かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門-第1次予選1日目(3/19)の結果

2017/03/20(月) 19:50:26

3月19日から始まった「第33回かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門について、「カナロコ」(神奈川新聞Web版)が記事を配信した。

「美しき音色、光る感性 バイオリン部門スタート」

3月19日・20日の第1次予選には、127名がエントリー。(昨年は148名)

横浜市緑区民文化センター「みどりアートパーク」で行われた第1日目では、幼児の部3名、小学校低学年の部4名、小学校中学年の部4名、小学校高学年の部4名、中学生の部4名、高校生の部4名、一般の部2名、計25名が第2次予選進出を決めた。


【参照】2016年度の第2次予選進出者数(2日間合計)の各部内訳

エントリー148名、第2次予選進出60名

幼児の部 6名

小学校低学年の部 10名

小学校中学年の部 11名

小学校高学年の部 7名

中学生の部 13名

高校生の部 6名

一般の部 7名




17年国内コンクール

「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門-事前審査通過70名、日本7名

2017/03/18(土) 23:06:30

5月8日〜6月3日に、ベルギー・ブリュッセルで開催される「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門の事前審査結果が、コンクール公式サイトに発表された。

今回新設されたチェロ部門には世界各国から202名が応募。事前審査の結果、22カ国70名が5月8日からブリュッセルで行われる3ラウンド制の本審査への出場を決めた。

事前審査通過70名一覧(国別)(PDFファイル)

70名の国別内訳(※)は、韓国が最多の11名、アメリカ10名、ドイツ10名、フランス9名、日本7名、ポーランド4名、中国3名、台湾3名…等(※国籍ダブルエントリーをカウント)

公式サイト




17年国際コンクール

「第10回ミュージック・アカデミー in みやざき 2017」- 公開レッスン始まる

2017/03/18(土) 14:35:29

3月18日、宮崎県立芸術劇場メディキット県民文化センターで「第10回ミュージック・アカデミー in みやざき 2017」の公開レッスンが始まった。

レッスンスケジュール・受講曲は、各レッスン前日の夜に公式サイトにアップされる。

公式サイト

受講生コンサートは3月25日(土)に同センター演劇ホールで行われる。また、3月26日(日)の ファイナルコンサート には、講師陣に推薦された受講生の出演が予定されている。




公開レッスン・マスタークラス情報

【東京藝大ジュニア・アカデミー】最終合格者発表

2017/03/18(土) 12:05:15

ピアノ・ヴァイオリン・チェロ・管楽器を学ぶ中学1・2年生を対象に今年から開校される「東京藝大ジュニア・アカデミー」の第2次選考(実技試験)が3月12日に行われ、14日に最終合格者が発表された。

合格者は10名(募集定員10名程度)。合格者の内訳はピアノ5名、ヴァイオリン3名、チェロ1名、トランペット1名。

開校式は4月9日。来年3月まで月2回、東京藝大上野キャンパスで藝大教官らによる実技レッスンとソルフェージュの授業などが行われ、最終日には成果発表会が予定されている。

「平成29年度 東京藝大ジュニア・アカデミー 最終合格者発表」(PDFファイル)(東京藝大公式サイト)

「東京藝大ジュニア・アカデミー」-募集要項を発表」(「ヴァイオリニア」)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報

【講習会の受講を縁(えにし)に】「レジス・パスキエ スペシャルコンサート in 広島」

2017/03/17(金) 19:37:41

石川で師と出会い、京都でスカラシップを得て、パリに留学。

ヨーロッパで活発な演奏活動を続ける中、この度、講習会主催者の協力の下、かつての受講生仲間にも声をかけて、故郷の地で師のスペシャルコンサートをプロデュース。

「レジス・パスキエ スペシャルコンサート 京都フランス音楽アカデミー出身者とともに」(<尾道公演>4月5日(水)18時半〜 ベル・カントホール、<広島公演>4月6日(木) 19時〜 はつかいち文化ホールさくらぴあ小ホール)




リサイタル・演奏会情報

【ロザンド愛弟子とウィーン・フィル元コンマスが指導】「第7回若い芽の弦楽アンサンブル アカデミー in 軽井沢 2017」-受講生募集中

2017/03/17(金) 16:30:40

7月31日〜8月4日、軽井沢大賀ホールで開催される「第7回若い芽の弦楽アンサンブルアカデミー in 軽井沢 2017」が受講生を募集している。

講師陣は、同アカデミー実行委員長のヴァイオリニスト吉田恭子氏(江藤俊哉、アーロン・ロザンドの各氏に師事)、ウィーン・フィル(1994〜2001)、読売日本交響楽団(2013〜2016)のコンマスを歴任したニュルンベルク音楽大学教授のダニエル・ゲーデ氏ら。

アンサンブル能力の向上を目指す5日間の合宿プログラムだが、1対1の個人レッスンも組み込まれており、最終日には優秀な受講生による選抜コンサートが実施される。

応募資格は、小学4年生〜大学生(2017年4月時点)で、募集人員は、ヴァイオリン16名・ヴィオラ 5名・チェロ 4名の予定。

応募締切は5月12日(金)※必着

公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.